GMOとくとくBBがauひかりプロバイダに新規参入。ビッグローブやSo-netよりも良い噂が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家にネット回線を引くのであれば、いま使っているスマホや携帯のキャリアに合わせて光回線を選びましょう。auユーザーであればauひかりにすると、毎月の携帯代が割引されるなどの相互作用があるのでおすすめですよ。

例えば、auユーザーがauひかりを使うと、auスマートバリューが適用することができます。適用には諸条件がありますが、1台で最大2,000円の割引があります。

しかし最大2,000円の割引を受けるには、大容量プランに加入していることが条件のため、その恩恵を受ける人は少ないです。一般的には1,200円の割引になるのが普通でしょう。

この月額料金の割引は、家族単位で契約をしている世帯なら、4人×1,200円で4,800円の割引になるので、大幅な通信費の節約になります。

同様にソフトバンクの携帯・スマホを利用しているならば、ソフトバンク光を申し込むことでおうち割という割引の適用ができます。おうち割は、auスマートバリューのソフトバンク版といったところです。割引される金額もほぼ同じです。

ちなみに、おうち割はソフトバンク光だけでなく、NURO光でも適用できる所がポイントです。つまりソフトバンクの携帯・スマホと、NURO光の組み合わせでも割引が可能ということです。

ドコモについても触れておきますが、ドコモユーザーもドコモ光にすると、月額料金が安くなる「セット割」が存在します。ただドコモ光の割引制度は少しややこしく、説明が難しいところがドコモの不人気の理由でしょう。

話が長くなってしまいましたが、要はauユーザーであれば、家のネットもauひかりを選ぶと間違いありません。それは、ここまで説明してきたauスマートバリューなどの割引の話に限らず、契約したときに貰えるキャッシュバックなどのキャンペーンも充実しているからなんです。そして、ここからはプロバイダの選択が大事なところなので、auのプロバイダについて把握できるように説明していきますね。

auひかりのプロバイダについて

auひかりというのはただの回線なので、ネットに接続する役割であるプロバイダとの契約が必要になります。auひかりでは今まで7種類のプロバイダから好きなプロバイダを自由に選ぶことができました。ちなみに、プロバイダによって通信速度やお客様サポートなど微妙に「レベルが違う」ので、決して軽はずみで選ばないようにしましょう。

プロバイダの一覧はこちらです。

@nifty
@T COM
ASAHIネット
au one net
BIGLOBE
DTI
So-net
(ホーム10ギガ・5ギガではASAHIネットは選択できません)

さて、結論からいうと、auのプロバイダにはビッグローブがおすすめです。ニフティや朝日ネットなどは、特に長所がないと言っても過言ではありません。

 

新規参入してきたGMOとくとくBBについて

最近8つ目のプロバイダとして新規参入してきたのが、GMOとくとくBBです。auひかりは今までプロバイダ7つに絞っていましたが、それは7社に絞ることでプロバイダ業社の監視に目を光らせることができたからです。※ドコモ光は20社以上もプロバイダがあり、訳のわからない状態が続いています。

auひかりではビッグローブとSo-netが人気なので、特にプロバイダに関しては問題がなかったのですが、わざわざGMOをauひかりの公認プロバイダにしたのは、ビジネス的な意図があったからなのでしょう。

 

GMOはプロバイダ業だけじゃない

GMOは多方面で活躍しており、決済作業や広告業、金融事業やモバイルゲームなどを含め圧倒的な実績があります。ニフティや朝日ネット、DTIなどの弱っちいプロバイダは吹き飛ばされています。auひかりに関しては、今までのビッグローブ・So-netの二大巨頭に無理やり入ってきたという感じです。

 

GMOが参入するメリット

GMOがauひかりのプロバイダに参入することで、auにもメリットが生まれました。人気のプロバイダが2つから3つになることで、ユーザーにも選択肢が増えます。

「利用者が選べる=優秀なサービス」というイメージを出したかった意図もあるかもしれません。

本質的な理由は分かりませんが、GMOも法人営業が強いので、au側になんだかんだ理由をプレゼンして参入してきたのでしょう。ともかく、既存のビッグローブなどには脅威です。

 

GMOは他社と何が違う?

サービス全般に限っては、ビッグローブと内容は同じです。お客様対応や通信品質などは一緒と考えて構いません。ではGMOとビッグローブでは何が違うのかというと、それはキャッシュバックなどのキャンペーン内容にあります。

 

GMOのキャッシュバックキャンペーン

GMOではauひかりを申し込むと、最大6万円キャッシュバックを行っています。その内容は以下のような感じです。

  • GMOとくとくBBサイト限定:最大30,000円キャッシュバック
  • au新スタートサポート:乗り換えの人に、他社違約金を30,000円まで負担する

au公式の特典は、どこで契約してもauひかりに乗り換えるのであれば適用されるので、今回はGMO限定で行っている独自のキャンペーンについて詳しく説明します。

 

GMOとくとくBBサイト限定:最大30,000円キャッシュバック

最大30,000円が貰える特典内容について、条件などを詳しくみていきましょう。

 

ホーム:

auひかり電話あり auひかり電話なし
ずっとギガ得プラン
(3年契約)
30,000円キャッシュバック 20,000円キャッシュバック
ギガ得プラン
(2年契約)
30,000円キャッシュバック 20,000円キャッシュバック
標準プラン 10,000円キャッシュバック 無し

 

