0年 0月 の投稿一覧

ひかりJはキャンペーンがない!?サービスやキャンペーンを調査してみた!

現在、光コラボレーションのインターネット回線が多くありますが、「ひかりJ」をご存知でしょうか。

「ひかりJ」は、日本ネットワークイネイブラー株式会社(通称:JPNE)が運営する光コラボレーションモデルを活用して提供するインターネット回線です。

当記事では、「ひかりJ」とはどんなサービスがあるのか、他社のようにキャンペーンあるのかなど詳しく調査しましたのでぜひ参考にされてみてください。

「ひかりJ」とは?

JPNEは2010年8月30日に発足された会社で、資本金はなんと20億円というとても大規模な企業です。

株主は「KDDI株式会社」「ビッグローブ株式会社」「ニフティ株式会社」やマンション向けの光回線サービスを提供していることでも有名な「アルテリア・ネットワークス株式会社」で、株主を担っている企業も有名で大きな会社ばかりです。

事業内容は「インターネットサービスプロバイダへのローミング事業」「ローミング事業に附帯する事業」とされています。
JPNEの役割として、インターネットサービスプロバイダ事業者のネットワーク設備構築や運用の手助けをすることと掲げています。

JPNEを簡単に表すと「より良いインターネット環境を整備することを目的に設立された団体」です。

 

ひかりJは「auスマートバリュー」を適用できる

JPNEの株主にはKDDIに関連する企業が多く集まっているため、光コラボレーションとして利用する光回線も「auひかり関係のインフラを活用しているのでは?」と思いますが、実はNTTが運営するフレッツ光の光回線を利用した光コラボレーションモデルです。

しかしながら、JPNEが運営するひかりJの株主にはKDDI株式会社を初めこれに関連する企業が多く存在するため、KDDIが運営するauのサービスを利用することが出来ます。

それによりauスマホと光回線及びひかり電話を同時に利用することで適用できる「auスマートバリュー」を使って、月々の通信費を抑えることが可能になります。

auスマホを既に利用している方にとっては、非常に旨味のある仕組みです。

 

ひかりJの「サービス全体像」(料金や速度など)

では「ひかりJ」の月額料金や工事費・解約違約金について内容を詳しくご紹介します。

 

月額料金は一般的。しかし、電話の契約が必須なのが難点か…

まず「月額料金」について、最大通信速度の上限による料金プランが用意されている光コラボレーション事業者が多いのですが、ひかりJの場合は最大通信速度1Gbpsのもの(最低利用期間は2年間)だけとなっているため、月額料金は一戸建て住宅向けの料金かマンション等の集合住宅向けの料金かのみで分けられます。

料金はそれぞれ
・一戸建て住宅向け:ネット代金5,200円+ひかりJ電話代金500円=5,700円/月
・集合住宅向け:ネット代金4,000円+ひかりJ電話代金500円=4,500円/月
となっています。

通常は別途プロバイダを契約する必要がありますが、ひかりJの場合はその必要がなく月額料金の中にプロバイダ利用料金が含まれています

ですが、通常プロバイダからはメールアドレスが付与されるのですがひかりJが提供するブロバイダサービスの場合メールアドレスが提供されませんのでご注意下さい。

そして、この月額料金にひかりJ電話代金がプラスされているのは、ひかりJのインターネット回線を申し込むにあたってひかりJ電話の契約が必須となるからです。

「ひかりJ電話」とは所謂ひかり電話のことで、これまでの電話番号や電話機を変更すること無く一般加入電話回線から光回線を利用した電話サービスに変更するといったものです。

そのため、否が応でもひかりJ電話を利用する必要があります。

 

工事費は基本的に無料

続いて「工事費」に関してご紹介します。

これは「フレッツ光からの転用か新規での申し込みか」によって分けられ、さらに転用の場合は「これまでにひかり電話を利用していたかそれとも新規でひかりJ電話を利用するか」によっても工事費が異なります。
また新規開通の場合、お住いの住宅タイプが一戸建て住宅(ホームタイプ)か集合住宅(マンションタイプ)かによっても異なります。

例えば新規でお申し込みをする場合
・一戸建て住宅向け(ホームタイプ):18,000円
・集合住宅向け(マンションタイプ):15,000円
ですが、この工事費についてこれからひかりJに申し込みされる方には2017年6月1日(木)から提供されている「初回工事費無料プログラム」というものが適用されるため、工事費に関していかなる状況からの申し込みでも基本的に無料です。

「基本的に」というのは、例えばひかりJは1Gbpsのプランしかないため品目変更という最大通信速度を変更する工事が必要な場合やお住いの住宅環境において特殊な工事が必要な場合、別途工事費が発生してくるためその部分については負担する必要があります。
なので、工事費は基本的には発生しませんが、ひかりJを契約する際に発生する契約料3,000円のみが初期費用と考えていただいて良いです。

フレッツ光から転用される場合はフレッツ光に対して残っている工事費の割賦金もひかりJが負担してくれるため、ひかりJへの乗り換えを気軽に行えます。

 

解約する際は、注意しないと解約違約金が発生する

ひかりJが提供している1Gbpsの光回線サービスは、最低利用期間が2年間です。

この期間内に解約する場合ホームタイプは13,000円、とマンションタイプは8,000円の解約違約金が発生します。
解約違約金が発生しない更新月は1ヶ月間で、これを過ぎると自動的に2年間の最低利用期間に突入します。

 

ひかりJは「キャンペーン」に魅力がない

auひかりや他光コラボレーション事業者の多くは、キャッシュバック等のキャンペーンを積極的に行っています。

ですが、ひかりJは現金や商品券を受け取れるといったようなキャンペーンを特に展開していません
敢えてキャンペーンとして挙げるならば、上記の工事費で触れた「初回工事費無料プログラム」です。
これを適用することで、新規でひかりJの契約をする場合一戸建て住宅では18,000円の工事費とさらに一般加入電話を利用していてご利用中の電話番号をそのまま継続利用する場合ひかりJ電話の工事費が3,000円発生するため、合計で21,000円が無料になる計算となります。

しかしauひかりでは、キャッシュバック等のキャンペーンを多数展開しています

ひかりJと同様にauスマートバリューを適用できることはもちろん、申し込みを行う窓口によってキャッシュバックの金額や受取方法は異なるものの4万円~5万円は受け取ることが出来ます。
そのため「auひかり」と「ひかりJ」をキャンペーンという点で比べるとauひかりの方が圧倒的に魅力に溢れています。

「工事費が無料である」「以前までの工事費割賦金を負担する」といったauひかりでは既に当たり前のように行われている最低限のキャンペーンしか用意されていないのは、ひかりJの残念なところです。

 

ひかりJの「立ち位置」について

auスマホとの併用による通信費の割引を受けられるひかりJとauひかりを比べると、上記でも明記したようにauひかりの方が断然オススメです。

それはキャンペーンについてだけではなく、auひかりの方が各種サービスにおいて優遇されることがあるという点やセキュリティサービスやサポートにおいてもauひかりの方が手厚いためです。

では、何故ひかりJが発足したのでしょうか。
それは「auひかりの提供エリア外にお住まいの方に向けた光回線」の需要があったからです。auひかりは良質な光回線ですが、申し込み可能なエリアが狭いという短所を持ち合わせています。

そのため、auひかりを利用したくても申し込みが出来ないといった方が意外と多いのが現状です。そういった方たちの受け皿の役割を果たすためにひかりJは存在しています。

ところが現在では「ビッグローブ光」がその役割として機能しています。
ビッグローブはauの傘下企業となっているため、auスマートバリューの適用が可能な上にひかりJには無いキャンペーンも充実しています

例えばビッグローブ光の正規代理店である「株式会社NNコミュニケーションズ」から申し込みを行うと、ビッグローブ光の開通から最短2ヶ月後に指定口座に25,000円が振り込まれます。しかもこれを受け取るためのオプション加入条件は一切ありません

>>ビッグローブ光のキャンペーンはこちら

 

まとめ

ひかりJは数年前までは申し込みを行う方がチラホラと存在しました。

しかし、現在ではひかりJの役割をビッグローブ光が担っているため、ひかりJはこの役割や立ち位置について建て直しを図っているといったところです。

少なくとも、現状ではひかりJに申し込むメリットが明らかに薄いため申し込みには注意しましょう。

 

アシタエクリエイトのauひかりキャンペーンが充実しすぎて逆にヤバい!こんな簡単にキャッシュバック4万貰っていいの?

