0年 0月 の投稿一覧

auひかりの撤去費28,800円が0円に!?解約を心配せずに申込める裏ワザとは

2018年3月以降にauひかりを契約したユーザーは解約時に設備の撤去費を2万8,800円を支払うことが必須となり、これがネットで話題になっているようです。

この撤去費のせいで昨今のauひかりの申込み者が減っていることも事実。。

確かにそうですよね、2年縛りや3年縛りの契約をしておいて、更新月に解約して違約金はかからないというのに、撤去費という3万弱が無条件に請求されるなんて非常にイヤな気分です。

しかし、心配することはありません。この憎たらしい撤去費を0円にできる方法があるのです。※タイトルには「裏ワザ」と記載していますが、実際には「裏ワザ」といよりも「正式な方法」での申込みになるので安心してください。

auひかりを解約する際の撤去費用が必須に!背景に何があった?

2018年2月までにauひかりに契約したユーザーは解約する際にauひかり関連の設備を残すかどうかを選べて、その場合は撤去費は発生しませんでした。※もし、撤去する場合は費用は1万円。

しかし、2018年3月以降に契約したユーザーは設備を残すことが選べず、撤去費も約3万円の支払い義務が発生することになったのです。

では、なぜこのように支払わなければならなくなったのでしょうか?

その背景にはKDDIの設備の維持管理に原因があります。

auひかりを解約する際に関連設備を残す場合、次に撤去もしくは再利用されるまでの間、設備の保守管理に必要な費用をKDDIで負担してきました。しかし、設備を残すことでユーザー側にコストがかからないため、設備を残すケースが非常に多く、また再利用されることが少ないため、今後も残置される設備は増えていく見込みで、KDDI側もついに管理費用のコストがかさみ、残置対応の継続が困難になってしまったのです。

auひかりの人気の代理店はこちらから

撤去する必要があるのは仕方のないこととはいえ、ではなぜこのように3万近くもユーザー側が払わなければならないのでしょう?その点についてKDDI側では2万8,800円を「撤去にかかる際の自社で支払っている実費」としています。つまり今までは1万円がユーザー負担、残りの1万8,800円を自社で負担していたということです。

ちなみに、もし撤去を拒否する場合は、設備を残置することで発生する維持運用費相当を実費でユーザー側に請求されることなりますます。「維持運用費」とは雪や自然災害などでケーブルが垂れたりした際の保守費用やネットワーク面などでの設備維持が当てはまります。エリアによって金額が変わりますが月額99円〜577円を次の人が撤去か再利用しなければ、永久に払い続けることになります。

というわけで、KDDIは新たに撤去費用の支払いを義務としてユーザー側に請求することを決定したのです。

 

まぁ、簡単に言うと「利用者が解約した後の維持費が高額なのでユーザーに肩代わりをお願いする」といったところでしょう。

内容としては理解できますが、しかし、やはり約3万円を支払うのはイヤですよね。。

 

 

撤去費がかかる条件|そもそも全員に支払い義務は発生しない

しかし、実はauひかりを利用する全ての人が撤去費用に悩まされるわけではありません。撤去費がかかるのには「条件」があります。

2018年3月31日以降にauひかり「ホームタイプ(戸建て)」の「ホーム1ギガ」「ホーム5ギガ」「ホーム5ギガ」のいずれかに申込んだ人が対象です。

そのため、マンションタイプ(集合住宅)を契約しているユーザーは撤去費用の対象には入りません。また、引越し先でauひかりを使用する場合もこの撤去費用はかかってきません。引越し先がauひかりを契約できるエリアやマンションの場合は問題ありませんが、もしauひかりが対応していない地域だった場合は、当然ですが撤去費用はかかります。

つまり、戸建てタイプに申込むユーザーは撤去費用の支払いが義務であるという認識は間違いなさそうです。

 

 

撤去費は解約時の違約金とは別!

