auひかり

auひかりの撤去費28,800円が0円に!?解約を心配せずに申込める裏ワザとは

2018年3月以降にauひかりを契約したユーザーは解約時に設備の撤去費を2万8,800円を支払うことが必須となり、これがネットで話題になっているようです。

この撤去費のせいで昨今のauひかりの申込み者が減っていることも事実。。

確かにそうですよね、2年縛りや3年縛りの契約をしておいて、更新月に解約して違約金はかからないというのに、撤去費という3万弱が無条件に請求されるなんて非常にイヤな気分です。

しかし、心配することはありません。この憎たらしい撤去費を0円にできる方法があるのです。※タイトルには「裏ワザ」と記載していますが、実際には「裏ワザ」といよりも「正式な方法」での申込みになるので安心してください。

auひかりを解約する際の撤去費用が必須に!背景に何があった?

2018年2月までにauひかりに契約したユーザーは解約する際にauひかり関連の設備を残すかどうかを選べて、その場合は撤去費は発生しませんでした。※もし、撤去する場合は費用は1万円。

しかし、2018年3月以降に契約したユーザーは設備を残すことが選べず、撤去費も約3万円の支払い義務が発生することになったのです。

では、なぜこのように支払わなければならなくなったのでしょうか?

その背景にはKDDIの設備の維持管理に原因があります。

auひかりを解約する際に関連設備を残す場合、次に撤去もしくは再利用されるまでの間、設備の保守管理に必要な費用をKDDIで負担してきました。しかし、設備を残すことでユーザー側にコストがかからないため、設備を残すケースが非常に多く、また再利用されることが少ないため、今後も残置される設備は増えていく見込みで、KDDI側もついに管理費用のコストがかさみ、残置対応の継続が困難になってしまったのです。

auひかりの人気の代理店はこちらから

撤去する必要があるのは仕方のないこととはいえ、ではなぜこのように3万近くもユーザー側が払わなければならないのでしょう?その点についてKDDI側では2万8,800円を「撤去にかかる際の自社で支払っている実費」としています。つまり今までは1万円がユーザー負担、残りの1万8,800円を自社で負担していたということです。

ちなみに、もし撤去を拒否する場合は、設備を残置することで発生する維持運用費相当を実費でユーザー側に請求されることなりますます。「維持運用費」とは雪や自然災害などでケーブルが垂れたりした際の保守費用やネットワーク面などでの設備維持が当てはまります。エリアによって金額が変わりますが月額99円〜577円を次の人が撤去か再利用しなければ、永久に払い続けることになります。

というわけで、KDDIは新たに撤去費用の支払いを義務としてユーザー側に請求することを決定したのです。

 

まぁ、簡単に言うと「利用者が解約した後の維持費が高額なのでユーザーに肩代わりをお願いする」といったところでしょう。

内容としては理解できますが、しかし、やはり約3万円を支払うのはイヤですよね。。

 

 

撤去費がかかる条件|そもそも全員に支払い義務は発生しない

しかし、実はauひかりを利用する全ての人が撤去費用に悩まされるわけではありません。撤去費がかかるのには「条件」があります。

2018年3月31日以降にauひかり「ホームタイプ(戸建て)」の「ホーム1ギガ」「ホーム5ギガ」「ホーム5ギガ」のいずれかに申込んだ人が対象です。

そのため、マンションタイプ(集合住宅)を契約しているユーザーは撤去費用の対象には入りません。また、引越し先でauひかりを使用する場合もこの撤去費用はかかってきません。引越し先がauひかりを契約できるエリアやマンションの場合は問題ありませんが、もしauひかりが対応していない地域だった場合は、当然ですが撤去費用はかかります。

つまり、戸建てタイプに申込むユーザーは撤去費用の支払いが義務であるという認識は間違いなさそうです。

 

 

撤去費は解約時の違約金とは別!

撤去費用だけで見ると地方のケーブルテレビを解約するときにかかってくる費用とあまり変わらない地域もあることから、大したことない、と思われる方もいますが、解約する場合は撤去費用とは別に違約金の支払いも発生する可能性があります。撤去費はあくまで「引き込み工事をしてできた設備を撤去するための費用」ですので解約金とは別のものであることを注意しておきましょう。

そもそも「auひかりホーム」は3年契約(ずっとギガ得プラン)となっています。つまり携帯と一緒で3年ごとの契約期間があり、更新月でないと解約するのには「違約金」というものが発生します。

更新月でない時期に「auひかりホーム」を解約する場合、15,000円の違約金が別途請求されます。これは場合によっては、最大43,800円の支払いをしなければauひかりを解約することができない、ということになります(15,000円+28,800円)。一度の解約に約5万円の支払いをするとなると、出費が大変ですよね。。しかし、もっと言うと、auひかりの解約に伴い、スマホに適用されていた「スマートバリュー」も自動的に廃止になります。こちらも月額としては1台最大2,000円の割引が消滅するのでスマホの料金も上がってしまいます。

 

というわけで、ここ最近では、撤去費が原因でauひかりは敬遠する・怖くて契約できない、というユーザーが増えているのが現状です。

 

 

解約時の撤去費が0円になる!?

とはいっても、auのスマホユーザーにとってauひかりがお得なことには変わりません。auスマートバリューの他にもキャッシュバックがありますからね。

「しかし、撤去費が…」という人に朗報です。撤去費を撤廃してくれる代理店が登場しました。

それが「NNコミュニケーションズ」です。

NNコミュニケーションズはauひかりを取り扱う代理店の中でも1位2位を争う人気の代理店ですが、auひかりの申込み者が減ってしまうと代理店の売上げも落ちてしまいます(代理店はauひかりの新規獲得数によってKDDIから報酬が入るため)。

というわけで、NNコミュニケーションズが身銭を切って28,800円の撤去費を補填してくれる「救済キャンペーン」を始めました。身銭を切って始めたこのキャンペーンですが、他の代理店と差別化でき、評判は上々のようです。

このキャンペーンを適用する条件は以下の2つだけです。

  • auひかりの契約時に利用するプロパイダを「BIGLOBE」にする。
  • auひかりの解約を行ってからビッグローブ光に新規申し込みをすること。

なんと、たったこれだけで約3万円もの撤去費用を支払わずに済むのです。プロパイダに特にこだわりがなければ損することは何もありません。ちなみに撤去費用相当額が補填されるのはauひかりの解約後で、ビッグローブ光の開通翌々月末に口座に入金されます。さらにこちらのキャンペーンは2023年6月30日までにauひかりとプロバイダに「BIGLOBE」の申し込みを行ったユーザーが対象となっており、キャンペーン期間も長いです。

この記事でも少し説明しましたが、引越し先でもauひかりを利用すると撤去費は負担せずに済みますが、auひかりは提供エリアが狭いので申込めないケースがあります。もちろん、その場合は撤去費が必要です。

しかし、上記のキャンペーンを利用することで、引越し先にauひかりを利用できなくてもビッグローブ光にすることで撤去費がタダになるというわけなんです。※auひかりの提供エリア外の場合はビッグローブ光に申込むのは一般的。

次の引越し先のことは考えていない人がほとんどだと思いますので、保険をかけておくという意味でもキャンペーンを利用する価値はあります。そもそも、NNコミュニケーションズはインターネット回線の代理店として顧客満足度も高い代理店ですので、失敗するとか後悔するとかはありません。安心して申し込みが行えます。

 

 

撤去費だけでなくキャッシュバックも貰える

さらに、さすが評判の良い代理店といったところで、NNコミュニケーションズでは撤去費用補填のキャンペーン以外に、キャッシュバックキャンペーンも行っています。むしろ、こちらのキャッシュバックのほうがメインのキャンペーンです。

auひかりの申込みだけでも43,000円で、auひかりに加えてひかり電話にも申込むと50,000円のキャッシュバックが貰えます。

ただし、キャッシュバックキャンペーン及び救済キャンペーンを利用する上で、一点だけ注意事項があります。もしauひかりを解約しビッグローブ光に新規申し込みをした場合は、必ず1年間は継続利用することです。そうしなければ、撤去費用の補填金額を全額返金、キャッシュバックも特典違約金として12,000円を支払わなくてはなりません。

とはいっても、1年間利用するという条件さえ守れば、これで撤去費用の不安もなくなり、キャッシュバックも受け取ることができるます。auひかりを利用することでスマホの料金もauスマートバリューでお得になるのもポイントです。

ということで、これだけメリットが多いNNコミュニケーションズはauユーザーにとってこれ以上とないお得な代理店と言えるでしょう。自信を持っておすすめします!

>>auひかり代理店NNコミュニケーションズはこちらから

 

 

auひかりの提供エリア外の場合における対処法。どのネット回線に申込むべき?

