0年 0月 の投稿一覧

auひかりのWi-Fiを快適に使う方法とは|「速度」と「ルーター」が決め手

auひかり回線のWi-Fiを利用するうえで注意すべきポイントは2つ。

1つは「速度」で、2つ目は「ルーター」です。

「速度」に関しては、Wi-Fiは有線ケーブルと比べると速度が落ちやすい。「ルーター」は、新しい規格に対応していない種類が多いこと。

これらの注意点の詳細を確認して、安全で快適にauひかりのWi-Fiを使っていきましょう。

auひかりのWi-Fiが遅い・繋がらない理由と設定について

固定インターネット回線を導入すると家の中にモデムかルーター、ケーブルテレビならセットアップボックスが設置されると思います。その機器から無線を飛ばしてパソコンやスマートフォン・ゲーム機・タブレットを利用することです。

この便利なWi-Fiですが、口コミサイトで見ると「Wi-Fiつながらない」「電波が弱く切れる」「遅くて使えない」という意見も多いです。

この理由の一つとしては利用している機器の無線規格が統一されていないことがあります。もしインターネット回線契約が1G対応で契約されているユーザーでWi-Fi速度に不満をお持ちであれば利用されている無線ルーターの規格と使っているパソコンやスマートフォン・ゲーム機・タブレットのWi-Fi規格を確認してください。

Wi-Fi規格は、5GHz帯と2.4GHz帯の2つの帯域に分かれます。5GHz帯では「11a」、2.4GHz帯では「11g」「11b」が、そして両方の帯域をカバーする「11n」が該当します。2,3年前までは「11n」がWi-Fi規格としては一般的に多く普及されていました。しかし、これはギガタイプの速度には未対応のWi-Fi規格だったのです。

下の図をご覧ください。

画像引用:BUFFALO社サイト

 

 

Wi-Fiの設定方法など

「11ac」という規格は、「11n」のおよそ3倍の速度が出てています。実は、この「11ac」こそがギガタイプ対応の新しWi-Fi規格なのです。

つまり、auひかりは最高速度が1ギガですが、古いWi-Fi規格にしか対応していない場合は遅い速度でしか利用できないというわけなのです。上の図でいうと、1階ではギガ対応では581Mbpsですが、古いタイプ(11nなど)では190Mbpsです。

もし、「自宅はギガ対応のインターネット回線を契約しているけど、Wi-Fiの速度が遅い」「11ac対応のスマホを使っているけど速い速度出ないなぁ?」と感じる方は、一度無線ルーターをチェックしてみてください。11nまでしか対応していない可能性があります。

画像引用:BUFFALO社サイト

 

  • インターネット回線業者の設置したモデムとルーター
  • 利用しているパソコン・スマートフォン・ゲーム機・タブレット

これらが11ac対応でも、Wi-Fiルーターが11n規格だったら11acのスピードは出ません。インターネット回線に関わる機器がギガ対応の11acでないと高速Wi-Fiは利用できないのです。

また無線ルーターも接続設定をする時に2.4Ghzと5GHzという周波数帯を選ぶことができます。

電話の親機・子機など多くはこの2.4Ghz帯なので電波が混み合い速度が上がらない場合もあります。そんな時は無線ルーターの設定時に5GHzを選択するだけでもスピードアップを感じたという方も多いのです。

難しい設定は不要です。ご利用の無線ルーターの裏面にSSID・暗号キーがシールで貼ってあります。

画像引用:BBIQ社サイト

5GHzを利用したいときは5GHzのSSID・暗号キーを設定するだけで大丈夫です。一度試してみてください。

 

 

auひかり利用で高速・ハイスペック無線ルーターが無料!

この高速Wi-Fiをauひかりで利用するにはどうしたらよいのでしょうか?契約をauひかりのギガプランにして対応する無線ルーターを設定するだけなのですが、auひかりで無線ルーターを利用するには基本料金に追加料金が出てしまいます。

11ac規格の無線ルーターなら月額料金500円のレンタル料金が発生します。年間では6,000円かかりますので、2年以上利用する場合は無線ルーターはレンタルするより購入するほうがお得です。でも、せっかく利用するなら高速な無線ルーターが欲しい方に朗報です。

auひかりの公式ホームページに掲載されている無線ルーターよりもっと高速な無線ルーターを無料で貰える方法があるのです。

  • スマホやパソコンを自動識別して無線電波を自動で届ける機能(ビームフォーミング)
  • 接続設定もPCいらずでQRコードで簡単設定
  • 中継器機能もあり障害物もクリアな高性能

購入すれば市場価格では1万円前後。この無線ルーターが貰えるというわけです。このキャンペーンを実施しているauひかりの代理店をご紹介します。

>> 高速無線ルーターのプレゼントキャンペーンの詳細はこちら

 