株式会社アシタエクリエイトは、BIGLOBE(ビッグローブのプロバイダ)の正規代理店で「auひかり」を取り次いでいる会社です。

ネットで簡単に申し込みが可能で、キャンペーン内容も充実していることからアシタエクリエイトは代理店の中でも人気高いの代理店となっています。

当記事では、アシタエクリエイトのキャンペーン内容や申請の仕方などについて詳しくご紹介します。
もし、auひかりを使ってみようかと悩んでいる方は参考にされてみてください。

アシタエクリエイトでauひかりに申し込む4つのメリット

代理店といっても最近では多くの代理店があります。

その中でなぜ「アシタエクリエイト」が人気なのか、アシタエクリエイトで申し込むメリットはこの4つです。

  • 独自のキャンペーンが他社には無い魅力がある
  • 不要なオプション加入の条件がない
  • キャンペーンを受け取る時期が早い
  • キャンペーン手続きが申込時に完了する

とういうことから、人気代理店となっています。

悪質な代理店だと、不要なオプションにいくつも加入しなければいけなかったり、キャンペーンを受け取る時期が半年以上かかる場合や、手続きが複雑でキャンペーンがもらえなくなったなんてことも実際にあるので、優良な代理店を選ぶことがとても重要になります。

 

アシタエクリエイト独自のauひかりキャンペーン

現在、KDDI公式キャンペーンは「違約金還元」「初期費用の割引」「月額料金割引」などの割引を中心としたキャンペーンを行っていてキャッシュバックなどのキャンペーンはありません。

しかし!

アシタエクリエイトでは、KDDI公式キャンペーン以外にも「独自のキャンペーン」は2つあり、そのうちのどちらか1つ好きな方を選ぶことができます。これは他社にはないキャンペーンの魅力です。

では、どのようなキャンペーン内容なのかをそれぞれ詳しくご紹介します。

 

 

Aコース:キャッシュバックがもらえる

Aコースのキャンペーン内容ですが、郵便為替や商品券などではなく「現金」がもらえるコースです。

  • キャッシュバック:40,000円

キャッシュバックの金額は戸建て(ホーム)でも集合住宅(マンション)でも同じ金額です。現金でもらえるというところが嬉しいですね。

さらに「KDDI公式のキャンペーン」も併用できるので、公式サイトで申し込むよりも「アシタエクリエイト」で申し込んだ方が確実にお得です。

 

 

Bコース:ゲーム機・パソコン・テレビが1円でもらえる

Bコースは、最新の人気ゲーム機や家電などの「豪華商品」を選べるコースです。

  • Nintendo Switch
  • PlayStation®4
  • DELLやASUS等のパソコン
  • 三菱電機 液晶テレビ REAL

上記の中からどれか好きな商品を1つ選べます。

注意点ですが、パソコンとテレビに関しては無料で貰えるというわけではなく、1円で購入できるキャンペーンとなります。「1円で販売するくらいなら無料でプレゼントしたら良いのに…」って思ってしまいますが、なにか大人の事情があるのでそこは深く考えないようにしましょう。

そして、任天堂スイッチとプレステ4ですが、これらはゲーム機本体だけでなく、お好きなソフトも1本無料で選べます!ちなみに、このゲーム機も1円で買うことになります。ソフトの条件としては、アシタエクリエイトの仕入れ値の価格が8千円未満であることです。申込み時のweb入力ホームに希望するソフトのタイトルを記載してください。複数のタイトルを記載しておくといいかもしれません。

>>株式会社アシタエクリエイトのauひかりのキャンペーンはこちら

 

 

オプションの加入条件がない

上記のどちらのコースを選んでも、有料オプションなどの不要な加入条件は一切なく、ネット契約のみでキャンペーンの申込が可能です。

家電量販店などで申し込むと不要なオプションをつけないとキャンペーンがもらえなかたり、面倒なオプションの解約手続きもしなくていいのでストレスがありません。

 

キャペーンを受け取る時期が早い

Aコースのキャッシュバック40,000円は、auひかりの開通後最短1か月で現金が振り込まれます。

Bコースの商品はauひかりの開通後、最短1週間という早さで発送されます。

AコースもBコースもどちらも非常に早く対応してくれます。

もしこれが悪質な代理店だと、キャッシュバックがもらえるのは半年後だったり、申請手続きが複雑で結局キャッシュバックがもらえなかったりということがありますが、アシタエクリエイトは納期がきちんと記載されているので、確実にキャンペーンを受け取ることができるので安心です。

 

 

キャンペーンの申請方法

キャンペーンを受け取るのに意外と面倒なのが「申請手続き」です。

しかし、アシタエクリエイトのキャンペーンの申請はとても簡単なので安心してください。

まず、webで申し込んだらアシタエクリエイトの担当者から必ず確認の電話がかかってきます。この際、Bコースは、欲しい商品を伝えると手続きは完了となります。あとは発送されるのを待つだけ。

Aコースを希望した方は、キャッシュバックが振り込まれる「口座番号」を聞かれるので、口座番号を伝えると手続きが完了です。書類に記入したり、メールを送ったりなどといった面倒な手続きは一切不要なので、とても簡単ですよね。

アシタエクリエイトの場合、auひかりが開通すれば確実にキャンペーンは適用されるので安心です。

 

 

 

まとめ

以上のことから、アシタエクリエイトでauひかりを申し込むと、KDDI公式キャンペーンだけでなく独自のキャンペーンも受け取れるので、公式サイトで申し込むよりもとてもお得になることがわかってもらえたと思います。

また、auひかり以外にもにも「auスマートバリュー」「ひかり電話サービス」「ウィルス対策」「無線LANレンタル」などといったサービスも充実ししていますので気になるサービスがあれば、ネットと同時に申し込みをするとお得になることがありますので申し込みの際に問い合わせて見てはいかがでしょう。

こういった様々な面から見て「アシタエクリエイト」で申し込むのが安全で確実です。

>>株式会社アシタエクリエイトのauひかりのキャンペーンはこちら

 

 

四国地方の方におすすめの【ピカラ光】の評判とキャッシュバックについて

たくさんの光回線があるなか「どこの光回線にしようかな?」と悩むことも多いでしょう。

引越しや、新しくインターネットを始めるなど理由は様々ですよね。

本記事では、「ピカラ光」について詳しくまとめました。ピカラ光については、本記事を読めば全てわかります!

 

ピカラ光を利用している人の評判

実際にピカラ光を利用しているユーザーからの評判を集め深く調査しました。
auスマートバリューの適応や工事、キャッシュバックについて詳しく見ていきましょう。

提供エリアが四国のみという点も注意です。

auユーザーはお得に利用できる(auスマートバリュー)

auスマートバリューというサービスは、最近では多くの方に知られ、注目されています。

しかし、auスマートバリューがauひかり以外でも使えるというのは、意外に知られていません。

本記事で紹介している、ピカラ光も、auスマートバリューを適用することができます
ピカラ光のインターネット回線と、光電話を合わせて利用すれば、auのスマホ・タブレットなどの料金が値引きされ、通常より安く利用できます。

割引額も、毎月最大2,000円と魅力的なサービスですので、auのスマホなどを使っている方は見逃さないように。

 

必ず貰える2万5千円のキャッシュバックがお得

光回線に申し込む際には、キャッシュバックというお得に利用できるキャンペーンを見落とさずに。

ピカラ光であれば、25,000円のキャッシュバックが必ず貰えます。
キャッシュバック自体はほかの光回線でも行っていますが、25,000円という金額はとても高いのでお得な内容です。

ただし、このキャッシュバックをもらうためには、後述する申し込み方法からじゃないと受け取れません。

 

