auひかりの撤去費28,800円が0円に!?解約を心配せずに申込める裏ワザとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年3月以降にauひかりを契約したユーザーは解約時に設備の撤去費を2万8,800円を支払うことが必須となり、これがネットで話題になっているようです。

この撤去費のせいで昨今のauひかりの申込み者が減っていることも事実。。

確かにそうですよね、2年縛りや3年縛りの契約をしておいて、更新月に解約して違約金はかからないというのに、撤去費という3万弱が無条件に請求されるなんて非常にイヤな気分です。

しかし、心配することはありません。この憎たらしい撤去費を0円にできる方法があるのです。※タイトルには「裏ワザ」と記載していますが、実際には「裏ワザ」といよりも「正式な方法」での申込みになるので安心してください。

auひかりを解約する際の撤去費用が必須に!背景に何があった?

2018年2月までにauひかりに契約したユーザーは解約する際にauひかり関連の設備を残すかどうかを選べて、その場合は撤去費は発生しませんでした。※もし、撤去する場合は費用は1万円。

しかし、2018年3月以降に契約したユーザーは設備を残すことが選べず、撤去費も約3万円の支払い義務が発生することになったのです。

では、なぜこのように支払わなければならなくなったのでしょうか?

その背景にはKDDIの設備の維持管理に原因があります。

auひかりを解約する際に関連設備を残す場合、次に撤去もしくは再利用されるまでの間、設備の保守管理に必要な費用をKDDIで負担してきました。しかし、設備を残すことでユーザー側にコストがかからないため、設備を残すケースが非常に多く、また再利用されることが少ないため、今後も残置される設備は増えていく見込みで、KDDI側もついに管理費用のコストがかさみ、残置対応の継続が困難になってしまったのです。

auひかりの人気の代理店はこちらから

撤去する必要があるのは仕方のないこととはいえ、ではなぜこのように3万近くもユーザー側が払わなければならないのでしょう?その点についてKDDI側では2万8,800円を「撤去にかかる際の自社で支払っている実費」としています。つまり今までは1万円がユーザー負担、残りの1万8,800円を自社で負担していたということです。

ちなみに、もし撤去を拒否する場合は、設備を残置することで発生する維持運用費相当を実費でユーザー側に請求されることなりますます。「維持運用費」とは雪や自然災害などでケーブルが垂れたりした際の保守費用やネットワーク面などでの設備維持が当てはまります。エリアによって金額が変わりますが月額99円〜577円を次の人が撤去か再利用しなければ、永久に払い続けることになります。

というわけで、KDDIは新たに撤去費用の支払いを義務としてユーザー側に請求することを決定したのです。

 

まぁ、簡単に言うと「利用者が解約した後の維持費が高額なのでユーザーに肩代わりをお願いする」といったところでしょう。

内容としては理解できますが、しかし、やはり約3万円を支払うのはイヤですよね。。

 

 

撤去費がかかる条件|そもそも全員に支払い義務は発生しない

しかし、実はauひかりを利用する全ての人が撤去費用に悩まされるわけではありません。撤去費がかかるのには「条件」があります。

2018年3月31日以降にauひかり「ホームタイプ(戸建て)」の「ホーム1ギガ」「ホーム5ギガ」「ホーム5ギガ」のいずれかに申込んだ人が対象です。

そのため、マンションタイプ(集合住宅)を契約しているユーザーは撤去費用の対象には入りません。また、引越し先でauひかりを使用する場合もこの撤去費用はかかってきません。引越し先がauひかりを契約できるエリアやマンションの場合は問題ありませんが、もしauひかりが対応していない地域だった場合は、当然ですが撤去費用はかかります。

つまり、戸建てタイプに申込むユーザーは撤去費用の支払いが義務であるという認識は間違いなさそうです。

 

 

撤去費は解約時の違約金とは別!