撤去費用だけで見ると地方のケーブルテレビを解約するときにかかってくる費用とあまり変わらない地域もあることから、大したことない、と思われる方もいますが、解約する場合は撤去費用とは別に違約金の支払いも発生する可能性があります。撤去費はあくまで「引き込み工事をしてできた設備を撤去するための費用」ですので解約金とは別のものであることを注意しておきましょう。

そもそも「auひかりホーム」は3年契約(ずっとギガ得プラン)となっています。つまり携帯と一緒で3年ごとの契約期間があり、更新月でないと解約するのには「違約金」というものが発生します。

更新月でない時期に「auひかりホーム」を解約する場合、15,000円の違約金が別途請求されます。これは場合によっては、最大43,800円の支払いをしなければauひかりを解約することができない、ということになります(15,000円+28,800円)。一度の解約に約5万円の支払いをするとなると、出費が大変ですよね。。しかし、もっと言うと、auひかりの解約に伴い、スマホに適用されていた「スマートバリュー」も自動的に廃止になります。こちらも月額としては1台最大2,000円の割引が消滅するのでスマホの料金も上がってしまいます。

 

というわけで、ここ最近では、撤去費が原因でauひかりは敬遠する・怖くて契約できない、というユーザーが増えているのが現状です。

 

 

解約時の撤去費が0円になる!?

とはいっても、auのスマホユーザーにとってauひかりがお得なことには変わりません。auスマートバリューの他にもキャッシュバックがありますからね。

「しかし、撤去費が…」という人に朗報です。撤去費を撤廃してくれる代理店が登場しました。

それが「NNコミュニケーションズ」です。

NNコミュニケーションズはauひかりを取り扱う代理店の中でも1位2位を争う人気の代理店ですが、auひかりの申込み者が減ってしまうと代理店の売上げも落ちてしまいます(代理店はauひかりの新規獲得数によってKDDIから報酬が入るため)。

というわけで、NNコミュニケーションズが身銭を切って28,800円の撤去費を補填してくれる「救済キャンペーン」を始めました。身銭を切って始めたこのキャンペーンですが、他の代理店と差別化でき、評判は上々のようです。

このキャンペーンを適用する条件は以下の2つだけです。

  • auひかりの契約時に利用するプロパイダを「BIGLOBE」にする。
  • auひかりの解約を行ってからビッグローブ光に新規申し込みをすること。

なんと、たったこれだけで約3万円もの撤去費用を支払わずに済むのです。プロパイダに特にこだわりがなければ損することは何もありません。ちなみに撤去費用相当額が補填されるのはauひかりの解約後で、ビッグローブ光の開通翌々月末に口座に入金されます。さらにこちらのキャンペーンは2023年6月30日までにauひかりとプロバイダに「BIGLOBE」の申し込みを行ったユーザーが対象となっており、キャンペーン期間も長いです。

この記事でも少し説明しましたが、引越し先でもauひかりを利用すると撤去費は負担せずに済みますが、auひかりは提供エリアが狭いので申込めないケースがあります。もちろん、その場合は撤去費が必要です。

しかし、上記のキャンペーンを利用することで、引越し先にauひかりを利用できなくてもビッグローブ光にすることで撤去費がタダになるというわけなんです。※auひかりの提供エリア外の場合はビッグローブ光に申込むのは一般的。

次の引越し先のことは考えていない人がほとんどだと思いますので、保険をかけておくという意味でもキャンペーンを利用する価値はあります。そもそも、NNコミュニケーションズはインターネット回線の代理店として顧客満足度も高い代理店ですので、失敗するとか後悔するとかはありません。安心して申し込みが行えます。

 

 

撤去費だけでなくキャッシュバックも貰える

さらに、さすが評判の良い代理店といったところで、NNコミュニケーションズでは撤去費用補填のキャンペーン以外に、キャッシュバックキャンペーンも行っています。むしろ、こちらのキャッシュバックのほうがメインのキャンペーンです。

auひかりの申込みだけでも43,000円で、auひかりに加えてひかり電話にも申込むと50,000円のキャッシュバックが貰えます。

ただし、キャッシュバックキャンペーン及び救済キャンペーンを利用する上で、一点だけ注意事項があります。もしauひかりを解約しビッグローブ光に新規申し込みをした場合は、必ず1年間は継続利用することです。そうしなければ、撤去費用の補填金額を全額返金、キャッシュバックも特典違約金として12,000円を支払わなくてはなりません。

とはいっても、1年間利用するという条件さえ守れば、これで撤去費用の不安もなくなり、キャッシュバックも受け取ることができるます。auひかりを利用することでスマホの料金もauスマートバリューでお得になるのもポイントです。

ということで、これだけメリットが多いNNコミュニケーションズはauユーザーにとってこれ以上とないお得な代理店と言えるでしょう。自信を持っておすすめします!