四国電力グループが運営しているので信頼性が高い

ピカラ光という光回線は(株)STNetが提供していて、四国にお住まいの方であればお馴染みの、四国電力グループの会社です。

そのため、会社としての安心感、信頼性があり、ほかの光回線にはあまり無いメリットとなるでしょう。

 

工事に関する評判は良くない

ピカラ光について調べていると、申し込みをした後の工事についての、口コミや評判が多く見受けられました。
また、その評判というのが良い内容ではないものが多かったのも事実です。

 

申込み後、工事するまでが遅い(こともある)

このツイートでもあるように、工事に関する手続きが「遅い」ときがあるようです。
ピカラ光は大変人気ですので、申し込む方が多いというのも原因の1つかもしれませんが、せっかく申し込んでも工事が終わらなければインターネットに接続できませんからね。

なるべく早く手続きが済んでほしいものです。

 

工事業者の対応が悪い(こともある)

https://twitter.com/2Gndam/status/919238452037554176

こちらもまた、良い評判ではなく、悪い内容となってしまうのですが、工事を請け負ってる施工業者の対応が、あまり良くないといった口コミや評判もありました。

しかし、こちらの評判があったからといって、全ての施工業者が対応悪いわけではないですし、ピカラ光に限らず、担当する人のアタリ・ハズレはあるものです。

ただ、こういう評判が少なからずあるということは、頭に入れておいたほうがいいでしょう。

 

公式サイトで申込むのはよくある間違い(お得さが減る)

ピカラ光を申込む上で大切なことがあります。

ピカラ光に限らず、ほかの光回線でもよくあることなんですが、いざ申し込むときに「公式サイト」から申し込む方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

なぜなら、公式サイトから申し込むより、代理店から申し込んだ方が、キャッシュバックという特典がお得になるからです。

インターネットに申し込みをする機会というのは、あまりありません。
1度契約をしてしまえば、数年間継続することが多いでしょう。そのため、数少ないキャッシュバックのキャンペーンをもらえる機会を見逃してしまっては損です。

なぜ代理店から申し込んだ方がお得なのかについては、代理店は、ユーザーを集めるのに必死だからです。
そのためキャッシュバックの金額を上げ、対応の良さなどにも力を入れています。

一方、公式サイトから申し込んだ場合のキャッシュバックの内容については、あまり魅力はありません。
それは多くの代理店がユーザー獲得のため、キャッシュバックの金額を上げたりなど努力しているので、公式側ではその努力をせずともユーザーは集まってくるわけです。

公式サイトから申し込んでも、代理店から申し込んでも会社としてはあまり変わりませんからね。
むしろ、代理店に協力を仰いでるということが、公式側の努力といえるでしょう。

そのため、ピカラ光に申し込む場合は、キャッシュバックが高額な代理店から申し込まないと損、ということです。

 

代理店の中でも人気・評判の株式会社NEXTが定番(公式よりも5千円お得)

代理店から申し込まないと損なのは、前述の説明で理解できたと思います。

しかし、肝心の「代理店はどこなのか?」という悩みもありますよね。
正直、代理店の数というのは数多くあり、1つ1つ見比べていくのは骨が折れます。キャッシュバックの金額が代理店で異なるのも注意ですね。

しかし、ピカラ光に限らずですが「人気があり評判が高く、かつキャッシュバックが高額で対応が良い」という条件を満たす代理店は極少数なため、選択肢はそれほどありません。

たとえば、ピカラ光であれば株式会社NEXT(サイトに移動します)という代理店が定番となります。

こちらの代理店は、キャッシュバックの金額が公式よりも5,000円高いのがとても魅力で、ピカラ光以外にも様々な光回線を扱っており、会社としての対応力もあり、今後のサポートも安心です。

代理店を選ぶ際には「信頼できる代理店か」や「お得に利用できるのか」などが大事になり、株式会社NEXTであればこのどちらも満たしています。
ピカラ光に申し込みの際には、株式会社NEXTから申し込むのがお得で安心もできるためオススメです。

利用できるのは四国の方のみ

ピカラ光は、残念なことに提供エリアが限られています
というのも、提供している会社が四国電力グループですから、仕方がありません。

むしろ、提供エリアが限られてる分、抱えるユーザーの数もほかの光回線と比べれば少ないですし、キャパオーバーになって対応が悪くなる可能性は低いかもしれません。

この限られた提供エリアは、デメリットにはなりますが、四国の方であれば問題ありません。
ほかの地域に住んでいる方からは羨ましがられるかもしれませんね。

 

まとめ

ここまで評判やキャッシュバックなどを元に、ピカラ光についてまとめてきました。

良い評判も悪い評判もある光回線ですが、それはピカラ光に限った話ではありません。
有名になればなるほど、様々な口コミや評判は付いてくるものです。

ピカラ光であれば、保守点検やサポート対応もしっかりしているので、一度使い始めたら快適に利用できることでしょう。

代理店から申し込んだ際のキャッシュバックも高額ですし、四国にお住まいの方であれば、大変オススメできる光回線です。

>>ピカラ光をお得に申込むなら株式会社NEXT

 

メガエッグ光の評判から見てみたら意外とイケることがわかった

1.メガエッグ光に見られる利用者の主な評判は以下の5項目

メガエッグ光を実際に利用している方から寄せられる評判のほとんどは「月額料金」・「auスマートバリュー」・「通信速度」・「解約金」・「工事費」の5つに関するものでした。

そこで、それぞれの項目に分けて評判通りなのかについてメガエッグ光が提供するサービスの内容を見てみました。

 

1−1.月額料金は安い

メガエッグ光には、「月額料金が安い」という評判が寄せられています。

本当に安いのだろうかと確認をしてみると、最低利用期間が3年間のプランを契約することによって他光回線事業者に比べてかなり安くなることが分かりました。

2018年1月31日までのキャンペーン期間中に申し込みを行うことで「新規加入割引」・「更新割引」・「新規加入割引増額」といった3つの割引キャンペーンを受けることが出来ます。

①新規加入割引
一戸建て住宅・集合住宅共に最低利用期間が3年間のプランを契約する:初めの1年間毎月1,000円割引。

②更新割引
4年目以降も継続して利用することを契約時に予約する:一戸建て住宅の場合、最初の3年間毎月800円割引。集合住宅の場合、最初の3年間毎月100円割引。

③新規加入割引増額
新規加入割引の条件を満たす場合:一戸建て住宅は初めの1年間毎月410円割引増額。集合住宅は初めの1年間毎月410円割引増額とさらに800円割引増額、2~3年目は毎月200円割引。

となっています。

どれも最低利用期間が3年間のプランを契約することが前提です。
具体的な料金についてはお住いの住宅タイプが一戸建てか集合住宅(マンション)かによって異なり、さらに利用年数によっても変わってきます。

他光回線事業者と比べてどれくらい安いのかを一目瞭然にするためフレッツ光ネクスト(西日本)の月額料金と比較しながら以下の表にまとめます。

住宅タイプ メガエッグ光 フレッツ光ネクスト
一戸建て 1年目
4,000円
2~3年目
5,410円
4~6年目
5,410円
7年目以降
5,110円
5,400円
集合住宅(マンション) 1年目
2,200円
2~3年目
4,281円
4~6年目
4,481円
7年目以降
4,281円
4,500円

※フレッツ光ネクストは西日本での利用を想定
※フレッツ光ネクストマンションタイプの料金は同一建物内で見込める契約数が6契約以上の場合を想定
※メガエッグ光の料金に関しては上記キャンペーンを全て適用した金額を記載
※通信速度に関しては、どちらも最大1Gbpsプランの利用を想定

このようにフレッツ光ネクスト(西日本)の料金と比べるとメガエッグ光の方が毎月安く利用出来ることがわかります。

さらに、フレッツ光ネクストの場合はこの光回線料金の他にもプロバイダ利用料金が発生します。プロバイダ利用料金は契約するプロバイダによって異なります。

ところがメガエッグ光の場合、表に記載した料金の中にプロバイダ利用料が含まれています

つまり、別途プロバイダを契約する必要がなく、かつ毎月安く利用することが出来るのです。

 