「よし!auひかりに申込もう!」と思った時によく直面するのが「自宅がauひかりの提供エリア外だった」という問題です。auひかりではこの問題が多く取り上げられ、どうしてもauひかりに申し込みたくても申し込めない人が続出しています。

auひかりの提供エリア外の場合、どのインターネット回線に申し込むべきか・どのように対処すべきかを紹介していきます。提供エリア外で悩んでいた人には是非参考にしてほしい内容になっています。

auひかりは「提供エリア外」という理由で申込めない場合が多い

auひかりを契約するメリットは主に以下の3つがあります。

  1. 最大10Gbpsもしくは5Gbpsの速度プランがある(エリアによる)
  2. 月額料金は5,100円(戸建て)、3,800円(マンション)でフレッツ光よりも安い
  3. auスマートバリューが受けられる(スマホとのセットで安くなる割引)

特に、auひかりは他社の回線とは違い、戸建住宅向けのホームタイプ限定で最大通信速度が5Gbpsの「auひかりホームV5ギガ」と、最大通信速度が10Gbpsの「auひかりホームV10ギガ」という高速通信を提供しています。利用者からも速いと評判です。

ただし、「auひかりホームV5ギガ」と「auひかりホームV10ギガ」を利用できるのは戸建住宅のみとなっていて、さらに利用できるエリアは「東京都」「神奈川県」「埼玉県」「千葉県」の一部エリアのみとなっているため、非常に限られたエリアでのみ利用できるということになります。この点に関しては今後のサービス拡大に期待したいところです。

あと、単純に「料金が安い」ということも特徴です。スマホとセットで利用することでスマホ1台あたり約1,000円の割引になります。

以上のようなメリットがあり、auひかりに契約しようとする人が多くいますが、その申込み者の中には「自分の住んでいる地域がauひかりの提供エリア外」だったことが原因で仕方なく申込みを断念する人が多いのも事実です。これはauひかりの唯一の弱点であり、最大の弱点であると言っても過言ではありません。

提供エリア外の多い背景には、「フレッツ光のように全国的に回線が整備されていないこと」や「他社回線と競合しないため、意図的にauひかりを提供していないこと」が挙げられます。

例えば、他社と競合しない例として、auひかりではKDDIと密接な関係を持つ関西エリアの「eo光」と東海エリアの「コミュファ光」とは競合していません。ですので、関西エリアと東海エリアで戸建住宅向け(ホームタイプ)の契約をすることができません。※マンションタイプは申込めます。

このような例からauひかりは提供エリア外であることが多いため、auひかりを申込みたくても申込めないという方が多く存在します。auひかりは評判も良いインターネット回線であるだけに、もう少し頑張ってほしいところです。

 

しかし、auひかりを利用できないからといって悲観的になることはありません。というのも、実はauひかりに取って代わる回線が一つだけあるからです。

 

 

auひかり以外のネット回線ではビッグローブ光がおすすめ

auひかりを申込みたくても申込めないという方におすすめなのがビッグローブ光です。

ビッグローブはauひかりを提供しているKDDIのグループ企業であるためauひかりとの親和性が高いです。その理由として、auひかりで実施している様々なサービスやキャンペーンにも対応しています。

 

auスマートバリューを利用することができる

実際にビッグローブ光では「auスマートバリュー」という割引サービスを利用できます。この割引はauひかり&ひかり電話&auスマホを利用することで、auスマホの月額料金が2年間最大毎月2,000円割引されるサービスのこと(下図参照)。

本来はauひかりだけで行われている割引サービスですが、ビッグローブ光なら適用することが可能となっています。割引額はスマホの契約プランによって変動します。下記でチェックしてみてください。

スマホの契約プラン 割引額
ピタットプラン※1 1GBまで(シンプルのみ) 割引対象外
2GBまで(全電話プラン対象) 永年500円/月
2GB~20GBまで(全電話プラン対象) 永年1,000円/月
フラットプラン20/30 永年1,000円/月
フラットプラン 25Netflixパック 永年1,000円/月
データ定額5/20 2年間1,410円/月

3年目以降934円/月

データ定額30 2年間2,000円/月

3年目以降934円/月

※1ピタットプランの注意点:契約する電話プラン(「シンプル」「カケホ」「スーパーカケホ」)によって割引額が変わる唯一の契約プラン。利用データが1GB未満でシンプルを契約している人は割引の対象外。

従量課金制のピタットプランの場合、1ヶ月あたりに使ったデータ量が1GBを超えると500円の割引となります。また2GBを超えると1ヶ月あたり1,000円の割引となります。最大の割引額である2,000円/月の割引を受け取るためには「データ定額30」を契約する必要があります。

また、auのフラットプランやピタットプランも割引を適用することが出来ます。ピタットプランでも使用するデータ量が1GB未満の場合は割引の対象外となり、使用するデータ容量や契約するデータ容量が大きくなるにつれて割引額も高額となります。

auスマートバリューはビッグローブ光を利用している家族全員(契約端末全部)が割引の対象となるため、ご家族でauのスマホを利用している方にとってかなりお得です。

ちなみに、auにはauスマートバリューという割引サービスがあるようにソフトバンクには「おうち割光セット」という割引サービスがあります。「おうち割光セット」ではご自宅のインターネット光回線とソフトバンクのスマホを併用することでソフトバンクのスマホの月額料金から永年毎月1,000円の割引がされるようになっています。

auでもソフトバンクでもおおよそ1,000円の割引を行っているため、ソフトバンクのスマホを使っている方はソフトバンク光を契約した方がお得です。

 

月額料金もほぼ同額でお手頃

月額料金に関してもビッグローブ光はauひかりと比較して、それほど変わりはありません。

ファミリータイプ(戸建住宅向けプラン) マンションタイプ(集合住宅向けプラン)
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
auひかり 5,100円 3,800円

※ビッグローブ光とauひかりの最低利用期間は3年間。ただし、auひかりのマンションタイプのみ2年契約。

>>auスマートバリューが適用可能なビッグローブ光の申込みはこちら

 

 

auスマートバリューの条件である「ひかり電話」は通話料が安い

auスマートバリューを適用するためにはご自宅の固定電話サービスである「ひかり電話」を同時に契約する必要があります。

これまで一般加入電話を利用していた方はひかり電話への移行が必要となりますが、従来の電話機を新しい電話機に買い換える必要がなく、さらに電話番号も変更することなくそのまま利用することが可能です。

ご自宅の環境や利用状況によっては別途工事費が発生する場合もあります。この点に関しては現場判断となるため、事前にどれくらいの工事費が必要なのかは不鮮明となっていますが、多くの場合はそのままひかり電話に移行することが可能です。

ひかり電話は基本料金が月額500円となっていて、さらに通話料金が一般加入電話に比べてかなりお安くなっています。

一般加入電話では日本国内の通話でも通話をするエリアによって通話料金が細かく異なっていました。ですが、ひかり電話であれば3分あたり8円という一律の料金で日本全国の固定電話と通話をすることが可能となります。

ひかり電話は電話回線ではなく光ファイバーを利用しているため一般加入電話に比べて音声もよりクリアに聞こえるようになります。通話の品質が向上してさらに通話料金や基本料金がお安くなる「ひかり電話」は、auスマートバリューを抜きにしても移行を検討した方が良いサービスです。

 

 

ビッグローブ光は「auスマートバリュー」もしくは「auセット割」のどちらかを選べる

さらにビッグローブ光では、インターネット回線とauのスマホやガラケーやタブレットといったauのモバイル回線を併用することで「auセット割」という割引サービスも適用できます。

「auセット割」ではビッグローブ光の月額料金が最大1,200円割引されるようになっていて、auスマホ側でデータ定額5GB/8GB/10GB/13GB/20GB/30GBを利用している場合は大容量プランとみなされて毎月1,200円の割引、ピタットプランやフラットプランを利用している場合は契約している容量が20GBや30GBであっても低容量プランとみなされて毎月500円の割引となります。

auセット割なら「ひかり電話」の契約を行う必要がありません。しかしながらauスマートバリューとの併用は出来ないため、auスマホでピタットプランやフラットプランを利用していたり固定電話を利用していたりするご家族の場合はauスマートバリュー、一人暮らしで固定電話を持っていなかったりauのデータ定額プランを利用していたりする場合はauセット割がおすすめです。

こうした、auのスマホとの併用で割引となる「auスマートバリュー」「auセット割」を適用できる点はビッグローブ光の大きな特徴です。

 

ビッグローブ光はNNコミュニケーションズで申込むのがオススメ

ビッグローブ光の申込みを行えるのは、公式サイトだけでなくネット代理店からも申込むことが可能です。公式サイトではなくネット代理店から申込みを行うメリットとして「ネット代理店オリジナルのキャンペーンを適用できる」といったメリットがあります。

選ぶネット代理店によっては高額なキャッシュバックキャンペーンを行っていたりルーターがもらえるキャンペーンを行っていたりします。そういったネット代理店の中でも特に人気があるのが「NNコミュニケーションズ」というネット代理店です。

NNコミュニケーションズオリジナルのキャンペーンとして特典Aと特典Bの2種類を展開していて、特典Aでは25,000円のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。また特典Bでは10,000円のキャッシュバックとIPv6プラスに対応した高速無線LANルーターを受け取ることが出来ます。

IPv6プラスとは、回線帯域が混雑していなくて安定してスムーズに通信を行えるという次世代の通信方式です。どちらかお好きな方を選択できるようになっているため、まだご自宅に無線LANルーターが無いという方やお使いの無線LANルーターが3年以上前のモデルだという方は高速無線LANルーターがもらえる特典Bがおすすめです。

ビッグローブ光(NNコミュニケーションズ)のキャンペーン

どちらも申請方法や条件は同じとなっています。申請方法に関しては、ビッグローブ光にwebサイトから申込んだ後に電話がかかってくるのでキャッシュバックを受け取るための振込み口座を言うだけです。そのため、申請漏れやキャッシュバックのもらい忘れといったリスクがありません。