>>auひかり代理店NNコミュニケーションズはこちらから

 

 

auひかりの提供エリア外の場合における対処法。どのネット回線に申込むべき?

「よし!auひかりに申込もう!」と思った時によく直面するのが「自宅がauひかりの提供エリア外だった」という問題です。auひかりではこの問題が多く取り上げられ、どうしてもauひかりに申し込みたくても申し込めない人が続出しています。

auひかりの提供エリア外の場合、どのインターネット回線に申し込むべきか・どのように対処すべきかを紹介していきます。提供エリア外で悩んでいた人には是非参考にしてほしい内容になっています。

auひかりは「提供エリア外」という理由で申込めない場合が多い

auひかりを契約するメリットは主に以下の3つがあります。

  1. 最大10Gbpsもしくは5Gbpsの速度プランがある(エリアによる)
  2. 月額料金は5,100円(戸建て)、3,800円(マンション)でフレッツ光よりも安い
  3. auスマートバリューが受けられる(スマホとのセットで安くなる割引)

特に、auひかりは他社の回線とは違い、戸建住宅向けのホームタイプ限定で最大通信速度が5Gbpsの「auひかりホームV5ギガ」と、最大通信速度が10Gbpsの「auひかりホームV10ギガ」という高速通信を提供しています。利用者からも速いと評判です。

ただし、「auひかりホームV5ギガ」と「auひかりホームV10ギガ」を利用できるのは戸建住宅のみとなっていて、さらに利用できるエリアは「東京都」「神奈川県」「埼玉県」「千葉県」の一部エリアのみとなっているため、非常に限られたエリアでのみ利用できるということになります。この点に関しては今後のサービス拡大に期待したいところです。

あと、単純に「料金が安い」ということも特徴です。スマホとセットで利用することでスマホ1台あたり約1,000円の割引になります。

以上のようなメリットがあり、auひかりに契約しようとする人が多くいますが、その申込み者の中には「自分の住んでいる地域がauひかりの提供エリア外」だったことが原因で仕方なく申込みを断念する人が多いのも事実です。これはauひかりの唯一の弱点であり、最大の弱点であると言っても過言ではありません。

提供エリア外の多い背景には、「フレッツ光のように全国的に回線が整備されていないこと」や「他社回線と競合しないため、意図的にauひかりを提供していないこと」が挙げられます。

例えば、他社と競合しない例として、auひかりではKDDIと密接な関係を持つ関西エリアの「eo光」と東海エリアの「コミュファ光」とは競合していません。ですので、関西エリアと東海エリアで戸建住宅向け(ホームタイプ)の契約をすることができません。※マンションタイプは申込めます。

このような例からauひかりは提供エリア外であることが多いため、auひかりを申込みたくても申込めないという方が多く存在します。auひかりは評判も良いインターネット回線であるだけに、もう少し頑張ってほしいところです。

 

しかし、auひかりを利用できないからといって悲観的になることはありません。というのも、実はauひかりに取って代わる回線が一つだけあるからです。

 

 

auひかり以外のネット回線ではビッグローブ光がおすすめ

auひかりを申込みたくても申込めないという方におすすめなのがビッグローブ光です。

ビッグローブはauひかりを提供しているKDDIのグループ企業であるためauひかりとの親和性が高いです。その理由として、auひかりで実施している様々なサービスやキャンペーンにも対応しています。

 

auスマートバリューを利用することができる

実際にビッグローブ光では「auスマートバリュー」という割引サービスを利用できます。この割引はauひかり&ひかり電話&auスマホを利用することで、auスマホの月額料金が2年間最大毎月2,000円割引されるサービスのこと(下図参照)。

本来はauひかりだけで行われている割引サービスですが、ビッグローブ光なら適用することが可能となっています。割引額はスマホの契約プランによって変動します。下記でチェックしてみてください。