1-2.auスマートバリューを適用できる

メガエッグ光では、光回線の他にひかり電話を契約しauスマホと併用することでau回線が安くなる「auスマートバリュー」を利用出来ることで、auユーザーからの評判が良いです。

auスマートバリューでは最大2年間2,000円の割引がされます。この最大の期間や金額についてはauでの契約プランによって異なります。

例えば、auピタットプランを契約される方でも、データ使用量上限が低いと永年500円の割引のみとなります。
ですが、ピタットプランでもフラットプランのようにデータ使用量上限が高くなると永年1,000円の割引を受けることが出来ます。

最大2年間2,000円割引の内訳は、「データ定額10/20/30」・「データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ)」を契約した場合に限り、毎月「永年934円割引+最大2年間1,066円割引」とされています。

最大2年間については、「2年間継続して利用するのであれば」という意味が含まれています。

そのため、2年以内にau回線を解約してしまうとauスマートバリューの割引を受けることが出来なくなります。
データ使用量上限が少ないプランになると最大2年間1,410円割引と金額も異なるため、詳しくはau公式サイトやauショップ又はお電話で問い合わせをしてみて下さい。

 

1-3.速度は普通

通信速度に関する評判は、他光回線事業者と比較しても「普通」といったところでした。

最大1Gbpsのプランや最大100Mbpsのプランは多くの事業者が用意しており、光回線のサービス方式もベストエフォート型という方式を採用しています。

このベストエフォート型とは、「掲げている最大値に近づけるようになるべく努力します」という意味合いを持っており、一定の通信速度を保証するものではありません。多くの場合はこのベストエフォート型です。

そのため、取り立てて速いわけでも無ければ遅いわけでもありません。

 

1-4.解約金は高い

メガエッグ光の解約金は、他光回線事業者と比較して高いという悪い評判もあります。
調べてみると確かにメガエッグ光の解約金は「高い」です。

例えば一戸建て住宅でフレッツ光ネクストの「光もっと割」を適用した場合
1年目/10,000円
2年目/5,000円
となっており、それ以降は3年ごとの自動更新に切り替わり解約金も異なってきます
具体的には
3年目/30,000円
4年目/20,000円
5年目/10,000円
更新月以外での解約についてはこのようになっています。

ところが一戸建て住宅でメガエッグ光の解約をする場合、解約金が10,000円を切ることはありません
具体的には
1年目/30,000円
2年目20,000円
3年目/19,000円
※最大通信速度1Gbpsの利用を想定
※「更新割引」適用を想定
となっており4年目からは
4年目/30,000円
5年目/20,000円
6年目/10,000円
7年目以降/10,000円
とされています。

月額料金ではメガエッグ光に軍配が上がりましたが、解約金についてはフレッツ光ネクストに軍配が上がるようです。

 

1-5.工事費は高い

最後に工事費に関して、これも「高い」といった悪い評判があります。

これについてもフレッツ光ネクストと比較してみましょう。
まず、一戸建て住宅でフレッツ光ネクストを利用した場合の工事費はトータルで18,000円とされています。
ところがメガエッグ光を利用した場合、工事費はトータルでなんと35,000円です。

どちらも住宅環境やエリアといった環境によって工事費が変わることがあり基本的には分割でお支払いをしていくものの、標準工事費がメガエッグ光はフレッツ光ネクストに比べて2倍近くの費用が発生します。

確かにこれでは工事費に関して良い評判は得られません。

 

2.料金関係で少し不満が残る

月額料金が安いことで満足感は得られますが解約金や工事費に関しては料金が高く少しだけ不満が残ります。

ですが、公式サイトではなく「株式会社NEXT」というメガエッグ光の人気代理店から申し込みを行うと、キャッシュバックキャンペーンを使ってお得に申し込むことが出来ます。

公式サイトでもキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、受け取れる金額は15,000円です。

そして、公式サイトでキャッシュバックを受け取るためにはメガエッグ光の基本メールに送信される「特典受取のご案内メール」の受信を待ち、メールが送信されてから2週間以内に指定口座を登録する手続きを行う必要があります。

ところが、NEXTから申し込みを行うとキャッシュバック金額が20,000円となり、さらにご指定口座の登録は契約時に電話口で伝えるだけで良いので、とても簡単な上にキャッシュバックされる金額が高くなります。

公式サイトでのキャッシュバックだと受け取れるまでの期間が「順次」とされており決められた期間がなく、いつ指定口座に振り込まれるのかが不明瞭です。

NEXTの場合はこれに関してもキャッシュバックを受け取れる時期は「開通月の3ヶ月後」と明確にしているため、安心してお得に申し込むことが出来ます。

 

3.メガエッグ光の申し込みをする際の3つの注意点

 

3-1.auショップからの申し込みはしない

メガエッグ光はauと提携しているため申し込みが出来て、かつ独自のキャンペーンを受けられますが、auショップからの申し込みはどれもお得ではないことが多いです。

 

3-2.メガエッグ光の公式サイトからの申し込みをしない

上記でも案内したように、キャッシュバックを取り逃してしまう危険性があります。

 

3-3.代理店会社を確認する

「株式会社NEXT」と似た社名の代理店が多いため、申し込み時に必ず代理店会社を確認することです。
NEXTはかなり人気が高く評判も良いため、これと似た社名にしている悪質な代理店が存在します。
メガエッグ光を申し込みする際はこの3つの注意点をよく確認し、「株式会社NEXT」から申し込みをしましょう。

>>おすすめ代理店「株式会社NEXT」はこちら

 

メガエッグのキャンペーンや申込方法は?お得に申込むなら代理店の株式会社NEXT!

「メガエッグ」とはこの事業内容にも記されている電気通信事業の一部である光ファイバーを使った個人向け通信サービスです。

メガエッグは地元に密着した提供をしていて、提供エリアは中国地方5県(山口県、広島県、島根県、鳥取県、岡山県)のみとなっています。

ここでは、メガエッグについて詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にされてみてください。

 

メガエッグとは?

 

運営会社について

メガエッグという光回線サービスを提供している会社は、中国電力グループが運営する「株式会社エネルギア・コミュニケーションズ」(略称:エネコム)という会社です。

設立されたのは1985年4月1日で、株式は「中国電力株式会社」が100%保有しています。

主な事業内容として「電気通信事業法に基づく電気通信事業」「電子計算機およびその関連機器による情報処理」「電気通信および情報処理に関する機器ならびにソフトウェアの開発、制作」「電気通信設備の販売およびこれに付帯する設備の工事ならびに保守」等など電気通信に関するあらゆる事業を手がけています。

 

月額料金

月額料金は、お住いの住宅タイプが一戸建てかマンション等の集合住宅かによって異なります。そのため下の表にまとめます。

利用年数 一戸建て マンション
1年目 4,000円 2,200円
2~3年目 5,410円 4,281円
4~6年目 5,410円 4,481円
7年目以降 5,110円 4,281円

※マンションの場合1棟あたり15契約以下を想定
※最低利用期間が3年間プランへの加入を想定
※「新規加入割引」「更新割引」「新規加入割引増額」キャンペーンを適用した金額を想定

このように一戸建て住宅と集合住宅で月額料金が大きく変わるほか、メガエッグが提供する3年単位で更新月が訪れる料金プランでは利用年数に応じて月額料金が異なってきます。
ここでご紹介した月額料金は、現在メガエッグが行っているキャンペーンを適用した金額を想定しています。
以下にキャンペーンの詳細をまとめます。

・新規加入割引とは
新規加入割引とは、2018年1月31日までに新規ご利用でのお申し込みを行い2018年7月31日までに開通工事が完了した方を対象に適用されるキャンペーンです。この条件は住宅種別に関係なく適用されます。割引額は、一戸建て住宅集合住宅共に1年間1ヶ月あたり1,000円です。

【更新割引とは】
更新割引とは、最低利用期間が3年間とされている「ギガ王」(一戸建て住宅の場合)「ギガ王」又は「メガ王」(集合住宅の場合)を4年目以降も継続して利用する事前予約(1回目のみ)を行うことで、適用開始から3年間割引されるサービスです。