マンション:

auひかり電話あり auひかり電話なし
お得プラン
(2年契約)
30,000円キャッシュバック 20,000円キャッシュバック
お得プランA
(2年契約)
30,000円キャッシュバック 20,000円キャッシュバック
標準プラン 10,000円キャッシュバック なし

最大額の30,000円のキャッシュバックを受け取るには、ホームタイプでもマンションタイプでも、ネットとauひかり電話を同時に申し込まないとゲットできません。

もしauひかり電話の契約は必要ないということであれば20,000円で、標準プランでauひかり電話も要らないのであれば、キャッシュバック自体がありません。

キャッシュバックが適用される条件としては、GMOとくとくBB指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了した場合に限るとなっています。

では次に、そのキャッシュバックの申請方法や受取方法、注意することも確認しておきましょう。

 

キャッシュバックの申請までの流れ

  1. キャンペーン期間中に、GMOサイトから申し込む。
  2. 申し込み月を含む11カ月と23カ月目に、GMO入会時に登録したメールアドレスに案内が送信される。
  3. キャッシュバック案内のメールが届いたら、振込みしてもらう口座情報を確認する。
  4. キャッシュバック案内に返信をした翌月末日(営業日)に、指定した口座に入金される

キャッシュバックの案内メールは、普段利用しているメールアドレスではなく、GMOとくとくBBに入会したときに作られるアドレス宛です。そのため案内メールを見逃さないように気を付ける必要があります。

 

注意事項

  • キャッシュバック特典を受けとる時期に解約をしていたら適用外です。
  • キャッシュバックは2回に分けて振り込まれます。

例:ホーム ずっとギガ得プランとauひかり電話を契約した場合
1回目:15,000円キャッシュバック(申し込みから11カ月目)
2回目:15,000円キャッシュバック(申し込みから23カ月目)

キャッシュバックの受け取りの詳細は、キャッシュバック特典の振込に関する案内メールで確認をしてください。

キャッシュバックを全て受け取るまでに、2年ほど掛かります。案内メールを見逃さない事、それから辛抱強く長期間待つ必要がありますね。

 

特典が無効になる例

  • 申し込んだauひかり回線を期限までに開通しなかった場合
  • 特典対象サービスの変更・解約をした場合
  • 料金未納によりサービスが一時停止・または強制解約となった場合
  • 指定口座確認の案内メール送信日から、翌月末日までに返信をしなかったり、口座情報に不備があった場合
  • その他、GMOとくとくBBが対応困難と認めた場合

期日までにキャッシュバックの案内に返信をしても、口座情報に不備があると無効になります。また、全てのキャッシュバックを受けとるのに2年掛かりますが、その間は解約はもちろんサービスの変更もできません。

GMOは大手ですし、ビッグローブとサービス内容や通信品質などは同じと書きましたが、キャンペーンの点に注目すると、ビッグローブの方がおすすめです。

 

BIGLOBE独自のキャンペーンと比較

ビッグローブではauひかりを申し込むと、2つの特典から選ぶことができます。

特典A 合計50,000円キャッシュバック(オプションなしでOK)
特典B 2年間 月額割引を割引

ビッグローブの50,000円のキャッシュバックは大きいですが、実は受けとりに関してはGMOと同じで、2回に分けられています。期間も同じで11カ月目に30,000円、24カ月目に20,000円です。

しかし、オプションをつける必要はないですし、何より金額がGMOより高額です。

特典Bでは月額料金が安くなります。ホームタイプずっとギガ得プランであれば毎月5,600円の支払いですが、特典Bを選ぶと月々4,900円になります。特典Aを選ぶより60カ月間お得が続きます。
(1カ月目~11カ月目まで825円、12カ月目~23カ月目まで725円、24カ月目~60カ月目まで625円が毎月値引きされる)

サービス内容や品質が同じであれば、少しでもお得な方を選びたくなるはずです。au公式特典はどこで申し込んでも条件に合えば適用されるので、こういったプロバイダ独自のキャンペーン内容を比較することも大切です。

もしもっと簡単に高額なキャッシュバックが欲しいという人がいれば、NNコミュニケーションズという選択肢もあります。NNコミュニケーションズはプロバイダではなく、auひかりの契約ができる窓口ですが、お得に申し込みができます。

NNコミュニケーションズからauひかりと電話の申し込みをすると最大52,000円のキャッシュバックがあり、開通後は最短2カ月で全額が振り込まれます。

NNコミュニケーションズのサイトはコチラ

 

まとめ

auユーザーであれば、家のネット回線もauひかりにするとお得になります。しかし、auひかりとは回線のことなので、ネットを接続するプロバイダとの契約も必要です。

auひかりは8つのプロバイダから自由に選択ができます。プロバイダによってお客様サービスや通信品質が変わるので、しっかりと選びましょう。

プロバイダにはGMOという大手企業が参入してきましたが、auひかりのプロバイダならビッグローブにするのがおすすめです。

GMOとビッグローブはサービス内容や品質は同じですが、キャンペーンに違いがあります。

GMO独自のキャンペーンは最大3万円で、11カ月目に1万5千円、23カ月目に1万5千円という風に、2回に分けて振り込まれます。

ビッグローブも同じように2回に分けて振り込まれますが、11カ月目に3万円、23カ月目に2万円と金額が大きいです。また、不要なオプション指定もなく、月額料金の割引特典かキャッシュバックか好きな特典を選ぶことができます。

選択するプロバイダによってキャッシュバック内容が違ったり、サービス内容、お客様対応などが変わってくるので、auひかりが使えるならどのプロバイダでもいいと適当に選ばないようにしましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。