スマホの契約プラン 割引額
ピタットプラン※1 1GBまで(シンプルのみ) 割引対象外
2GBまで(全電話プラン対象) 永年500円/月
2GB~20GBまで(全電話プラン対象) 永年1,000円/月
フラットプラン20/30 永年1,000円/月
フラットプラン 25Netflixパック 永年1,000円/月
データ定額5/20 2年間1,410円/月

3年目以降934円/月

データ定額30 2年間2,000円/月

3年目以降934円/月

※1ピタットプランの注意点:契約する電話プラン(「シンプル」「カケホ」「スーパーカケホ」)によって割引額が変わる唯一の契約プラン。利用データが1GB未満でシンプルを契約している人は割引の対象外。

従量課金制のピタットプランの場合、1ヶ月あたりに使ったデータ量が1GBを超えると500円の割引となります。また2GBを超えると1ヶ月あたり1,000円の割引となります。最大の割引額である2,000円/月の割引を受け取るためには「データ定額30」を契約する必要があります。

また、auのフラットプランやピタットプランも割引を適用することが出来ます。ピタットプランでも使用するデータ量が1GB未満の場合は割引の対象外となり、使用するデータ容量や契約するデータ容量が大きくなるにつれて割引額も高額となります。

auスマートバリューはビッグローブ光を利用している家族全員(契約端末全部)が割引の対象となるため、ご家族でauのスマホを利用している方にとってかなりお得です。

ちなみに、auにはauスマートバリューという割引サービスがあるようにソフトバンクには「おうち割光セット」という割引サービスがあります。「おうち割光セット」ではご自宅のインターネット光回線とソフトバンクのスマホを併用することでソフトバンクのスマホの月額料金から永年毎月1,000円の割引がされるようになっています。

auでもソフトバンクでもおおよそ1,000円の割引を行っているため、ソフトバンクのスマホを使っている方はソフトバンク光を契約した方がお得です。

 

月額料金もほぼ同額でお手頃

月額料金に関してもビッグローブ光はauひかりと比較して、それほど変わりはありません。

ファミリータイプ(戸建住宅向けプラン) マンションタイプ(集合住宅向けプラン)
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
auひかり 5,100円 3,800円

※ビッグローブ光とauひかりの最低利用期間は3年間。ただし、auひかりのマンションタイプのみ2年契約。

>>auスマートバリューが適用可能なビッグローブ光の申込みはこちら

 

 

auスマートバリューの条件である「ひかり電話」は通話料が安い

auスマートバリューを適用するためにはご自宅の固定電話サービスである「ひかり電話」を同時に契約する必要があります。

これまで一般加入電話を利用していた方はひかり電話への移行が必要となりますが、従来の電話機を新しい電話機に買い換える必要がなく、さらに電話番号も変更することなくそのまま利用することが可能です。

ご自宅の環境や利用状況によっては別途工事費が発生する場合もあります。この点に関しては現場判断となるため、事前にどれくらいの工事費が必要なのかは不鮮明となっていますが、多くの場合はそのままひかり電話に移行することが可能です。

ひかり電話は基本料金が月額500円となっていて、さらに通話料金が一般加入電話に比べてかなりお安くなっています。

一般加入電話では日本国内の通話でも通話をするエリアによって通話料金が細かく異なっていました。ですが、ひかり電話であれば3分あたり8円という一律の料金で日本全国の固定電話と通話をすることが可能となります。

ひかり電話は電話回線ではなく光ファイバーを利用しているため一般加入電話に比べて音声もよりクリアに聞こえるようになります。通話の品質が向上してさらに通話料金や基本料金がお安くなる「ひかり電話」は、auスマートバリューを抜きにしても移行を検討した方が良いサービスです。

 

 

ビッグローブ光は「auスマートバリュー」もしくは「auセット割」のどちらかを選べる

さらにビッグローブ光では、インターネット回線とauのスマホやガラケーやタブレットといったauのモバイル回線を併用することで「auセット割」という割引サービスも適用できます。

「auセット割」ではビッグローブ光の月額料金が最大1,200円割引されるようになっていて、auスマホ側でデータ定額5GB/8GB/10GB/13GB/20GB/30GBを利用している場合は大容量プランとみなされて毎月1,200円の割引、ピタットプランやフラットプランを利用している場合は契約している容量が20GBや30GBであっても低容量プランとみなされて毎月500円の割引となります。

auセット割なら「ひかり電話」の契約を行う必要がありません。しかしながらauスマートバリューとの併用は出来ないため、auスマホでピタットプランやフラットプランを利用していたり固定電話を利用していたりするご家族の場合はauスマートバリュー、一人暮らしで固定電話を持っていなかったりauのデータ定額プランを利用していたりする場合はauセット割がおすすめです。