割引される金額は
・一戸建て住宅の場合:利用開始から3年間毎月300円
・集合住宅の場合:利用開始から3年間毎月100円
となっています。

【新規加入割引増額とは】
2018年1月31日までの期間中に「新規」で申し込みを行うと、上記で紹介した「新規加入割引」の金額が増額されるキャンペーンです。

増額される金額は
・一戸建て住宅の場合:最初の1年間410円増額
・集合住宅の場合:最初の1年間410円、2~3年目の間200円
となっています。

 

メガエッグではauスマートバリューを使える

メガエッグはauと協業しているため、お使いのスマートフォンをauに乗り換えると「auスマートバリュー」という割引を適用することが出来ます。
既にauスマホをお使いの方は、キャリアを変更すること無くauスマートバリューを利用できます。

ただし、これを適用するためにはメガエッグが提供する光ネットの他に光電話にも加入する必要があります。
光電話とは、今使用している電話番号や電話機をそのままに、固定電話として利用する回線をこれまでの一般加入電話の電話回線から光回線に切り替え、基本料金や通話料を安くすることが出来るサービスです。

これに加入することで受けられる「auスマートバリュー」とは、ご家族の中でのauスマホ1回線につき最大2年間2,000円の割引を受けることが出来るサービスです。

最大2年間というのは、例えば2年以内にauスマホを解約してしまった時にこの割引を受けることが出来なくなるため、「最大」という表現を使っています。
つまり、2年間auスマホを継続利用するのであれば2年間は割引を受けることが出来ます

また、2,000円の内訳について、auでご契約されているプランによって内容と割引額が異なってきます。
例えば、
・「auピタットプラン」を契約している方:永年500円の割引のみ
・「データ定額10/13/30」を契約している場合:最大2年間1,066円+永年934円=最大2年間2,000円割引/月
が適用されます。

そのため、auスマホをご利用されている方やauに乗り換える方は契約プランによる割引額の変動に注目するとスマホの月額料金をもっと安く出来ます。

 

メガエッグをお得に申し込む方法

メガエッグの申し込みをするのであれば、せっかくならお得に申し込みたいものです。

そのためには、Web上に存在する光回線の代理店を活用しましょう。家電量販店やauショップでメガエッグの申し込みをすることも出来ますが、お得に申し込むのならこの方法はオススメしません。
確かに家電量販店等のスタッフと対面して申し込みをする場合より親切なお客様応対を行ってくれたり分からないことをすぐに質問し、すぐに返答を貰うことが出来ますが、キャンペーンという観点から言うとお得とは言えません。

なぜなら、店舗を構えている家電量販店等ではインセンティブという営業目標やノルマを設定しており、お店が取扱いサービスを提供している会社又は親会社から手数料を得るためにキャンペーンの条件として有料オプションの加入がセットになっていたり不要なサービスへの加入を求められることがあるからです。

なので、お得にメガエッグを申し込むには代理店の利用をオススメします。
代理店も様々存在しており総務省から何度も注意勧告を受けている悪質な代理店もあれば専門機関による調査のもと表彰を受けている優良な代理店もあります。

ここでオススメするのは「株式会社NEXT」というメガエッグの優良代理店です。

 

メガエッグの代理店は株式会社NEXT

「株式会社NEXT」という代理店は、様々なインターネット回線を取り次ぐ代理店です。

メガエッグを公式サイトから申し込むよりもNEXTを通して申し込みをした方がキャッシュバック金額も上がります
公式サイトで申し込みを行うと最低利用期間が3年間のプランに新規で契約することが条件で15,000円のキャッシュバックを得ることが出来ます。

ですが、キャッシュバックされる時期について、開通月の翌月16日にメガエッグが発行した基本メールアドレス宛てに特典受け取りの案内が記載されたメールが送られてきます。
その後、メール記載の方法に従い口座情報等の登録を終えると指定した口座にキャッシュバックの振込みが行われますが、「順次」行われる為、明確な受取時期はありません
また、送金業務は第三者機関である「株式会社イーコンテクスト」を通して行われます。

これに対して、株式会社NEXTで申し込みをした場合、まずキャッシュバック金額が20,000円になります。
さらに、公式サイトからの申し込みではメールの受信を待ち受け取ったメールに記載された内容に従って口座情報を登録する必要がありましたが、NEXTの場合は申し込み時にキャッシュバックを振り込んでほしい口座を伝えるだけで指定口座の登録が完了します。

そして開通月から3ヶ月後にキャッシュバックを受取ることが出来ます。

このように公式サイトから申し込みを行うとキャッシュバックキャンペーンの申し込みに「メガエッグ用のメールアドレス」を使用したり送金は外部サービス通されたりと、キャッシュバックの受け取りまでに何かと面倒だという実情があります。

ですが、株式会社NEXTからメガエッグの申し込みを行うとキャッシュバック金額も上がり、キャッシュバックキャンペーンの申込み方法も簡単で受取時期も明確で安心です。
NEXTが人気で優良代理店とされる理由はまさにそこにあります。

しかし、NEXTは有名で人気が高いため、「NEXTである」と名乗る悪質な代理店も存在するので注意してください。
他にも株式会社NEXTと似たような社名を掲げている会社も存在するため混同しないように気を付けましょう。

※今回の記事で紹介しているNEXTは「株式会社NEXT(メガエッグ正規代理店)」です。

>>メガエッグに新規申込で20,000円キャッシュバック!

 

コミュファ光の評判を徹底解明!

コミュファ光は、CTC(中部テレコミュニケーション)が運営し中部地方の中でも東海地方にお住まいの方に向けて光回線を提供しているサービスです。

高額なキャッシュバックキャンペーンを展開しているコミュファ光ですが、良い評判もあれば悪い評判もあります。
基本的にコミュファ光は通信速度が安定していて評判の良い光回線事業者ですが、実際に利用している方の声が寄せられているTwitterを覗いてみると決して良いものばかりではありません。

そこで今回は、コミュファ光に対しての良い評判と悪い評判を詳しくご紹介していきます。

 

コミュファ光の良い評判

まずはコミュファ光に寄せられている「良い評判」から見ていきましょう。

 

通信速度は安定している


コミュファ光では最大1Gbpsの高速な通信速度を安定して提供しています。他光回線事業者と比較しても「びっくりするほど快適」になるようです。
この快適性は例えばインターネット回線を通じたゲーム通称「ネトゲ」をプレイされる方にとって通信速度の安定性がかなり重要なポイントとなってきます。

また、光回線にアクセスが集中しやすい夜の時間帯に「Amazonプライムビデオ」や「Netflix」や「Hulu」といったビデオオンデマンドを利用している方や「YouTube」に代表される動画共有サイトを視聴する方は通信速度が安定していることで快適にメディアを楽しむことが出来ます。

さらに、コミュファ光では「IEEE802.11ac」という高速通信に対応した無線ホームゲートウェイを標準で利用できます。
この通信速度の安定性に対する「びっくりするほど快適」といったコミュファ光への良い評判はコミュファ光を選ぶ大きな要素になります。

 

フレッツ光よりも安い

コミュファ光は、全国展開をしているフレッツ光よりも月額利用料金が安いことが特徴の一つです。
どちらも最大通信速度1Gbpsに対応しているため、1Gbpsのプランで利用した場合の比較を以下の表にまとめます。

住宅タイプ コミュファ光 フレッツ光
一戸建て住宅向け 4,130円

プロバイダ利用料
5,700円

プロバイダ利用料
集合住宅向け 4,130円

プロバイダ利用料
4,350円

プロバイダ利用料

※プロバイダは別途契約を想定
※通信速度は最大1Gbpsを想定
※フレッツ光は東日本での利用を想定

このように、コミュファ光は一戸建て住宅向けのプランでも集合住宅向けのプランでも安く利用することが出来ます。

さらに、コミュファ光ではプロバイダがセットになったものもあります。その場合、どちらも月額料金は5,550円です。

コミュファ光ではauスマホユーザー向けの割引サービスも行っています。
コミュファ光の光ネットと光電話を同時に申し込み、auスマホと併用し「auスマートバリュー」を利用することでau回線1契約につき最大2年間2,000円がauの利用料金から割引されます。