このキャッシュバックはビッグローブ光を開通した月の翌々月末に現金で振り込まれます。高速無線LANルーターに関しては、ビッグローブ光の開通工事確認後1週間程度でご自宅に郵送されます。キャンペーンの適用条件としては特に難しい条件はなく「12ヶ月間の継続利用のお願い」だけとなっていて、有料のオプションサービスや不要なオプションサービスへの加入を行う必要が一切ありません。

NNコミュニケーションズからの申込みであっても、もちろんビッグローブ光の公式キャンペーンを適用できます。ビッグローブ光では現在初期工事費割引キャンペーンを行っていて、一定期間毎月月額料金から割引されます(下記、参照)。

住宅タイプ 工事費の割引額 割引期間
ファミリータイプ 750円/月 40ヶ月間
マンションタイプ 650円/月 40ヶ月間

NNコミュニケーションズはキャッシュバックの金額が高く、申請方法も簡単です。おそらくビッグローブ光をお得に、安心に申込むのであれば、国内の代理店でトップなのではないでしょうか。筆者はそう思います。

 

 

まとめ

現在、auのスマホを利用しているユーザーにとってauひかりに申込めないというのは「auスマートバリュー」という割引サービスを適用できないということになるため致命的です。ですが、ビッグローブ光ならauスマートバリューを申込むことができるためお得な部分は代用できます。

特にauでは、2018年秋冬モデルとして「Galaxy Note 9」や「Xperia XZ3」といったNEWハイスペックモデルのスマホを投入していますが、ハイスペックモデルのスマホを使うとなると、本体代金を分割にしたとき月々の本体代金が高額になります。しかし、ビッグローブ光を契約してauスマートバリューを適用すればauスマホの月額料金を抑えることができます。

また、ビッグローブ光を申込むのであればNNコミュニケーションズというネット代理店から申込むのがおすすめです。お得なキャッシュバックキャンペーン(最大25,000円)を適用できたり、高速無線LANルーターをもらえたりとキャンペーンの幅が広い上に、申請方法も簡単でかつ難しい条件も特に無いためまさにおすすめのネット代理店と言えます。

>>ビッグローブ光のキャンペーン内容を確認する 

 

 

auひかりのマンション料金を徹底解説!住んでいるマンションによって違いはある?

auひかりでは、お住いのマンションによって料金や通信速度が異なります。今回はそんな各マンションによる料金や速度について詳しくご紹介していきます。

また、auひかりのマンションでは、同じマンション内でauひかりを契約している世帯の数によって料金も変わってきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

マンションタイプの料金

auひかりのマンションタイプは、沖縄県を除く日本全国に展開されています。

既にauひかりの設備を建物に導入済みの集合住宅にお住まいの方を対象としたもので、「インターネット環境」「電話」「テレビ」といった3つのサービスを利用することが出来ます。

しかしマンションタイプには様々な種類があり、「東京都」「神奈川県」「千葉県」「埼玉県」の一部地域にしか提供されていないサービスタイプもあります。

また、マンションタイプによってインターネット回線の通信方式や最大通信速度、月額料金が異なるため、それぞれのサービス内容や料金についてしっかりと理解しておくと契約がスムーズにいきます。

auひかりのマンションタイプには6つのタイプがありますので、以下の表から通信方式、最大速度、月額料金を確認してみてください。

マンションタイプ 通信方式 最大通信速度 月額料金
マンションタイプV VDSL方式 下り最大 100Mbps 16契約以上 3,800円
上り最大 35Mbps 8契約以上 4,100円
都市機構デラックス VDSL方式 下り最大 100Mbps 3,800円
上り最大 35Mbps
マンションタイプE イーサ方式 上り下り最大 100Mbps 16契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
マンションタイプF 光ファイバー方式 上り下り最大 100Mbps 3,900円
マンションギガ 光ファイバー方式 上り下り最大 1Gbps 4,050円
マンションミニギガ 光ファイバー方式 上り下り最大 1Gbps 5,000円

このようにマンションタイプと一口に言っても様々なサービスタイプが存在します。

明記した月額料金はお支払い方法に口座振替及びクレジットカードを選択した場合の100円割引/月を想定しており、プロバイダは「au one net」というau独自のプロバイダサービスを利用した際を想定しています。

もちろん「@T COM(アットティーコム)」や「ASAHIネット」といった別プロバイダを利用することも可能ですが、こちらのプロバイダでは口座振替ができないといった仕様となっています。

では、次の項目より、各タイプの特徴について詳しくご紹介していきます。

 

マンションタイプV

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き、共用部から各戸へ電話回線を利用してインターネット環境を提供するサービスです。通信方式はVDSL方式となっており、最大通信速度が下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsとなっています。

月額料金は、16契約以上で3,800円、8契約以上だと4,100円となり、同じマンション内でauひかりを利用する世帯の数によって変わります。

また、速度が比較的遅い(ホームタイプでは最大1Gbps)ため、料金は安めに設定されています。現時点では、このタイプのマンションが一番多いです。

 

都市機構デラックス

UR都市機構の賃貸マンションにお住まいの方向けのタイプです。マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き、電話回線を利用して各戸へインターネット環境を提供するサービスとなっています。

通信方式はVDSL方式で、最大通信速度は下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsとなっています。

月額料金は、東日本と西日本で共通して3,800円です。

 

マンションタイプE

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き「イーサネット」と呼ばれる棟内LANを活用するサービスです。電話回線を利用するVDSL方式よりも安定した通信を可能にします。

最大通信速度は、下り最大100Mbps、上り最大100MbpsとVDSL方式の上り速度より速くなっています。

月額料金は、マンションタイプVと同様に、同じマンション内におけるauひかりの契約数によって料金が変わります。16契約以上で3,400円、8契約以上だと3,700円となっています。

 

マンションタイプF

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き、光配線を活用して各戸へインターネット環境を提供するサービスです。電話回線やイーサネットよりも安定した通信を可能にします。通信方式は光ファイバー方式となり、最大通信速度が下り最大100Mbps、上り最大100Mbpsとなっています。

こちらのタイプの場合、月額料金は契約世帯数に関係なく一定の3,900円となっています。

 

マンション ギガ

基本的にはマンションタイプFと同じ通信方式を採用するものですが、最大通信速度が上り下り1Gbpsを実現したサービスです。マンションの建物共用部まで引いた光ファイバーを各戸まで配線します。通信方式は光ファイバー方式となり、最大通信速度が上り下り最大1Gbpsと今までのタイプに比べて格段に速くなります。

ただし、速度が速くなる分、月額料金は4,050円と少し高めに設定されます。

 

マンション ミニ ギガ

「東京都」「神奈川県」「千葉県」「埼玉県」の一部地域のみに提供されていて、建物が3階建て以下かつ総戸数8戸以上のマンションやアパート等の集合住宅にお住まいの方向けのサービスです。光ファイバーをご自宅まで直接引き込みます。通信方式は光ファイバー方式で、最大通信速度が上り下り最大1Gbpsとなります。

今までのタイプでも、月額料金は5,000円と一番高額になっています。

 

 

初期費用や最低利用期間(解約違約金など)

初期費用はどれも工事費を含む30,000円とされており、一括でのお支払いの他に分割でも支払うことが出来ます。分割の場合毎月1,250円×24ヶ月とされています。その他に契約手数料が初めの月に3,000円発生します。

また最低利用期間と解約違約金について、これは「お得プランA」もしくは「標準プラン」という料金プランによって異なります。

「お得プランA」の場合機器レンタル料金とインターネット回線利用料金とプロバイダ利用料金(au one net)とおうちトラブルサポートがセットになっています。

最低利用期間は2年間で、期間内に解約を行った際の解約違約金は7,000円です。工事費を分割でお支払いしている場合は、残り割賦代金を一括で支払う必要があります。

「標準プラン」はおうちトラブルサポートという水まわりや電気・ガス設備や鍵のトラブルについて部品交換や特殊な対応が不要な約60分間の作業を行ってくれるサービスが含まれていない代わりに、最低利用期間と解約違約金がありません。

しかしau one net以外の一部プロバイダを利用した場合、6ヶ月間の最低利用期間が発生します。

 

その前にauひかりが提供されるエリアかどうか確認する必要がある

auひかりマンションタイプは沖縄を除く全国展開がされていますが、利用するためにお住いの地域がauひかりの提供エリア内でかつ集合住宅がauひかりの設備を導入しているという条件があります。

地域によってはauひかりの提供エリア外であることもあり、またauひかりの設備が整っていない集合住宅の場合はご自宅にのみauひかり回線を引くといったケースも想定されます。

そのためまずはお住いの環境にauひかりが提供されているかどうかを確認する必要があります。そこで分けられる3つのパターンに沿って利用方法をご案内します。

 

提供エリア外の場合

まずはお住いの地域がauひかりの提供エリア外だった場合についてです。この場合は「ビッグローブ光」の利用をオススメします。

何故ならビッグローブ光を提供しているビッグローブ株式会社は2017年1月にauひかりを提供するKDDIグループの傘下となりauとの連携が取れているからです。

それを表すように、ビッグローブ光ではauスマホやタブレット等の端末と併用することで月額料金がお安くなる「auセット割」と「auスマートバリュー」を適用できます。

「auセット割」はau端末を契約して例えばスマホであれば「カケホ+データ定額5GB/8GB/10GB/13GB/20GB/30GB」といったデータ使用上限が大容量のプランを契約した場合、ビッグローブ光のご利用料金から毎月1,200円の割引がされます。