こうした、auのスマホとの併用で割引となる「auスマートバリュー」「auセット割」を適用できる点はビッグローブ光の大きな特徴です。

 

ビッグローブ光はNNコミュニケーションズで申込むのがオススメ

ビッグローブ光の申込みを行えるのは、公式サイトだけでなくネット代理店からも申込むことが可能です。公式サイトではなくネット代理店から申込みを行うメリットとして「ネット代理店オリジナルのキャンペーンを適用できる」といったメリットがあります。

選ぶネット代理店によっては高額なキャッシュバックキャンペーンを行っていたりルーターがもらえるキャンペーンを行っていたりします。そういったネット代理店の中でも特に人気があるのが「NNコミュニケーションズ」というネット代理店です。

NNコミュニケーションズオリジナルのキャンペーンとして特典Aと特典Bの2種類を展開していて、特典Aでは25,000円のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。また特典Bでは10,000円のキャッシュバックとIPv6プラスに対応した高速無線LANルーターを受け取ることが出来ます。

IPv6プラスとは、回線帯域が混雑していなくて安定してスムーズに通信を行えるという次世代の通信方式です。どちらかお好きな方を選択できるようになっているため、まだご自宅に無線LANルーターが無いという方やお使いの無線LANルーターが3年以上前のモデルだという方は高速無線LANルーターがもらえる特典Bがおすすめです。

ビッグローブ光(NNコミュニケーションズ)のキャンペーン

どちらも申請方法や条件は同じとなっています。申請方法に関しては、ビッグローブ光にwebサイトから申込んだ後に電話がかかってくるのでキャッシュバックを受け取るための振込み口座を言うだけです。そのため、申請漏れやキャッシュバックのもらい忘れといったリスクがありません。

このキャッシュバックはビッグローブ光を開通した月の翌々月末に現金で振り込まれます。高速無線LANルーターに関しては、ビッグローブ光の開通工事確認後1週間程度でご自宅に郵送されます。キャンペーンの適用条件としては特に難しい条件はなく「12ヶ月間の継続利用のお願い」だけとなっていて、有料のオプションサービスや不要なオプションサービスへの加入を行う必要が一切ありません。

NNコミュニケーションズからの申込みであっても、もちろんビッグローブ光の公式キャンペーンを適用できます。ビッグローブ光では現在初期工事費割引キャンペーンを行っていて、一定期間毎月月額料金から割引されます(下記、参照)。

住宅タイプ 工事費の割引額 割引期間
ファミリータイプ 750円/月 40ヶ月間
マンションタイプ 650円/月 40ヶ月間

NNコミュニケーションズはキャッシュバックの金額が高く、申請方法も簡単です。おそらくビッグローブ光をお得に、安心に申込むのであれば、国内の代理店でトップなのではないでしょうか。筆者はそう思います。

 

 

まとめ

現在、auのスマホを利用しているユーザーにとってauひかりに申込めないというのは「auスマートバリュー」という割引サービスを適用できないということになるため致命的です。ですが、ビッグローブ光ならauスマートバリューを申込むことができるためお得な部分は代用できます。

特にauでは、2018年秋冬モデルとして「Galaxy Note 9」や「Xperia XZ3」といったNEWハイスペックモデルのスマホを投入していますが、ハイスペックモデルのスマホを使うとなると、本体代金を分割にしたとき月々の本体代金が高額になります。しかし、ビッグローブ光を契約してauスマートバリューを適用すればauスマホの月額料金を抑えることができます。

また、ビッグローブ光を申込むのであればNNコミュニケーションズというネット代理店から申込むのがおすすめです。お得なキャッシュバックキャンペーン(最大25,000円)を適用できたり、高速無線LANルーターをもらえたりとキャンペーンの幅が広い上に、申請方法も簡単でかつ難しい条件も特に無いためまさにおすすめのネット代理店と言えます。

>>ビッグローブ光のキャンペーン内容を確認する