割引額はauでの契約内容によって異なるため、以下にまとめます。

・データ定額30に加入した場合…最大2年間(2年間継続利用した場合)
内訳:永年934円/月+2年間1,066円/月=2,000円/月

・データ定額20/5、LTEフラット、ISフラット、プランF(IS)シンプル、LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)のいずれかに加入した場合…最大2年間(2年間継続利用した場合)
内訳:永年934/月+最大2年間476円/月=1,410円

・データ定額2/3、ジュニアスマートフォンプラン、シニアプラン、カケホ(3Gケータイ、データ付き)のいずかに加入した場合
内訳:永年934円

となっています。

これを活用することで、ご家族でauを利用している方であれば一ヶ月あたりの通信費をかなり抑えることが可能になります。

 

サポート対応はしっかりしている


コミュファ光は、Twitterでカスタマーサポート公式アカウントを取得し、Twitter上に寄せられたツイートやリプライに対してもきちんと反応しコミュファ光のユーザーに対して心配りを心がけています。

他光コラボレーション事業者や光回線事業者ではカスタマーサポート窓口からのみコンタクトを取ることが出来るようになっていることがほとんどで、「中々電話が繋がらない」といった声も多く見かけます。

そんな中、コミュファ光はユーザーとより近く密なケアを出来るようにしています。

コミュファ光の悪い評判について

では続いて、コミュファ光に対しての「悪い評判」も見ていきましょう。

 

営業やサポートの手続きミスが多い

上記では、「サポート対応はしっかりしている」と明記しました。

Twitterでアカウントを取得しユーザーとレスポンスの速い連絡を取り頑張っていますが、Twitterでの評判を見ると営業方法や手続きについて悪い評判もみかけます。


このように新規契約を獲得するための営業が強引であるといった悪い評判がありました。
「強引である」といった感じ方は人によって様々ですが、営業をかける時間帯や一方通行な訴求をされれば強引だと感じる方もいます。

それでは手続きについての評判もご紹介します。
https://twitter.com/mtk1015/status/942709104128049153
光回線を開通させる工事はシステム上どうしても機械的になってしまう傾向があり、契約手続きのミスをしてしまうとお客様を待たせることになってしまいます。
せっかく契約して頂いたお客様からの信頼を失うことにも繋がるため、手続きはかなり気を付けなければいけないです。

そのため一度でもミスを犯してしまいインターネット上で拡散されてしまうと「手続きミスが多い光回線事業者だ」という印象を与えてしまいます。
せっかくTwitterで公式アカウントを取得しなるべく細やかなサポートを心がけているだけに、もったいない点です。

 

速度が遅いと感じる人もいる


通信速度が安定していることで知られているコミュファ光ですが、人によっては速度が遅いと感じる方もいるようです。
原因は通信環境等の様々なものが考えられますが、インターネットを利用する時間帯に原因があることがほとんどです。

例えば、夜の時間帯は日中に比べて仕事が終わった方たちが自宅でインターネット回線に接続することが多くなるため、回線が混み合い通信速度が遅くなることがあります。
同じ道路でも使う人が少なければスムーズに進むことが出来ますが、利用者がたくさんいれば渋滞してしまう現象を想像していただけると分かりやすいです。

コミュファ光は、こうしたツイートにも公式カスタマーサポートアカウントからリプライを送り利用者に対してのサポートを心がけています。

 

キャッシュバックを貰えるまでが非常に長い&手続きが面倒くさい

https://twitter.com/tono48v/status/939688713147183104
コミュファ光では高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。
ですが、そのキャッシュバック方法が商品券で、かつ貰えるまでの期間が長いです。

さらに、キャッシュバックを受け取れる条件が多いことと、キャッシュバックされるまでのステップが多いことも特徴です。
こうした点は、高額キャッシュバックキャンペーンを楽しみに契約をされた方の怒りを買ってしまう原因となります。

 

評判まとめ

通信速度が安定していると有名であるコミュファ光ですが、この速度を速いと感じる方もいれば遅いと感じる方もいます。

それはインターネット回線を通している建築種別やマンションでのコミュファ光加入者数によって速度は変動します
そのため「回線が混み合ってしまう」といったことがほとんどです。

さらに、自宅内の無線環境に「最大1Gbpsの無線ルーターを導入していない」「ルーターからの距離が遠かったり障害物が多い」といった原因も通信速度を遅くしてしまいます。
通信速度の感じ方が人によって違うのは、コミュファ光に限らずインターネット回線全般に言えることです。

また、キャッシュバックについて、悪質な代理店の場合は光回線を開通させてからキャッシュバックを申し込み出来るのが開通月を含めた12ヶ月後であったり、実際にキャッシュバックを受け取れるのが12ヶ月後であったりと、必然的に継続利用を促すようなキャンペーンを行っている代理店もいます。

これはキャッシュバックの申し込みをお客様から忘れさせようとしているとか、複雑なステップにすることでお客様による手続きミスを誘発しているのではないかという見解もあります。

コミュファ光の申し込みをする場合も同様に、代理店によっては優しくない代理店も存在するためどの代理店からお申し込みを行うか注意が必要です。

そこでオススメの代理店は、利用者からの評判が高く人気のある「株式会社NEXT」です。

サポートもきちんと親切な対応をしてくれ、キャッシュバックされる金額も高いです。しかも、キャッシュバック方法が商品券の受け取りではなく、現金で振り込まれます

複雑なステップを乗り越える必要もなく、Webから申し込みをした後に担当者からかかってくる電話口でキャッシュバックを受け取りたい口座を伝えるだけで、最短で開通月の翌々月末(開通月の2ヶ月後)に振り込まれます。

通信速度も安定していて総体的に評判が良いと感じられるコミュファ光のお申し込みをする際は、株式会社NEXTから行った方が良いです。

>>コミュファ光新規申込で25,000円キャッシュバック!

 

2018年春モデル!auからついに「HUAWEI」のスマホが登場!

HUAWEIとは?

HUAWEI(ファーウェイ)とは、1987年に中国で起業された主にスマートフォン等の通信機器を取り扱うメーカーです。

「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンを掲げ、2005年にはファーウェイ・ジャパンが設立され日本にも拠点を構えるようになりました。

格安スマホやSIMフリースマホという立ち位置で、日本でもコストパフォーマンスに優れた機種を多数リリースしています。

ライトユーザー向けの機種からヘビーユーザー向けのハイスペックモデルまで用意されていてあらゆるユーザーのニーズに応えるHUAWEIスマホは、世界シェアにおいてなんと「Apple」「Samsung」に次ぐ第三位を獲得しています

実は、HUAWEIはスマホがここまで流行する以前から日本でも使われている通信機器を販売しておりました。

例えば、ドコモからは「キッズケータイ」という子供向けの携帯電話機や、モバイルルーター等です。以前から地道な活躍を続けスマホ市場に参入し今では世界シェア第三位にまで登りつめたHUAWEIスマホは、MM総研による調査で国内の格安SIM利用者シェア率において2017年上半期のトップシェアを獲得しました。

「格安スマホ」という存在が現れ始めてから格安スマホと言えば「HUAWEI」として有名になりましたが、上記でも軽く触れたようにヘビーユーザー向けのハイスペックモデルも手がけていて、ミドルスペックモデルでも性能が高くコストパフォーマンスに優れている点からHUAWEIスマホの評判は良いです。

 

2018年にauから発売するスマホは「nova」

さてこの度、auから春モデルとしてリリースされる機種の中に格安スマホでも評判の良いHUAWEIの人気シリーズである「nova」シリーズから「nova 2」(auでの型番は「HWV31」)が登場します。au公式では、2018年1月下旬以降発売予定とされています。

格安スマホに興味を持ったことのある方であれば、HUAWEIの「MATE」シリーズや「P」シリーズをご存知の方も多いかと思います。
これらはどれもハイスペックモデルで、そのスペックに比例して価格も「格安」とはまでは言えないことが特徴です。

ですが、今回auから発売される「nova」シリーズはコストパフォーマンスを重視したモデルです。

「まだスマホを使ったことがない…」という方にとっては、価格が安くさらにスペックもミドルクラス以上の性能を備えているためスマホデビューをするにはまさに打ってつけといった印象のスマホです。