「カケホ+データ定額2GB/3GB」といったような低用量プランのご契約であっても、毎月500円割引されます。

「auスマートバリュー」は、auひかりの他にau端末とビッグローブ光電話を併用することでauの利用料金が最大2年間毎月2,000円割引される割引サービスです。

この最大金額の割引を受けるためにはau契約で「データ定額30/30(V)」を利用する必要があります。2年後は永年934円/月が割引されます。この他の料金プランであっても最大2年間1,410円の割引(永年934円の割引を含む)や永年500円~934円の割引を受けることが出来ます。

またビッグローブ光ではキャッシュバックキャンペーンも行っています。以下の図に示す「NNコミュニケーションズ」のサイトから新規でお申し込みをすると、開通月から2ヶ月後に25,000円が指定口座に振り込まれます。

ビッグローブ光の最低利用期間は3年間で、マンションタイプの月額料金は3,980円です。

>>ビッグローブ光の申込みはこちら

 

提供されるもののホームタイプ(戸建て)の場合

お住いの地域がauひかりの提供エリアであるものの、マンションタイプではなくホームタイプとして扱われることは実は珍しいことではありません。

階数や戸数も多いマンションに住んでいる場合であっても、お住いの建物がauひかり未導入であったり建物共用部から各戸への回線種類がauひかりに対応していなかったりといった場合、auひかりのマンションタイプとしては認められません。

そのためホームタイプとしてご自宅にauひかりを導入するケースもあります。この場合はご自宅に配線工事が必要になることもあるため賃貸マンションの場合は必ず大家さんに確認をして許可を取りましょう。

 

提供される場合(何の問題も無し)

auひかりの提供エリア内で、かつお住いのマンションがauひかりを導入している場合は特に問題がないためそのままお申し込みをしましょう。

しかしお申し込みの際は公式サイト以外の窓口も見てみましょう。auひかりのお申込窓口として運営している代理店は複数存在し、オリジナルのキャッシュバックキャンペーンを展開していることがあります。

代理店によってキャッシュバック金額が異なったり独自のお得なキャンペーンを受けられなかったりといったことがあります。

以下のサイトは、auひかり代理店の中でも数少ない「キャッシュバック還元率100%」を誇る「NNコミュニケーションズ」のトップページとなります。

こちらの代理店で申込むと、最大50,000円のキャッシュバックを簡単にもらえます。

実際、評判の悪い代理店では、手続きや条件を複雑にすることで、キャッシュバックする消費者の数を少しでも減らし、代理店の販売実績と売上げを上げようとしがちです。(キャッシュバックは代理店自らが負担する費用のため)

しかし、NNコミュニケーションズでは、条件が一切無く、手続きも電話で受け答えするだけとなっているため、確実にキャッシュバックを受け取れると評判の代理店となっています。

また、KDDI公式キャンペーンとして「初期工事費無料キャンペーン」や「他社回線での解約違約金の負担」などがあるため、最初にかかる初期費用がほとんどかかりません。

そのため、お申し込みの際はauひかりのマンションタイプを申し込む場所に注意しましょう。

>>auひかりの申込みはこちら

 

アシタエクリエイトのauひかりキャンペーンが充実しすぎて逆にヤバい!こんな簡単にキャッシュバック4万貰っていいの?

株式会社アシタエクリエイトは、BIGLOBE(ビッグローブのプロバイダ)の正規代理店で「auひかり」を取り次いでいる会社です。

ネットで簡単に申し込みが可能で、キャンペーン内容も充実していることからアシタエクリエイトは代理店の中でも人気高いの代理店となっています。

当記事では、アシタエクリエイトのキャンペーン内容や申請の仕方などについて詳しくご紹介します。
もし、auひかりを使ってみようかと悩んでいる方は参考にされてみてください。

アシタエクリエイトでauひかりに申し込む4つのメリット

代理店といっても最近では多くの代理店があります。

その中でなぜ「アシタエクリエイト」が人気なのか、アシタエクリエイトで申し込むメリットはこの4つです。

  • 独自のキャンペーンが他社には無い魅力がある
  • 不要なオプション加入の条件がない
  • キャンペーンを受け取る時期が早い
  • キャンペーン手続きが申込時に完了する

とういうことから、人気代理店となっています。

悪質な代理店だと、不要なオプションにいくつも加入しなければいけなかったり、キャンペーンを受け取る時期が半年以上かかる場合や、手続きが複雑でキャンペーンがもらえなくなったなんてことも実際にあるので、優良な代理店を選ぶことがとても重要になります。

 

アシタエクリエイト独自のauひかりキャンペーン

現在、KDDI公式キャンペーンは「違約金還元」「初期費用の割引」「月額料金割引」などの割引を中心としたキャンペーンを行っていてキャッシュバックなどのキャンペーンはありません。

しかし!

アシタエクリエイトでは、KDDI公式キャンペーン以外にも「独自のキャンペーン」は2つあり、そのうちのどちらか1つ好きな方を選ぶことができます。これは他社にはないキャンペーンの魅力です。

では、どのようなキャンペーン内容なのかをそれぞれ詳しくご紹介します。

 

 

Aコース:キャッシュバックがもらえる

Aコースのキャンペーン内容ですが、郵便為替や商品券などではなく「現金」がもらえるコースです。

  • キャッシュバック:40,000円

キャッシュバックの金額は戸建て(ホーム)でも集合住宅(マンション)でも同じ金額です。現金でもらえるというところが嬉しいですね。

さらに「KDDI公式のキャンペーン」も併用できるので、公式サイトで申し込むよりも「アシタエクリエイト」で申し込んだ方が確実にお得です。

 

 

Bコース:ゲーム機・パソコン・テレビが1円でもらえる

Bコースは、最新の人気ゲーム機や家電などの「豪華商品」を選べるコースです。

  • Nintendo Switch
  • PlayStation®4
  • DELLやASUS等のパソコン
  • 三菱電機 液晶テレビ REAL

上記の中からどれか好きな商品を1つ選べます。

注意点ですが、パソコンとテレビに関しては無料で貰えるというわけではなく、1円で購入できるキャンペーンとなります。「1円で販売するくらいなら無料でプレゼントしたら良いのに…」って思ってしまいますが、なにか大人の事情があるのでそこは深く考えないようにしましょう。

そして、任天堂スイッチとプレステ4ですが、これらはゲーム機本体だけでなく、お好きなソフトも1本無料で選べます!ちなみに、このゲーム機も1円で買うことになります。ソフトの条件としては、アシタエクリエイトの仕入れ値の価格が8千円未満であることです。申込み時のweb入力ホームに希望するソフトのタイトルを記載してください。複数のタイトルを記載しておくといいかもしれません。

>>株式会社アシタエクリエイトのauひかりのキャンペーンはこちら

 

 

オプションの加入条件がない

上記のどちらのコースを選んでも、有料オプションなどの不要な加入条件は一切なく、ネット契約のみでキャンペーンの申込が可能です。

家電量販店などで申し込むと不要なオプションをつけないとキャンペーンがもらえなかたり、面倒なオプションの解約手続きもしなくていいのでストレスがありません。

 

キャペーンを受け取る時期が早い

Aコースのキャッシュバック40,000円は、auひかりの開通後最短1か月で現金が振り込まれます。

Bコースの商品はauひかりの開通後、最短1週間という早さで発送されます。

AコースもBコースもどちらも非常に早く対応してくれます。

もしこれが悪質な代理店だと、キャッシュバックがもらえるのは半年後だったり、申請手続きが複雑で結局キャッシュバックがもらえなかったりということがありますが、アシタエクリエイトは納期がきちんと記載されているので、確実にキャンペーンを受け取ることができるので安心です。

 

 

キャンペーンの申請方法

キャンペーンを受け取るのに意外と面倒なのが「申請手続き」です。

しかし、アシタエクリエイトのキャンペーンの申請はとても簡単なので安心してください。

まず、webで申し込んだらアシタエクリエイトの担当者から必ず確認の電話がかかってきます。この際、Bコースは、欲しい商品を伝えると手続きは完了となります。あとは発送されるのを待つだけ。

Aコースを希望した方は、キャッシュバックが振り込まれる「口座番号」を聞かれるので、口座番号を伝えると手続きが完了です。書類に記入したり、メールを送ったりなどといった面倒な手続きは一切不要なので、とても簡単ですよね。

アシタエクリエイトの場合、auひかりが開通すれば確実にキャンペーンは適用されるので安心です。

 

 

 

まとめ

以上のことから、アシタエクリエイトでauひかりを申し込むと、KDDI公式キャンペーンだけでなく独自のキャンペーンも受け取れるので、公式サイトで申し込むよりもとてもお得になることがわかってもらえたと思います。

また、auひかり以外にもにも「auスマートバリュー」「ひかり電話サービス」「ウィルス対策」「無線LANレンタル」などといったサービスも充実ししていますので気になるサービスがあれば、ネットと同時に申し込みをするとお得になることがありますので申し込みの際に問い合わせて見てはいかがでしょう。

こういった様々な面から見て「アシタエクリエイト」で申し込むのが安全で確実です。

>>株式会社アシタエクリエイトのauひかりのキャンペーンはこちら

 

 

「auひかり」vs「 NURO光」を徹底比較!利用料金や通信速度は?