撤去費用だけで見ると地方のケーブルテレビを解約するときにかかってくる費用とあまり変わらない地域もあることから、大したことない、と思われる方もいますが、解約する場合は撤去費用とは別に違約金の支払いも発生する可能性があります。撤去費はあくまで「引き込み工事をしてできた設備を撤去するための費用」ですので解約金とは別のものであることを注意しておきましょう。

そもそも「auひかりホーム」は3年契約(ずっとギガ得プラン)となっています。つまり携帯と一緒で3年ごとの契約期間があり、更新月でないと解約するのには「違約金」というものが発生します。

更新月でない時期に「auひかりホーム」を解約する場合、15,000円の違約金が別途請求されます。これは場合によっては、最大43,800円の支払いをしなければauひかりを解約することができない、ということになります(15,000円+28,800円)。一度の解約に約5万円の支払いをするとなると、出費が大変ですよね。。しかし、もっと言うと、auひかりの解約に伴い、スマホに適用されていた「スマートバリュー」も自動的に廃止になります。こちらも月額としては1台最大2,000円の割引が消滅するのでスマホの料金も上がってしまいます。

 

というわけで、ここ最近では、撤去費が原因でauひかりは敬遠する・怖くて契約できない、というユーザーが増えているのが現状です。

 

 

解約時の撤去費が0円になる!?

とはいっても、auのスマホユーザーにとってauひかりがお得なことには変わりません。auスマートバリューの他にもキャッシュバックがありますからね。

「しかし、撤去費が…」という人に朗報です。撤去費を撤廃してくれる代理店が登場しました。

それが「NNコミュニケーションズ」です。

NNコミュニケーションズはauひかりを取り扱う代理店の中でも1位2位を争う人気の代理店ですが、auひかりの申込み者が減ってしまうと代理店の売上げも落ちてしまいます(代理店はauひかりの新規獲得数によってKDDIから報酬が入るため)。

というわけで、NNコミュニケーションズが身銭を切って28,800円の撤去費を補填してくれる「救済キャンペーン」を始めました。身銭を切って始めたこのキャンペーンですが、他の代理店と差別化でき、評判は上々のようです。

このキャンペーンを適用する条件は以下の2つだけです。

  • auひかりの契約時に利用するプロパイダを「BIGLOBE」にする。
  • auひかりの解約を行ってからビッグローブ光に新規申し込みをすること。

なんと、たったこれだけで約3万円もの撤去費用を支払わずに済むのです。プロパイダに特にこだわりがなければ損することは何もありません。ちなみに撤去費用相当額が補填されるのはauひかりの解約後で、ビッグローブ光の開通翌々月末に口座に入金されます。さらにこちらのキャンペーンは2023年6月30日までにauひかりとプロバイダに「BIGLOBE」の申し込みを行ったユーザーが対象となっており、キャンペーン期間も長いです。

この記事でも少し説明しましたが、引越し先でもauひかりを利用すると撤去費は負担せずに済みますが、auひかりは提供エリアが狭いので申込めないケースがあります。もちろん、その場合は撤去費が必要です。

しかし、上記のキャンペーンを利用することで、引越し先にauひかりを利用できなくてもビッグローブ光にすることで撤去費がタダになるというわけなんです。※auひかりの提供エリア外の場合はビッグローブ光に申込むのは一般的。

次の引越し先のことは考えていない人がほとんどだと思いますので、保険をかけておくという意味でもキャンペーンを利用する価値はあります。そもそも、NNコミュニケーションズはインターネット回線の代理店として顧客満足度も高い代理店ですので、失敗するとか後悔するとかはありません。安心して申し込みが行えます。

 

 

撤去費だけでなくキャッシュバックも貰える

さらに、さすが評判の良い代理店といったところで、NNコミュニケーションズでは撤去費用補填のキャンペーン以外に、キャッシュバックキャンペーンも行っています。むしろ、こちらのキャッシュバックのほうがメインのキャンペーンです。

auひかりの申込みだけでも43,000円で、auひかりに加えてひかり電話にも申込むと50,000円のキャッシュバックが貰えます。

ただし、キャッシュバックキャンペーン及び救済キャンペーンを利用する上で、一点だけ注意事項があります。もしauひかりを解約しビッグローブ光に新規申し込みをした場合は、必ず1年間は継続利用することです。そうしなければ、撤去費用の補填金額を全額返金、キャッシュバックも特典違約金として12,000円を支払わなくてはなりません。

とはいっても、1年間利用するという条件さえ守れば、これで撤去費用の不安もなくなり、キャッシュバックも受け取ることができるます。auひかりを利用することでスマホの料金もauスマートバリューでお得になるのもポイントです。

ということで、これだけメリットが多いNNコミュニケーションズはauユーザーにとってこれ以上とないお得な代理店と言えるでしょう。自信を持っておすすめします!

>>auひかり代理店NNコミュニケーションズはこちらから

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。