もちろん、日常的にスマホを使いこなしている方にとっても不満を感じさせないようなスペックを備えています。

 

HUAWEIの評判

ここまでHUAWEIが手がけてきた製品や現在のスマホ市場においての立ち位置、HUAWEIが開発しているスマホシリーズの魅力について明記してきました。

ここで、HUAWEIスマホユーザーの評判を見てみましょう。


これまで日本国内では中国企業が開発したメイドインチャイナの製品は、いわゆる「安かろう悪かろう」というイメージや評判が強かったです。

確かに技術革新や経済成長の途中段階だった以前までの中国製品だと「安価で質が悪い」といった事例が通信機器に限らず多く取り上げられ、国内では中国製品に対して「安かろう悪かろう」といったイメージが常識化していました。

しかし、地道に技術革新を続けたHUAWEIを初めとする中国で通信機器を取り扱う企業は世界的に見て目覚ましい成長を遂げ、今では使いやすさや性能や価格といったあらゆる面で日本のスマホメーカーを上回っています

「中国製品だから買うのはやめよう」といった考えは、既に前時代的な考え方に移り変わりつつあります。


こうした評判にもある通り、日本企業はスマホ市場では遅れをとっていますが半導体においては海外からも高い信頼を得ています。
そのためHUAWEIもスマホ内部の部品に一部日本製品を使っています

「サブ機として持つならオススメである」とも言われていますが、もちろんメインスマホとしての使用もオススメします。
それはやはり優れたコストパフォーマンス性とHUAWEIスマホのクオリティーが高いという点にあります。

さらに「P」シリーズ等にプリインストールされている「端末管理」というアプリの存在もHUAWEIスマホをオススメする理由の一つです。
いわゆる「最適化アプリ」というものですが、サードパーティアプリとして用意されている最適化アプリをインストールすると、必要以上にスマホを管理されてしまいかえって不具合を起こしてしまうことが多いです。

ですが、純正の最適化アプリであればこの問題も解決できる可能性を多く見込めるため、メインスマホとして導入しても良いです。


しかしながら、やはりこれまでに中国製品を購入し残念な思いを味わったことの多い人たちや政治的な面において中国が嫌いであるという人たちからは敬遠されがちです。

いくら企業や製品が良くても、思想によってその中身までは見てもらえないというのが現状です。
こうした評判やイメージも、HUAWEIを初めとする良い製品を産み出し良い評判が集まる企業によって払拭されていくでしょう。

 

au初のHUAWEIスマホなので期待値が高い

HUAWEI製のスマホがauから発売されるのは今回が初めてとなります。

2018年1月下旬以降発売予定とされている「nova 2」は、なんと本体価格が税込み32,400円というとても購入しやすい価格で発売される予定です。

通常、キャリアで販売されるスマホはどれも最低でも5万円を超えるものが多く最近ではiPhoneシリーズのように8万円~10万円以上のものが多いですが、コストパフォーマンス重視であるnovaシリーズはこの価格に対する期待を裏切りません

カラーバリエーションは「オーロラブルー」「グラファイトブラック」「ローズゴールド」という全3色で展開されています。
デザインはどの色をとってもシンプルで洗練されていて、画面上の縁部分を少なくすることで同じ本体サイズでもより大きな画面サイズを実現しています。
2年間使うことを考えても飽きの来ないデザインとなっています。

「nova 2」の期待値が高い理由は価格の安さだけではなく、もちろんスペックにもあります。
この価格帯で最近の高スペックスマホでは主流のリアカメラダブルレンズを採用していて、通常レンズと望遠レンズの「F値」と呼ばれるカメラに取り込む明るさをそれぞれに制御すること望遠撮影も鮮明に撮影することが出来ます。
フォーカス機能にも優れていて、背景をぼかしピントを合わせることでまるで一眼レフカメラで撮影したかのような写真が出来上がります。

そして驚きなのが、RAMと呼ばれる作業領域が4GBでROMと呼ばれる内部保存領域が64GBを搭載しているということです。
このスペックは、ミドルスペックを超えたハイスペックとも言えます。
格安スマホと言うと通常RAMは2~3GB程度であることが多いのですが、4GBを搭載することによってあらゆる動作の遅延を防止し快適にスマホを使うことが出来ます。
4GBのRAMは、簡単に表すと10万円以内で買えるノートパソコンと同じくらいのものです。

さらにスマホの頭脳であるCPUというパーツは「Kirin」シリーズというHUAWEIが手がける製品を使用しているため本体との相性が良く、パーツ同士の適合性の悪さが原因の不具合を起こすといった心配も少ないです。
またこのCPUによって高速な充電速度も確保されます。公式では、10分の充電で1.9時間の動画視聴が可能だとされています。

敢えて不満点を挙げるとすると、「非防水」という点と「おサイフケータイ非対応」という点です。
ですが、非防水に関しては例え高い防水性能を搭載していても飽くまで保険のようなもので完全に水濡れ防止が出来るという訳ではないため、これまで通り水回りに気を配ることで解決します。
おサイフケータイ機能に関しては電子マネーをICカード媒体で所有し、スマホケースに忍ばせることで解決します。

このように今回auから初めて発売されるHUAWEI製のスマホは、企業やこれまでにリリースしてきたスマホの評判が良いこと、auから発売されるnovaシリーズのコストパフォーマンスが高いことからauの春モデル目玉スマホとして自信を持ってオススメします。

 

「auひかり」vs「 NURO光」を徹底比較!利用料金や通信速度は?

現在、東海地方で利用できるインターネット回線といえば「auひかり」「ソフトバンク光」「コミュファ光」ですが、なんと高速通信で有名な「NURO光」も2018年1月下旬から順次開通できるようになり、2017年12月1日から新規受付を行っています。

こうした光回線事業者では、スマホとの併用をすることで割引されるサービスを行っていることが多いです。
「auひかり」や「コミュファ光」の場合、auスマートバリューを使うことが出来るため、auスマホと併用することでau回線が毎月安くなります

そのため、auスマホとセットで利用すると毎月の通信費はお得になりますが、「NURO光」には今のところauスマホとのセット割引がありません。
ですが、現在auスマホを利用している方にとっても「NURO光」を利用するメリットはたくさんあります。

そこでこの記事では、「auひかり」と「NURO光」を「月額料金」「速度」「ユーザーの評判」「割引き(スマホとのセット割の有無)」「キャンペーン」という5つの観点から比較していきます。

 

NURO光とは?

NURO光とは、「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が運営する光コラボレーション事業者です。

特徴は何と言っても通信速度の速さにあります。多くの光回線事業者が最大通信速度を1Gbpsにしているところ、なんとNURO光は最大通信速度2Gbpsに対応しているのです。

これは、国内標準規格である「GPON」という光ファイバーを使った伝送技術の規格と、最大2Gbpsに対応するNURO光向けに開発されたホームゲートウェイを合わせて利用することで実現しました。

もちろん、ご自宅の通信環境によって速度は異なりますが、通信速度が速いという評判も多いNURO光を導入することで安定して速い通信速度を確保出来ます。

NURO光は2013年4月15日から通信サービスの提供を開始し、関東圏を中心にサービスを展開していました。

ところが、エリアを大幅に拡大し2018年1月下旬から東海4県(愛知県、岐阜県、静岡県、三重県)や関西2府3県(大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県)を対象に順次サービス提供を開始することを発表し、2017年12月1日から事前に申し込みが行えるようになりました。

 

「auひかり」と「NURO光」を比較

「月額料金」「速度」「ユーザーの評判」「割引き(スマホとのセット割の有無)」「キャンペーン」の5つを比較しました。

 

月額料金

まずは、auひかりとNURO光の月額料金を比較していきましょう。

どちらも一戸建て住宅向けのプランとマンション等の集合住宅向けのプランによって料金が異なるため、以下の表に料金をまとめてみます。

住宅タイプ auひかり NURO光
一戸建て住宅向け 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
4,743円
集合住宅(マンション)向け 3,800円 利用者数4~6人:2,500円
利用者数7人:2,400円
利用者数8人:2,300円
利用者数9人:2,200円
利用者数10人以上:1,900円