現在、東海地方で利用できるインターネット回線といえば「auひかり」「ソフトバンク光」「コミュファ光」ですが、なんと高速通信で有名な「NURO光」も2018年1月下旬から順次開通できるようになり、2017年12月1日から新規受付を行っています。

こうした光回線事業者では、スマホとの併用をすることで割引されるサービスを行っていることが多いです。
「auひかり」や「コミュファ光」の場合、auスマートバリューを使うことが出来るため、auスマホと併用することでau回線が毎月安くなります

そのため、auスマホとセットで利用すると毎月の通信費はお得になりますが、「NURO光」には今のところauスマホとのセット割引がありません。
ですが、現在auスマホを利用している方にとっても「NURO光」を利用するメリットはたくさんあります。

そこでこの記事では、「auひかり」と「NURO光」を「月額料金」「速度」「ユーザーの評判」「割引き(スマホとのセット割の有無)」「キャンペーン」という5つの観点から比較していきます。

 

NURO光とは?

NURO光とは、「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が運営する光コラボレーション事業者です。

特徴は何と言っても通信速度の速さにあります。多くの光回線事業者が最大通信速度を1Gbpsにしているところ、なんとNURO光は最大通信速度2Gbpsに対応しているのです。

これは、国内標準規格である「GPON」という光ファイバーを使った伝送技術の規格と、最大2Gbpsに対応するNURO光向けに開発されたホームゲートウェイを合わせて利用することで実現しました。

もちろん、ご自宅の通信環境によって速度は異なりますが、通信速度が速いという評判も多いNURO光を導入することで安定して速い通信速度を確保出来ます。

NURO光は2013年4月15日から通信サービスの提供を開始し、関東圏を中心にサービスを展開していました。

ところが、エリアを大幅に拡大し2018年1月下旬から東海4県(愛知県、岐阜県、静岡県、三重県)や関西2府3県(大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県)を対象に順次サービス提供を開始することを発表し、2017年12月1日から事前に申し込みが行えるようになりました。

 

「auひかり」と「NURO光」を比較

「月額料金」「速度」「ユーザーの評判」「割引き(スマホとのセット割の有無)」「キャンペーン」の5つを比較しました。

 

月額料金

まずは、auひかりとNURO光の月額料金を比較していきましょう。

どちらも一戸建て住宅向けのプランとマンション等の集合住宅向けのプランによって料金が異なるため、以下の表に料金をまとめてみます。

住宅タイプ auひかり NURO光
一戸建て住宅向け 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
4,743円
集合住宅(マンション)向け 3,800円 利用者数4~6人:2,500円
利用者数7人:2,400円
利用者数8人:2,300円
利用者数9人:2,200円
利用者数10人以上:1,900円

※「auひかり」「NURO光」どちらも最低利用期間が2年間のものを想定
※「auひかり」「NURO光」どちらも独自プロバイダ利用料金込み
※「auひかり」については支払い方法をクレジットカードにした場合の100円割引された金額を想定
※「NURO光」での「利用者数」とは、同一マンション内での利用者数のことを指します。

月額利用料金で見ると、NURO光の圧勝です。
どちらもそれぞれにご利用プランが有るものの、一般的な最低利用期間が2年間とされているプラン同士で比較してみました。

一戸建て住宅向けの場合、auひかりでは継続利用年数に応じて利用料金が安くなってきますが、3年目以降は4,900円となりそこから料金が下がることはありません。

ですが、NURO光の場合は1年目からその金額を下回る利用料金で提供しています。また、マンションタイプの場合NURO光は同一マンション内での利用者数に応じて月額利用料金が異なりますが、どれもauひかりよりも安い金額で提供しています。

さらにNURO光の場合、この料金の中にNURO光向けに開発されたホームゲートウェイと最大5台までのデバイスを登録可能なセキュリティサービス「KASPERSKY」の料金も含まれています。

 

速度

続いて、通信速度に関して両者を比較していきます。両者が公式で発表している最大通信速度は
・auひかり…下り最大1Gbps/上り最大1Gbps
・NURO光…下り最大2Gbps/上り最大1Gbps
速度に関してもNURO光の方がauひかりに勝っています。

公式で明記されている最大通信速度は飽くまで技術上可能な算出値なので、実際に利用した時は最大通信速度が利用者によって異なることがあります。

それは、時間帯や使用している通信機器にも関係してきます。また、ここでの「下り」「上り」という表現についてですが、これはコンテンツの「ダウンロード」「アップロード」と考えて下さい。
YouTubeを例に出すと、動画を視聴する際はバッファと呼ばれる一時的にデータを保持しておく領域に動画データをダウンロードするため「下り」です。

ですが、撮影した動画をアップロードする場合、YouTubeのサーバーに動画データをアップロードすることになるため「上り」です。
多くの方は「下り」を利用することが想定されるため、通信速度に関してNURO光はauひかりの2倍の通信速度だと考えていただいて良いです。

 

ユーザーの評判

それでは実際に利用しているユーザーからの評判を見てみましょう。

ここでは、Twitterに寄せられた評判を元にauひかりとNURO光を比較していきます。


この評判を見てみると、どうやらauひかりに光回線事業者を乗り換えてさらにスマホもauにすることで、他社よりも安く運用することが出来るようになるようです。

これについては、割引の項で詳しくご紹介します。
この割引はauスマホ1回線につき割引額が増額されるため、ご家族でマンションに住んでいる方はauひかりにした方が毎月安くご利用できるようです。

さらに、別の評判も見てみましょう。


価格についてやはりNURO光は安いようですが、通信速度に関しても大きく改善されると評判がかなり良いです。

普段から動画視聴やインターネットゲームをされる方にとって通信速度はかなり重要なポイントとなるため、インターネット上のメディアやコンテンツを楽しむ方にとってはNURO光を利用した方がより快適にインターネット楽しむことが出来ます。

 

割引き(スマホとのセット割の有無)

上記でも軽く触れた、スマホとセットで利用することで得られる割引サービスについて比較していきます。

まず、auひかりではauスマホと併用することで、「auスマートバリュー」という割引をauスマホ回線に対して受けることが出来ます。
このauスマートバリューでは、どのプランを契約していたとしても基本的に永年934円の割引を受けることができ、さらにデータ使用量の多いデータ定額30を契約することで継続利用している限りは2年間毎月1,066円の割引を受けることが出来るため、合計で最大2年間2,000円の割引を受けられるようになります。
タブレット向けのプランであっても永年934円の割引と2年間476円の割引を受けることが出来るため、合計で2年間は1,410円が割り引かれます。

ただし、これを利用するためには、auひかりのインターネット回線の他にひかり電話にも加入する必要があります。
ひかり電話は、現在使用している電話番号や電話機をそのままに一般加入電話の電話回線から光回線に切り替えることで通話料が安くなるサービスです。

対するNURO光はソフトバンクと提携しているため、「おうち割」というソフトバンクスマホとのセット割を適用することが出来ます。このサービスは内容も金額も共にauスマートバリューとほとんど同じです。

やはりNURO光でんわとセットでソフトバンクが提供している大容量のデータ定額パックを利用する場合、最大2年間毎月2,000円の割引を受けることが出来ます。

また、標準サイズとされているデータ定額パックの場合であっても、最大2年間毎月1,522円の割引を受けられます。

どちらの割引もそれぞれのスマホ1台につき最大2,000円の割引を受けることが出来るため、スマホとのセット割という割引については両者引き分けといったところでしょう。

 

キャンペーン

最後に、展開しているキャンペーンという観点から「auひかり」と「NURO光」を比較していきます。

NURO光には、auひかりと同様に多くの取り扱い代理店が存在します。
取引先や調査機関によって表彰される良い代理店も存在しますが、総務省から何度も注意を受けている悪い代理店も存在します。

そのためこの項では、それぞれの代理店で優良とされる代理店同士で比較していきます。

 

auひかりの代理店:NNコミュニケーションズ

当サイトでも何度も登場する代理店です。

こちらの代理店はやはりキャッシュバックが高額なのはもちろんのこと、お客様対応の質の高さやキャッシュバックが振り込まれるまでの時期が最短で開通月から1ヶ月後とかなり速いことで評判が良いです。

しかも余計な有料オプションに加入する必要が無いという点も良い評判が多いポイントの一つです。

>>auひかりをお得に申込むなら株式会社NNコミュニケーションズ

 

NURO光の代理店:アシタエクリエイト

こちらの代理店の名前は初めて聞く方も多いかもしれません。

ですが、非常にレベルの高い代理店です。キャッシュバック金額も公式では30,000円と固定ですが、こちらの代理店で申し込みを行うと
・インターネット回線のみの契約:30,000円キャッシュバック
・インターネット回線と光電話を契約:35,000円キャッシュバック
となっており、光電話を合わせて申し込むことでキャッシュバック金額がさらに増えます。

また、キャンペーンの手続方法も簡単で、申し込み時にお電話口から申請するだけで完了です。そのため複雑な段階を踏むこと無く安心してキャッシュバックの申請が出来ます。

さらに、キャッシュバックを受け取れる時期もNNコミュニケーションズと同様に開通月の翌月末に現金で振込が行われるため、最短で1ヶ月のキャッシュバックとなります。取り扱うキャンペーンの種類も豊富で、NURO光の代理店の中でもナンバーワンとの呼び声も高いです。

>>NURO光をお得に申込むなら株式会社アシタエクリエイト

 