 

キャッシュバックと無線ルーターの両方を実施できる

auひかりの正規代理店は数多くありますが、このNNコミュニケーションズはオプション無しでシンプルで分かりやすいプランでのご案内。そして、業界最速で振り込まれるというキャッシュバックが1番の魅力でしょう。

詳しいキャンペーン情報をまとめました。以下の通りです。

  • auひかり新規申込でキャッシュバックのみ選択の場合
  • auひかり新規申込でキャッシュバックと無線ルータープレゼントを選んだ場合

このような高額キャッシュバックは有料のオプションに加入することが一般的ですが、NNコミュニケーションズではネットのみの申込みでもオプションなどの条件はありません。

また、他の代理店ではキャッシュバックを貰えるまで、半年や10カ月も待たされる場合もありますが、それに関してもNNコミュニケーションズでは最短1カ月・最長2カ月で指定口座へキャッシュバックが振り込まれます。

NNコミュニケーションズ指定プロバイダでOKならプロバイダーからのプレゼントも貰えます。

その他、auひかりの解約金負担のキャンペーンや工事料金無料キャンペーンなどもすべて適用可能です。

その他の特典

  • ホーム・マンションコース両方開通月無料
  • 「カスペルスキーセキュリティ」同時申込みなら通常月額料金500円が最大24カ月無料
  • 「安心サポート 月額料金300円」が同時申込みで最大2カ月無料
  • 「安心サポートご相談料金1,200円/1件」が毎月1件目無料
  • 「住まいと暮らしの相談 月額料金450円」が同時申込みで最大2カ月無料

ほとんど負担金0円で、かつ、高額のキャッシュバックをGETした上でauひかりの利用を始められます。

 

 

まとめ

今回は「auひかりと高速Wi-Fiについて」と「代理店のNNコミュニケーションズについて」掲載してきました。

Wi-Fiについては利用機器をWi-Fi規格11acで統一することと、周波数帯を5GHzにすることでWi-Fi環境が安定します。

また、auひかり等のインターネット開栓の申込み窓口は世の中に多数あります。しかし、利用する予定のないオプションをどっさり付けられたりしても解約し忘れてしまったということもよく聞く話です。

インターネットのみでのシンプルな利用環境でも高額キャッシュバック・無線ルーターが最速でGetできるサイトはNNコミュニケーションズだけです。

>> auひかり代理店NNコミュニケーションズの詳細はこちら

 

auのスマホ料金をMAX安く使う方法|現時点で考えられる最良の手段とは

スマホをお得に使うにはどうしたらよいのでしょうか。

今回はauの携帯電話(スマホを含む)を私が22年利用してきた中で分かって来た事をまとめました。元auショップ店員と長期ユーザーとしての視点を混ぜてお伝えしていきます。

auのスマホをお得に使うとは、二つの意味があります。ひとつめは「新規申込みや機種変更における契約方法」で、ふたつめは「月額料金プランを安く抑える方法」です。

スマホを契約するならいつがベストなタイミング?(新規申込み、機種変更)

例えば、MNPというサービスを利用して、電話番号を新しい事業者に乗り換えたい場合の話しです。数年前までは、街中にあるauショップの窓に「キャッシュバック○○万円」「本体一括0円」などの文字が躍っておりましたが最近は見なくなりましたね。

しかし、学割でスマホの端末代が値引かれたり、新聞の折り込みに割引の案内チラシが入ったりと確かにお得に契約できるラッキーなタイミングがあります。

 

新規申込みの場合のお得な時期

タイミングは「1月~5月末」です。1月から学割や新規申込みなどの色々な割引キャンペーンが始まります(学割なら申込みは3月頃がベスト)。学割以外では、機種変更や新規契約だと2月と5月がメインです。

 

最新機種は8月または11月に出る

又、8月と11月は最新機種が豊富に出揃います。例えば「iPhoneシリーズ」だと分かりやすいですね。旧機種と切り替わるタイミングですので人気の機種も安くなる可能性がありますし、この時期は他の期間と比較すると、携帯電話の販売店が独自で店内イベントを開催することが多いです。

例えば8月のお盆前や11月の文化の日を含む連休は私の近所のauショップでもイベントがあるそうです。特典の内容は、キャッシュバック・本体価格からの直接値引き・電子マネーによる還元、などがあるということでした。

 

事業者によって特典や条件は変わる

これらの特典は、どちらかというと販売店舗独自で用意しているようですので、携帯電話販売店に関わっている系列事業者によって条件が大きく変わることがあります。

また、一度契約したら、2年3年と継続して利用する訳ですから、手続きに行かれる時は決断を誤らないことが大切です。事前に電話等で最寄りのauショップ、携帯電話販売店、auケータイ取り扱いの家電量販店などに、お得な情報が無いか確認しておくと良いですね(店舗ごとに確認するのは難しいですが…)。

 

契約方法の違いで端末代金や月々の料金は変わってくるのか?