※「auひかり」「NURO光」どちらも最低利用期間が2年間のものを想定
※「auひかり」「NURO光」どちらも独自プロバイダ利用料金込み
※「auひかり」については支払い方法をクレジットカードにした場合の100円割引された金額を想定
※「NURO光」での「利用者数」とは、同一マンション内での利用者数のことを指します。

月額利用料金で見ると、NURO光の圧勝です。
どちらもそれぞれにご利用プランが有るものの、一般的な最低利用期間が2年間とされているプラン同士で比較してみました。

一戸建て住宅向けの場合、auひかりでは継続利用年数に応じて利用料金が安くなってきますが、3年目以降は4,900円となりそこから料金が下がることはありません。

ですが、NURO光の場合は1年目からその金額を下回る利用料金で提供しています。また、マンションタイプの場合NURO光は同一マンション内での利用者数に応じて月額利用料金が異なりますが、どれもauひかりよりも安い金額で提供しています。

さらにNURO光の場合、この料金の中にNURO光向けに開発されたホームゲートウェイと最大5台までのデバイスを登録可能なセキュリティサービス「KASPERSKY」の料金も含まれています。

 

速度

続いて、通信速度に関して両者を比較していきます。両者が公式で発表している最大通信速度は
・auひかり…下り最大1Gbps/上り最大1Gbps
・NURO光…下り最大2Gbps/上り最大1Gbps
速度に関してもNURO光の方がauひかりに勝っています。

公式で明記されている最大通信速度は飽くまで技術上可能な算出値なので、実際に利用した時は最大通信速度が利用者によって異なることがあります。

それは、時間帯や使用している通信機器にも関係してきます。また、ここでの「下り」「上り」という表現についてですが、これはコンテンツの「ダウンロード」「アップロード」と考えて下さい。
YouTubeを例に出すと、動画を視聴する際はバッファと呼ばれる一時的にデータを保持しておく領域に動画データをダウンロードするため「下り」です。

ですが、撮影した動画をアップロードする場合、YouTubeのサーバーに動画データをアップロードすることになるため「上り」です。
多くの方は「下り」を利用することが想定されるため、通信速度に関してNURO光はauひかりの2倍の通信速度だと考えていただいて良いです。

 

ユーザーの評判

それでは実際に利用しているユーザーからの評判を見てみましょう。

ここでは、Twitterに寄せられた評判を元にauひかりとNURO光を比較していきます。


この評判を見てみると、どうやらauひかりに光回線事業者を乗り換えてさらにスマホもauにすることで、他社よりも安く運用することが出来るようになるようです。

これについては、割引の項で詳しくご紹介します。
この割引はauスマホ1回線につき割引額が増額されるため、ご家族でマンションに住んでいる方はauひかりにした方が毎月安くご利用できるようです。

さらに、別の評判も見てみましょう。


価格についてやはりNURO光は安いようですが、通信速度に関しても大きく改善されると評判がかなり良いです。

普段から動画視聴やインターネットゲームをされる方にとって通信速度はかなり重要なポイントとなるため、インターネット上のメディアやコンテンツを楽しむ方にとってはNURO光を利用した方がより快適にインターネット楽しむことが出来ます。

 

割引き(スマホとのセット割の有無)

上記でも軽く触れた、スマホとセットで利用することで得られる割引サービスについて比較していきます。

まず、auひかりではauスマホと併用することで、「auスマートバリュー」という割引をauスマホ回線に対して受けることが出来ます。
このauスマートバリューでは、どのプランを契約していたとしても基本的に永年934円の割引を受けることができ、さらにデータ使用量の多いデータ定額30を契約することで継続利用している限りは2年間毎月1,066円の割引を受けることが出来るため、合計で最大2年間2,000円の割引を受けられるようになります。
タブレット向けのプランであっても永年934円の割引と2年間476円の割引を受けることが出来るため、合計で2年間は1,410円が割り引かれます。

ただし、これを利用するためには、auひかりのインターネット回線の他にひかり電話にも加入する必要があります。
ひかり電話は、現在使用している電話番号や電話機をそのままに一般加入電話の電話回線から光回線に切り替えることで通話料が安くなるサービスです。

対するNURO光はソフトバンクと提携しているため、「おうち割」というソフトバンクスマホとのセット割を適用することが出来ます。このサービスは内容も金額も共にauスマートバリューとほとんど同じです。

やはりNURO光でんわとセットでソフトバンクが提供している大容量のデータ定額パックを利用する場合、最大2年間毎月2,000円の割引を受けることが出来ます。

また、標準サイズとされているデータ定額パックの場合であっても、最大2年間毎月1,522円の割引を受けられます。

どちらの割引もそれぞれのスマホ1台につき最大2,000円の割引を受けることが出来るため、スマホとのセット割という割引については両者引き分けといったところでしょう。

 

キャンペーン

最後に、展開しているキャンペーンという観点から「auひかり」と「NURO光」を比較していきます。

NURO光には、auひかりと同様に多くの取り扱い代理店が存在します。
取引先や調査機関によって表彰される良い代理店も存在しますが、総務省から何度も注意を受けている悪い代理店も存在します。

そのためこの項では、それぞれの代理店で優良とされる代理店同士で比較していきます。

 

auひかりの代理店:NNコミュニケーションズ

当サイトでも何度も登場する代理店です。

こちらの代理店はやはりキャッシュバックが高額なのはもちろんのこと、お客様対応の質の高さやキャッシュバックが振り込まれるまでの時期が最短で開通月から1ヶ月後とかなり速いことで評判が良いです。

しかも余計な有料オプションに加入する必要が無いという点も良い評判が多いポイントの一つです。

>>auひかりをお得に申込むなら株式会社NNコミュニケーションズ

 

NURO光の代理店:アシタエクリエイト

こちらの代理店の名前は初めて聞く方も多いかもしれません。

ですが、非常にレベルの高い代理店です。キャッシュバック金額も公式では30,000円と固定ですが、こちらの代理店で申し込みを行うと
・インターネット回線のみの契約:30,000円キャッシュバック
・インターネット回線と光電話を契約:35,000円キャッシュバック
となっており、光電話を合わせて申し込むことでキャッシュバック金額がさらに増えます。

また、キャンペーンの手続方法も簡単で、申し込み時にお電話口から申請するだけで完了です。そのため複雑な段階を踏むこと無く安心してキャッシュバックの申請が出来ます。

さらに、キャッシュバックを受け取れる時期もNNコミュニケーションズと同様に開通月の翌月末に現金で振込が行われるため、最短で1ヶ月のキャッシュバックとなります。取り扱うキャンペーンの種類も豊富で、NURO光の代理店の中でもナンバーワンとの呼び声も高いです。

>>NURO光をお得に申込むなら株式会社アシタエクリエイト

 

まとめ

auひかりとNURO光を比較してみると、両者ともに良い点があり甲乙付けがたいです。

オンラインゲームや動画制作等、通信速度を重要視する方であれば最大通信速度2Gbpsを掲げているNURO光を選ぶべきです。
ですが、この最大通信速度を得るためには、使用するLANケーブルや無線ルーターも最新の規格に対応した質の高いものを選ぶ必要があります。
そうでないと、せっかくの高速通信を潰してしまいかねません。


こうしたTwitterでの評判を見ると、NURO光であれば無条件で通信速度が速くなるという訳ではありません。
高速通信を重視したNURO光の導入を検討する際には、この辺りの「環境」にも注意しておきましょう。

速度重視であるとは言っても、auひかりも通信速度は速いです。
NURO光と比較すると「遅い」と思われがちですが、通信の安定性も確保されているため十分に速い光回線です。


何と言ってもauスマホと併用することで通信費を抑えることが出来るauスマートバリューも魅力的です。

こうした評判にもある通り「NNコミュニケーションズ」からauひかりを申し込むと断トツで安く運用できるようです。

さらに、50,000円のキャッシュバックを受取るor最新式の無線ルーターが貰えるのは嬉しいところです。