まとめ

auひかりとNURO光を比較してみると、両者ともに良い点があり甲乙付けがたいです。

オンラインゲームや動画制作等、通信速度を重要視する方であれば最大通信速度2Gbpsを掲げているNURO光を選ぶべきです。
ですが、この最大通信速度を得るためには、使用するLANケーブルや無線ルーターも最新の規格に対応した質の高いものを選ぶ必要があります。
そうでないと、せっかくの高速通信を潰してしまいかねません。


こうしたTwitterでの評判を見ると、NURO光であれば無条件で通信速度が速くなるという訳ではありません。
高速通信を重視したNURO光の導入を検討する際には、この辺りの「環境」にも注意しておきましょう。

速度重視であるとは言っても、auひかりも通信速度は速いです。
NURO光と比較すると「遅い」と思われがちですが、通信の安定性も確保されているため十分に速い光回線です。


何と言ってもauスマホと併用することで通信費を抑えることが出来るauスマートバリューも魅力的です。

こうした評判にもある通り「NNコミュニケーションズ」からauひかりを申し込むと断トツで安く運用できるようです。

さらに、50,000円のキャッシュバックを受取るor最新式の無線ルーターが貰えるのは嬉しいところです。

JTA株式会社(auひかりの代理店)の評判とは?実施中のキャンペーンについて

数多く存在する「auひかり」の代理店。その中の一社であるJTA株式会社について、当記事では会社の口コミや評判を掲載していきます。キャンペーンやTwitterでの評判など、様々な角度から調査しました。まずはJTA株式会社が展開しているキャンペーンを解説していきます。

JTAでは現在「選べる2つのキャンペーン」という2種類のキャッシュバックキャンペーンを実施中。どちらのキャンペーンがお得なのか、違いは何なのか。それぞれ内容や適用条件を見ていきましょう。

JTAのキャンペーン①は高額キャッシュバック!

※画像はJTAのホームページより引用

このキャンペーンは、50,000円がキャッシュバックされるキャンペーンです。

ですが、この金額を受け取るためには「条件」があります。条件は「即日お申込み」「ひかり電話」「指定のプロバイダ」

まず、該当のWebページの申込みフォームに必要事項を入力し、JTAの専門スタッフと電話で詳しい内容を確認します。キャンペーンを受け取るにはこのタイミングで「即日お申込み」をする必要があります。

※「即日お申込み」とは、名前のとおりですが「電話したその日に申込みをすること」です。誰かと相談して契約したい場合は改めて電話したいところですが、その日のうちに対応できないとキャンペーンの対象から外れてしまいます。

さらに、auひかりのインターネット回線以外に「ひかり電話」にも加入する必要があり、JTAが指定しているプロバイダを利用しなければなりません。ひかり電話に関しては加入をしなくても「キャッシュバックがある」と掲示されていますが、金額自体は下がるでしょう。詳しい内容についてはJTAにお問い合わせが必要です。

このキャンペーンで受け取れる「50,000円」という金額は、他の回線や光コラボと比較しても高額な方です。さらに、多くの代理店が「一戸建て」と「マンション」でキャッシュバック金額に差を付けているにも関わらず、JTAでは同じ内容のキャンペーンとなっています。

ですが、注意しなければならないポイントがあります。それはキャッシュバックを受け取れるタイミングがJTAを通してのauひかり利用開始から「12ヶ月後」であるという点です。せっかく高額なキャッシュバックキャンペーンなのに、受け取れるのは1年後となればお得感が薄れてしまうため残念です。

さらに、このキャンペーンはキャッシュバックの申請がauひかりの利用開始から12ヶ月後とされているため、申請を忘れてしまう危険性も高いです。そして、申請が12ヶ月後であるためキャンペーンを利用するにはおのずと1年以上は継続利用する必要があります。そのため長期利用が前提でキャンペーンの申請を忘れない自信のある方にはおすすめの高額なキャッシュバックキャンペーンです。

 

 

JTAのキャンペーン②は高速キャッシュバック!

※画像はJTAのホームページより引用

続いて、紹介するキャンペーンは、最大35,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンです。先程のキャンペーン①は12か月後の受取りでしたが、このキャンペーンは「高速」というだけあって「auひかりが開通した月の翌月末」に受け取れます。スピーディーですね。

上記でご紹介したキャンペーン①とは違い、キャッシュバックを受け取れるまでの期間が短く「貰い損ねる」といった危険性が少なくなります。その代わりと言うべきか、貰える金額が他社と比較しても少なくなることは我慢しないといけません。他の代理店では「auひかり開通月の翌月末にキャッシュバック受け取り」という同等の条件で数種類のキャンペーンを展開しており、一つのキャンペーンにつき数万円のキャッシュバックを受け取れます。

ですが、JTAではこの条件でキャッシュバックを受け取ろうとすると最大で35,000円になってしまいます。auひかりの代理店としてはキャッシュバック金額が少額となります。

キャンペーン②の高速キャッシュバックの金額は、一戸建てが35,000円でマンションが30,000円です。キャンペーンの適用条件は上記で紹介したものと大体同じですが、「12ヶ月間の継続利用」という条件がありません(auひかり回線・ひかり電話への加入、即日申し込み、JTA指定プロバイダの利用)。

 

 

Twitterに寄せられた評判を見てみよう

JTAが展開しているキャンペーン内容をご紹介したところで、いよいよTwitterに寄せられているJTA株式会社に関しての評判を見ていきましょう。

まず、目につくのは訪問営業の方法についての評判です。

JTAに限ったことではありませんが、訪問営業というのは前もってアポイントを取っていないことが多く、お客さんからすると迷惑に感じることが多いです(そもそも「お客さん」という立場ではない)。

しかし、業者側も営業成績を上げなくてはいけないため、「光回線のチェック」「工事の点検」などと言ってドアを開けさせ、営業をスタートします。また、訪問営業の場合、業者に住所を把握されてしまうので、「断ったらあとで仕返しが来るかも」と考えてしまう人もいるため、不本意ながらも契約する人もいらっしゃいます。

インターネット回線だけではなく、NHKの集金・宗教の勧誘・保険の営業など、強引に営業してくる人や事実とは異なる説明で契約を求めてくる人もいるので、十分注意して対応する必要があります(※NHKの受信料は支払いましょう)。

 

さらに、JTAについての評判を見てみましょう。

電話口からの営業も行っているようですが、この時間帯(20時30分ごろ)に関しては営業は控えてほしいタイミングです。もちろん、法律的にNGということではありませんが、夕食中であったり家族とのだんらんの時間である可能性が高いので、営業される側からすると嫌悪感を持ってしまいがちな時間帯になります。

ちなみに、特定商取引法の第7条では「迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘」という行為を禁止しており、「不適当な時間帯(例えば午後9時から午前8時まで)」と定義されています。

代理店は「auひかり」を商材として扱っている以上、ユーザーからしてみればどれもauひかりの販売員です。そのためこうした営業活動があるとauひかりの評判や母体であるKDDIの評判まで下げることになりかねません。実際にフレッツ光がそのケースに該当します。代理店の数が増えすぎて管理できなくなり、好き勝手に代理店にされてしまい。フレッツ光自体の評判が悪くなりました。その結果、光コラボという事業に営業路線を変更せざるを得なくなりました(一説による)。

 

 

せっかくauひかりに申し込むのならお得に申し込みたい

このようにJTAが行っているキャンペーンは「キャッシュバック金額は高額だが申請時期と受け取り時期が遅い」ものか「キャッシュバックを受け取るまでの期間は短いが金額が少額である」という2種類に限られています。

せっかくauひかりのお申し込みを行うのであれば、この2つの良い部分である「キャッシュバック金額が高額で受け取りまでの期間が短い」といった条件を兼ね備えたキャンペーンを利用したいものです。

実はこうした理想的なキャンペーンを行っている代理店が1社だけ存在します。それは「NNコミュニケーションズ」です。NNコミュニケーションズでは代理店独自のキャッシュバックキャンペーンと同時にプロバイダキャンペーンも行っており、最大50,000円が最短で開通月の翌月に現金で振り込まれます。まさにJTAが行っているキャンペーンの良いところを組み合わせたようなキャンペーンです。

auひかり+ひかり電話 auひかりのみ
ホームタイプ 30,000円(代理店)

20,000円(プロバイダ)

合計50,000円

23,000円(代理店)

20,000円(プロバイダ)

合計43,000円

マンションタイプ 40,000円(代理店)

10,000円(プロバイダ)

合計50,000

33,000円(代理店)

10,000円(プロバイダ)

合計43,000円

※利用プロバイダはSo-netを想定(ホームずっとギガ得タイプ、マンションタイプ:お得プラン)

このように、内訳は異なるものの、合計金額としては一戸建て住宅向けのホームタイプであっても集合住宅向けのマンションタイプであっても受け取れるキャッシュバック金額は変わりません。

JTAではこうした高額のキャンペーンを利用するにはauひかりを12ヶ月間継続利用する必要があり申請時期も12ヶ月後であるため、キャッシュバックを受け取り損ねる危険性があります。ですが、NNコミュニケーションズでは最短で開通月の翌月に現金で振り込まれるため、確実にキャンペーンを利用したいのであれば同社がおすすめです。

NNコミュニケーションズのauひかりページはこちらから確認できます

 

