携帯電話やスマートフォン、光回線などの通信関係のサービスには様々な割引が存在します。

今回、この記事では「auセット割」というau関連の割引について説明していきます。この割引を初めて耳にする人もいれば、名前は知っているけど具体的には分からないといった人もいることでしょう。

この記事は5分ほどで読み終える文量になっていますが、大切な部分をギュッと濃縮しており、絶対に注意すべきポイントやお得な情報について掲載しています。

auセット割とは

auセット割とは、auのスマートフォンや携帯電話を利用している人が、光コラボと呼ばれる光回線の毎月の料金から最大1,200円が割引されるサービスのことです。

簡単に言うと、「auのスマホを持っていればネット料金が安くなる」というわけです。

適用の条件

auセット割の適用条件ですが、特に難しいことはありませんが、auのスマホと対象の光回線(光コラボ)を契約中であれば期間の定めなく割引され続きます。

仮にビッグローブ光に申込んだ場合の適用条件を説明していきます。

  • ビッグローブ光を利用している人(同時の申込みも可)
  • ビッグローブ光の契約情報がauの契約情報と同じ
  • auスマートバリューを利用していないこと

 

割引金額

auセット割で割引される金額は500円または1,200円です。

この割引金額の差は契約中のデータプランによって異なります。

契約プラン 割引金額
auスマホ データ定額5~30 毎月1,200円
データ定額1~3 毎月500円

例えば、上記のように大容量の定額プランだと割引額は1,200円になりますが、それ以下は500円になります。また、スマホだけではなく、タブレットやガラケーでも適用されます。

 

auスマートバリューとの違い

auセット割とauスマートバリューの違いについて説明していきます。

どちらもauを代表する割引サービスなのですが、実際は似てるようで似ていません。この場でハッキリ区別できるようにチェックしておきましょう。

これらの違いは主に3つ。「割引金額」と「条件」と「割引元」です。

 

違い①割引金額

auスマートバリューの割引金額は最大2,000円/月で、2年間を経過すると割引金額が下がるもののauセット割の金額よりも大きく魅力があります。

 

違い➁条件

また、割引を適用できる条件も違います。auセット割はauのスマホと対象の光コラボに契約すればOKですが、auスマートバリューはauスマホと対象の光コラボに加え、ひかり電話に加入しなければなりません。

ひかり電話(固定電話)は月額500円から申込めます。ひかり電話を利用しない人にとっては悩んでしまうかもしれませんが、最大2,000円の割引を適用できることを考えると自ずと答えは出るでしょう。

 

違い➂割引元

割引元というのは、「どこから割引されるのか」ということですが、auセット割の割引(最大1,200円)は光コラボの利用料金から割引されます。

一方、auスマートバリューはスマホの利用料金から割引されます。これはどういうことか説明すると、auのスマホを使っている三人家族を例に挙げてみましょう。

  • auセット割の場合…光コラボからの割引なので最大1,200円の割引
  • auスマートバリューの場合…auのスマホが3台なので最大6,000円の割引(最大2,000円×3人)

つまり、家族で生活している等で複数人がauスマホを利用している場合では、auスマートバリューのほうがお得ということになります。

 

auセット割を適用できる光回線の種類

さて、auセット割が適用できる光コラボの種類についてチェックしていきましょう。対象の光コラボは多いのですが、ここでは有名・人気の光コラボだけをピックアップして紹介します。

 

biglobe(ビッグローブ光)

まず紹介するのは、プロバイダとしても人気のあるbiglobe(ビッグローブ光)です。最近、au(KDDI)の参加になったことで、通信環境の整備やサービス改善において更に強みを増しています。

現在ではキャッシュバック25,000円をプレゼントするキャンペーンを実施中。また、工事費割引キャンペーンもあるので実質0円になります。また、auセット割と工事費割引キャンペーンを併用できるのがbiglobe(ビッグローブ光)の強みです。他の光コラボでは併用できないですからね。

>>ビッグローブ光の申込みはこちら

 

ニフティ(@nifty光)

ニフティもプロバイダの企業として有名ですが、光コラボとして@nifty光(ニフティ光)を提供しています。元々は富士通などの子会社ですが、現在では家電量販店のノジマの完全子会社になっています。

@nifty光を販売している代理店は多いのですが、どこで申込むか注意する必要があります。というのも、不自然に毎月の利用料金が安い代理店や高額すぎるキャッシュバックを展開している代理店が存在するからです。

ニフティは企業としては知名度も人気もある会社ですが、実は@nifty光はそこまで加入者数は多くありません。その原因はやはり上記のような怪しい代理店が多いというで評判が良くないからです。auセット割は利用できますが、ビッグローブ光や次項で説明するSo-net光のほうをオススメします。

nifty光の申込みサイトはこちら

 

ソネット(So-net光)

So-net光もビッグローブやニフティと同様にプロバイダの企業として有名です。運営している企業もソニーグループですので安心して利用することができます。光コラボの中でも加入者数が多いのですが、auセット割と工事費無料キャンペーンを併用できないことが残念なところ。

そのような意味では、やはりbiglobe(ビッグローブ光)のほうがオススメです。

>>So-net光の申込みはこちら

まとめ

ここまでauセット割の適用条件や割引金額、auスマートバリューの違いについて詳しくご紹介していきました。auセット割は、au利用者にとってお得な割引サービスですが、こちらの割引サービスに向いている人と向いていない人がいます。

auセット割の長所を上手く利用できる方には、以下の2つの条件があります。

  • 光電話は必要ない(自宅の固定電話)
  • 現在一人暮らし、もしくは家族の中でau利用者が一人しかいない

特に、一人暮らしの方ですと、光電話のオプション料金(500円/月)を払ってまでauスマートバリューを利用するより、オプション料金を一切かけずに割引ができるauセット割の方がお得になります。

また、家族の中でもau利用者が一人しか居ない場合、auスマートバリューの長所である「auを利用する家族全員が割引対象」が一切活用できません。こちらの場合もオプション料金をかけずにauセット割を利用する方が良いでしょう。

そして今回紹介したauセット割が利用できる光回線の中では、ビックローブ光をおススメしています。ビッグローブ光では、キャッシュバックを最大25,000円もらえるうえに、工事費無料キャンペーンの特典も付いてきており、他社よりもキャンペーンが充実していることが大きな強みとなっています。

>>ビッグローブ光の申込みはこちら

 

ただし、先ほどのauセット割に向いている条件に当てはまらない方は、auスマートバリューのほうがお得です。

auスマートバリューが使えるネット回線は、auひかりの他にJ:COM(ジェイコム)や電力会社が運営する光回線(eo光やピカラ光など)などがあります。

もちろんauひかりはau利用者にとって最も利用すべきネット回線ですが、その他のJ:COM(ジェイコム)や電力系の回線はそもそもインターネットの専門会社では無く、速度が安定していないのでオススメできません。いくら安くてもネットが使えないと意味がないですからね。

また今現在、auひかりでは他社の光回線よりも高額な50,000円キャッシュバックが準備されているだけでなく、月額料金の割引やセキュリティソフトが無料で使えるなど、お得なキャンペーンが充実しています。

>>auひかりの申込みサイトはこちら