スマホを機種変更する(買い替える)とき、お得に手続きする方法はあるでしょうか。1年ほど前に私の友達から、「携帯電話を機種変更したので、新しい電話番号とメルアド連絡します」というメールが届いたことがありました。

なぜ番号まで変わったのか不思議に思い聞いてみると、「キャッシュバックがあったから」とのことでした。少し前までは機種変更よりも、解約して新規で契約し直したほうがお得だったということです。電話番号に固執が無い人は思い切って解約→新規契約もアリかもしれません。

 

しかし、現在では「解約→新規」は通用しない

最近では、事情が変わってしまいました。というのも、解約の際に複数年契約の解除料金が請求されるかもしれないからです。新規契約の時に必要な事務手数料は3,000円です(機種変更は通信の規格の変更有無によって2,000円~3,000円かかる)。

何より面倒なのは家族や友だち、お仕事関係の人にまで連絡しないといけないことです。それに加えて、せっかく新規で契約し直しても以前と異なり、新規契約と機種変更ではスマホ本体の価格はほぼ同じでメリットはありません。

 

「解約→新規」よりも機種変更のほうが良い

一方、機種変更ならば現在の利用状況によって特典があります。初めてスマホに機種変更する人には、数万円割引になる機種や、すでにスマホを利用中の人にも機種変更と同時に高額下取り可能な機種があります。

それに長期利用すれば契約期間によっては上乗せポイントが付きます。つまり、機種変更は必ずしもお得になるとは限らないが、損することは絶対に無いということになります。

 

新しい料金プランの登場でスマホ料金をさらに安くすることが可能に

さらに月々の利用料金もデータ定額と通話プランの組み合わせが自由な新しい料金プランが出来ました。auピタットプランとauフラットプランです。

 

auピタットプラン

auピタットプランは、使用するデータ量(ギガ)によって料金が段階的に変わります。1,700円/月~5,700円/月で自動的にステップアップします(5段階)。

 

auフラットプラン

・auフラットプランはあらかじめ使用するデータ量が決まっている人向けの料金プランです。20ギガで4,720円/月、30ギガで6,720円/月のデータ定額です。
※別途auのネットワークLTENETの登録料300円が掛かります

 

通話プラン

  • シンプル=980円の通話はすべて有料(20円/30秒)
  • スーパーカケホ=1480円/月で通話開始から5分までの国内通話が無料。5分超より通話終了まで有料(20円/30秒)
  • カケホ=2480円/月で国内通話料無料(※他社が料金設定している電話番号へは指定の通話料がかかります)

例えば、auケータイを使っている人がスマホに機種変更をするとします。

機種はiPhone SEの本体容量32Gを分割24回払いで購入を考えているならば、ガラケーからスマホに初めての機種変更で今なら「初スマホ割」というauのキャンペーンが適用されスマホの端末代金が値引きされます。

本体価格54,000円-初スマホ割37,800円=本体購入価格16,200円になり、

さらに分割払い24回で支払うとします。

本体購入価格16,200円÷24回=675円/月です。
※金利0%で分割24回(12回、24回、36回、48回から選べます)

 

auピタットプランの通話シンプルを選択するなら以下のようになります。
定額料1,700円~ + 通話980円 + LTENET 300円 = 2,980円~となり、
12月31日までに契約すれば1年間1000円割引を適用されます。

2,980円~-1,000円 = 1,980円~

消費税込みで、
1,980円~×108%=2,138円~

本体価格込みで、
2,138円~+675円=2,813円~7,133円です。

どうしても通信料金が上限まで上がってしまう人は、フラットプランへの変更も可能です。
フラットプラン20は、ピタットプランの上限額よりも1,058円お安いです。

フラットプラン20の通話シンプルを選択すると、
定額料4,720円 + 通話980円 + LTENET 300円 =6,000円
12月31日までに契約すれば1年間1,000円割引を適用されます。

6,000円-1,000円 =5,000円

消費税込みで、
5,000円×108% = 5,400円

本体価格込みで、
5,400円 + 675円 = 6,075円です。

 

まとめ

今回のテーマは「auのスマホ料金をMAX安く使う方法」でしたが、いかがでしたでしょうか。現状、考えられる範囲でのスマホ料金の削減ではお伝えしてきた内容が最新・最良の方法になります。

また、新料金プランのピタットプランとフラットプランについて詳しくはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

※auのインターネット回線(auひかり)に関して、お得な情報はトップページに掲載しています。