ちなみにですが、JTAでは現在「お友達紹介キャンペーン」を行っており、新規お申込者を1人紹介するごとにキャッシュバック金額が1万円増額されます。キャンペーンの終了時期は明記されていませんが、現在は2名紹介すると本来のキャッシュバック金額に10,000円が増額された30,000円を受け取ることが出来ます。そのため、もしご自分以外にもauひかりを検討している方が複数いる場合はJTA株式会社の方がおすすめです。

auひかり代理店のJTA株式会社のページはこちらです

 

auひかりの代理店ベストサポートのキャッシュバック内容を調べてみた|利用者の評判は良い?悪い?

auひかりの代理店である株式会社ベストサポートについて、利用者の評判やキャッシュバック特典について掲載しています。

auひかりの代理店は数が多いので、申込み先を選ぶのが大変です。しっかりと見極めていきましょう。

ベストサポート社の会社概要

ベストサポート株式会社は、大阪に本社を構える「auひかり」の代理店です。主な商材は「auひかり」ですが、事業内容としてインターネット接続サービスやその他インターネット開通事業を行っています。「auひかり」のお支払い期限やお支払い方法、商品以外の必要料金については全てauひかりの定めるところとされています。

また、2015年に「株式会社ワイズリープ」という会社名から「ベストサポート株式会社」に変更を行っています。親会社は「株式会社シナジー」という会社でベストサポート社と同じ場所に本社を構えています。株式会社シナジーは2010年1月に設立されました。つまりベストサポート株式会社は、株式会社シナジーの小会社であり光回線代理店事業の一部ということになります。

 

ベストサポート社でauひかりを申し込むとキャッシュバックはいくら貰える?

※画像はベストサポート社のホームページより引用

ベストサポート社でauひかりのお申し込みを行うと、ベストサポート社のサイトでは「最大87,500円のキャッシュバック」と掲げています。これは「auひかりスタートサポート」「プロバイダ特典」「工事費を含む初期費用相当額割引」という3種類のキャンペーンを利用し、さらに適用条件が合致した場合の金額です。

  • auひかりスタートサポート…最大30,000円
  • プロバイダ特典…最大20,000円
  • 工事費を含む初期費用相当額割引…最大37,500円

これらの合計金額が87,500円です。

それでは、キャンペーン内容や条件をそれぞれ見ていきましょう。

 

キャンペーン①auひかりスタートサポート

auひかりスタートサポートというキャンペーンを適用するには、「auひかりホーム」という一戸建て向けのプランに加入する必要があります(マンションにお住まいの方は対象外)。このキャンペーンは他社の違約金相当額をキャッシュバックするという目的です。

最大額を受け取れる条件や内訳は細かく分けられます。以下の表をご覧ください。

対象プロバイダ 違約金相当額 内訳①※ 内訳②※
@nifty、@T COM、au one net、So-net 最大30,000円 10,000円 最大20,000円
ASAHIネット、BIGLOBE、DTI 最大15,000円 10,000円 最大5,000円

※「内訳①」と「内訳②」は後述します。

まず、違約金相当額を受け取るには、「auひかりホームずっとギガ得プラン」と「電話オプションパック」に乗り換えと同時に加入する必要があります。その際に違約金相当額を受け取ることが出来ますが、他社での違約金がこの最大金額を下回っていた場合、違約金に関するキャッシュバック上限は他社で発生した違約金と同等額のみとなります。※差額分は受け取れません。

さらに、36ヶ月間という最低利用期間が設けられています。それでは内訳①と内訳②の内容についてそれぞれ見ていきましょう。

 

内訳①

・キャッシュバック方法

auWALETプリペイドカードへのチャージ又は郵送為替での還元

・いつキャッシュバックされるのか?

プリペイドチャージの場合は申請書に必要事項を記入し、申請受付がされてから1ヶ月後です。プリペイドチャージが行えなかった場合、もしくは郵送為替をご希望の場合は、申請受付から約1.5~2ヶ月後にキャッシュバックされます。いずれの場合も上限額を超えている場合は、差額相当料をauひかり月額利用料からお値引きされます。

 

内訳②

・キャッシュバック方法

毎月、月額料金から1,000円をお値引き

・いつキャッシュバックされるのか?

申請受付の翌月ご利用分から還元が開始されます。

 

キャンペーン②プロバイダ特典

こちらのキャッシュバックキャンペーンは、指定プロバイダである「So-net」を利用することで

・一戸建て住宅向けのホームタイプであれば20,000円

・集合住宅向けのマンションタイプであれば10,000円

がキャッシュバックされます。

こちらに関しても、キャッシュバック時期は申請書を送付し申請受付がされてから1ヶ月後です。

 

キャンペーン③工事費を含む初期費用相当額割引

最後のキャッシュバックキャンペーンは、工事費を含む初期費用相当を毎月の利用料金からお値引きするといったものです。詳しい内容を以下にまとめます。

 

内訳

・auひかり回線利用料から750円お値引き。

・ひかり電話利用料から500円お値引き。

合計1,250円/月のお値引き。

期間が30ヶ月間なので、累計すると37,500円。

このように30ヶ月間以上継続して利用することで、最大額のキャッシュバックを得ることが出来ます。

 

 

ベストサポート社の利用者の評判

ベストサポート社を実際に利用したことのある方からの評判を見てみましょう。ここではベストサポート社の評判に限らず多くの口コミ・意見が寄せられるTwitterでチェックしていきます。

Twitterでの評判を見てみると、社名が変更したことに対して不信感を持つ人もいるようです。しかし、会社において社名が変わること自体は珍しいことでは無く、むしろ事業の成長具合によっては普通に起こりえることです。

ただ、「ベストサポート」という評判が悪い方向に定着してしまい、修正不可となっての社名変更の場合、その不信感はあながち間違いないでしょう。※サイト等に社名変更の理由は記載されておりません。

あと、auひかりの代理店が運営するサイトで「auhikari」などのドメインを利用することは一般的です。このドメインは「auひかり公式サイトと混同させよう」という悪い考えではなく、「このサイトが何についてのサイトか瞬時に分かりやすくするため」です。ですので、怪しくはありません。

ちなみに、現在のベストサポート社のサイトは「https://kddi-hikari.net/」です。

 

ベストサポート社のキャッシュバックについて

ベストサポート社のキャッシュバックキャンペーンの内容を見てみると、auひかりが公式で行っているキャンペーンと同等の金額であるため、「この代理店ならでは」といった特徴が分かりにくい印象を受けます。さらに、このキャッシュバックの内訳には、「auひかりスタートサポート」といったau公式のキャンペーンが含まれていますが、これは他社での違約金を負担することが目的であり、キャッシュバックされる金額も最大額を下回る場合、受け取れる金額は他社で発生した違約金が上限とされています。

「乗り換えありき」となっているため、そもそも他社でインターネット回線を利用していなければ、このキャッシュバックの恩恵は受けられないため、新規のお申し込みをされる方や違約金が発生しない更新月に解約された方にとってはメリットがありません。

 

はて?ベストサポートで契約したかな?

KDDIの社員が家に来て、auひかりに申込んだと思っていたら、いつの間にかベストサポート経由で契約したことになっていた驚きのツイートです。Webサイトを展開している代理店の多くは自社の商材としている光回線の魅力を伝えますが、ただ単に契約数を増やし知名度を上げたい代理店では「曖昧な説明」や「あたかも当然であるかのように契約をさせられてしまう」といった事例も他社でありました。

2016年4月以前まではこのように「いつの間にか契約」がされていたとしても、クーリングオフを行うことは出来ませんでした。ですが、2016年5月より電気通信事業法が変わり「初期契約解除制度」という新たな制度が誕生。それにより、万が一、勘違いや誤認して契約したことにされていたとしても、契約日を含めた8日以内であればクーリングオフをすることが可能になりました。

ですが、これはあくまで「光回線の契約及び利用費」に対してのクーリングオフのため、工事費等に関しては支払いの義務が発生します。また、8日以内という短い期間ですので、うっかりスルーしてしまう可能性もあります。

 

まとめ

ネット上での情報を完全に信じることは危険ですが、auひかりの代理店を選ぶ際にはTwitterでの評判・口コミを参考にして、慎重に代理店を選ぶようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

>>こちらの記事も参考に参考にどうぞ(関連記事:サイトTOP)

 

auひかりのWi-Fiを快適に使う方法とは|「速度」と「ルーター」が決め手

auひかり回線のWi-Fiを利用するうえで注意すべきポイントは2つ。

1つは「速度」で、2つ目は「ルーター」です。

「速度」に関しては、Wi-Fiは有線ケーブルと比べると速度が落ちやすい。「ルーター」は、新しい規格に対応していない種類が多いこと。

これらの注意点の詳細を確認して、安全で快適にauひかりのWi-Fiを使っていきましょう。

auひかりのWi-Fiが遅い・繋がらない理由と設定について

固定インターネット回線を導入すると家の中にモデムかルーター、ケーブルテレビならセットアップボックスが設置されると思います。その機器から無線を飛ばしてパソコンやスマートフォン・ゲーム機・タブレットを利用することです。

この便利なWi-Fiですが、口コミサイトで見ると「Wi-Fiつながらない」「電波が弱く切れる」「遅くて使えない」という意見も多いです。

この理由の一つとしては利用している機器の無線規格が統一されていないことがあります。もしインターネット回線契約が1G対応で契約されているユーザーでWi-Fi速度に不満をお持ちであれば利用されている無線ルーターの規格と使っているパソコンやスマートフォン・ゲーム機・タブレットのWi-Fi規格を確認してください。

Wi-Fi規格は、5GHz帯と2.4GHz帯の2つの帯域に分かれます。5GHz帯では「11a」、2.4GHz帯では「11g」「11b」が、そして両方の帯域をカバーする「11n」が該当します。2,3年前までは「11n」がWi-Fi規格としては一般的に多く普及されていました。しかし、これはギガタイプの速度には未対応のWi-Fi規格だったのです。

下の図をご覧ください。

画像引用:BUFFALO社サイト

 

 

Wi-Fiの設定方法など

「11ac」という規格は、「11n」のおよそ3倍の速度が出てています。実は、この「11ac」こそがギガタイプ対応の新しWi-Fi規格なのです。

つまり、auひかりは最高速度が1ギガですが、古いWi-Fi規格にしか対応していない場合は遅い速度でしか利用できないというわけなのです。上の図でいうと、1階ではギガ対応では581Mbpsですが、古いタイプ(11nなど)では190Mbpsです。

もし、「自宅はギガ対応のインターネット回線を契約しているけど、Wi-Fiの速度が遅い」「11ac対応のスマホを使っているけど速い速度出ないなぁ?」と感じる方は、一度無線ルーターをチェックしてみてください。11nまでしか対応していない可能性があります。

画像引用:BUFFALO社サイト

 

  • インターネット回線業者の設置したモデムとルーター
  • 利用しているパソコン・スマートフォン・ゲーム機・タブレット

これらが11ac対応でも、Wi-Fiルーターが11n規格だったら11acのスピードは出ません。インターネット回線に関わる機器がギガ対応の11acでないと高速Wi-Fiは利用できないのです。

また無線ルーターも接続設定をする時に2.4Ghzと5GHzという周波数帯を選ぶことができます。

電話の親機・子機など多くはこの2.4Ghz帯なので電波が混み合い速度が上がらない場合もあります。そんな時は無線ルーターの設定時に5GHzを選択するだけでもスピードアップを感じたという方も多いのです。

難しい設定は不要です。ご利用の無線ルーターの裏面にSSID・暗号キーがシールで貼ってあります。

画像引用:BBIQ社サイト

5GHzを利用したいときは5GHzのSSID・暗号キーを設定するだけで大丈夫です。一度試してみてください。

 

 

auひかり利用で高速・ハイスペック無線ルーターが無料!

この高速Wi-Fiをauひかりで利用するにはどうしたらよいのでしょうか?契約をauひかりのギガプランにして対応する無線ルーターを設定するだけなのですが、auひかりで無線ルーターを利用するには基本料金に追加料金が出てしまいます。

11ac規格の無線ルーターなら月額料金500円のレンタル料金が発生します。年間では6,000円かかりますので、2年以上利用する場合は無線ルーターはレンタルするより購入するほうがお得です。でも、せっかく利用するなら高速な無線ルーターが欲しい方に朗報です。

auひかりの公式ホームページに掲載されている無線ルーターよりもっと高速な無線ルーターを無料で貰える方法があるのです。

  • スマホやパソコンを自動識別して無線電波を自動で届ける機能(ビームフォーミング)
  • 接続設定もPCいらずでQRコードで簡単設定
  • 中継器機能もあり障害物もクリアな高性能

購入すれば市場価格では1万円前後。この無線ルーターが貰えるというわけです。このキャンペーンを実施しているauひかりの代理店をご紹介します。

>> 高速無線ルーターのプレゼントキャンペーンの詳細はこちら

 

 

キャッシュバックと無線ルーターの両方を実施できる

auひかりの正規代理店は数多くありますが、このNNコミュニケーションズはオプション無しでシンプルで分かりやすいプランでのご案内。そして、業界最速で振り込まれるというキャッシュバックが1番の魅力でしょう。

詳しいキャンペーン情報をまとめました。以下の通りです。

  • auひかり新規申込でキャッシュバックのみ選択の場合
  • auひかり新規申込でキャッシュバックと無線ルータープレゼントを選んだ場合

このような高額キャッシュバックは有料のオプションに加入することが一般的ですが、NNコミュニケーションズではネットのみの申込みでもオプションなどの条件はありません。

また、他の代理店ではキャッシュバックを貰えるまで、半年や10カ月も待たされる場合もありますが、それに関してもNNコミュニケーションズでは最短1カ月・最長2カ月で指定口座へキャッシュバックが振り込まれます。

NNコミュニケーションズ指定プロバイダでOKならプロバイダーからのプレゼントも貰えます。

その他、auひかりの解約金負担のキャンペーンや工事料金無料キャンペーンなどもすべて適用可能です。

その他の特典

  • ホーム・マンションコース両方開通月無料
  • 「カスペルスキーセキュリティ」同時申込みなら通常月額料金500円が最大24カ月無料
  • 「安心サポート 月額料金300円」が同時申込みで最大2カ月無料
  • 「安心サポートご相談料金1,200円/1件」が毎月1件目無料
  • 「住まいと暮らしの相談 月額料金450円」が同時申込みで最大2カ月無料

ほとんど負担金0円で、かつ、高額のキャッシュバックをGETした上でauひかりの利用を始められます。

 

 

まとめ

今回は「auひかりと高速Wi-Fiについて」と「代理店のNNコミュニケーションズについて」掲載してきました。

Wi-Fiについては利用機器をWi-Fi規格11acで統一することと、周波数帯を5GHzにすることでWi-Fi環境が安定します。

また、auひかり等のインターネット開栓の申込み窓口は世の中に多数あります。しかし、利用する予定のないオプションをどっさり付けられたりしても解約し忘れてしまったということもよく聞く話です。

インターネットのみでのシンプルな利用環境でも高額キャッシュバック・無線ルーターが最速でGetできるサイトはNNコミュニケーションズだけです。

>> auひかり代理店NNコミュニケーションズの詳細はこちら

 

auひかりの電話サービスまとめ|固定電話は使わないけど利用したほうがお得な理由

固定電話を以前から使用している家庭は以前から比べると少なくなってきています。

「かけ放題」「通話定額」「無料通話」等のサービスがあり、いつ・どこからでも電話やSNSが使えて便利になりましたので、わざわざ固定電話を契約するという人は減少しています。

しかし、固定電話を利用することで多くのメリットが生まれることも事実

いま現在、自宅にインターネット回線のみ契約している方はもしかすると損をしている可能性があります。この記事では、「auひかり電話のメリットやお得な割引情報などについて紹介しています!

auひかり電話のサービス概要(料金やオプション、注意点など)

20代世帯の固定電話使用率は、なんと1割程度とごくわずかとなっています。

そんな状況ですが、auひかりの固定電話に加入する必要性もありますので、確認していきましょう。

 

auひかり電話の基本料金

NTT固定電話の基本料金は約1,500円前後ですが、auひかり電話だと月額500円と低価格で利用が出来ます。インターネット(auひかり)を契約すると、固定電話の月額料金とは別に別途インターネット料金が発生します。

 

auひかり電話の通話料金

固定電話で通話をすると携帯電話とは違い「かけ放題」などのプランはありませんので通話料金が発生します。

長時間通話をする方は通話料金も気になる重要なポイントだと思いますので下記をチェックしておきましょう。

  • 国内加入電話への通話…8円/3分
  • IP電話への通話(050から始まる番号)…8円/3分
  • au携帯電話宛の通話…15.5円/1分
  • 他社携帯電話宛への通話…16円/1分
  • PHS宛への通話…20円/1分

また、海外通話については相手先の国や地域によって通話料金が異なります。

ただし、auひかり(インターネット+auひかり電話)とauケータイをセットで契約するとKDDI固定電話宛への通話料金やauケータイ宛への通話が無料になったりと、沢山のメリットがあります。

 

auひかり電話を申込んだほうが良い理由(auスマートバリュー)

auひかり電話に加入することで、au携帯電話・スマートフォンの料金もお得になります。それは、auスマートバリューという割引が使えるようになるからで、その割引金額は携帯電話1台につき最大2,000円です。

例えば、家族5人がau携帯だった場合は、5台合計で最大10,000円も割引がかかります。

2年目以降は少し割引の金額も下がってしまいますが、条件を満たしていれば永久割引が適応となりますので、たとえauひかり電話のような固定回線は使わなくとも、auスマートバリューを利用するために契約したほうがいいのです。

※ひかり電話(固定電話)の基本料金で毎月500円かかりますが、差し引いてもauスマートバリューに加入したほうがお得です。

>>auひかりの人気代理店はこちら

 

IP電話について

IP電話とは「050」から始まる番号を利用出来ます。月額利用料は150円/月となり、050番号を利用する事で、相手もKDDIのIP電話を利用中の場合、通話料金が無料となります。

相手がIP電話か呼出音の前にドミソ音が聞こえます。また、ドミソ音が聞こえなければその通話は有料です。

050の電話番号を取得する際、電話番号を選ぶ事は出来ませんので注意して下さい。

相手に通知される番号も市外局番から始まる番号での通話の場合は市外局番から始まる番号が通知され、相手が050から始まる番号の場合のみ050からの電話番号が相手に表示されます。

 

固定電話のオプションについて

固定電話を契約すると、ナンバーディスプレイや、キャッチホンも必要になると思います。

一般的なオプションについて紹介します。

 

①割込通話(キャッチホン):300円/月

通話中に別の人から着信があった場合に、最初に通話していた人を保留にし後からかかってきた人と通話が出来る事です。

 

②発信者番号表示(ナンバーディスプレイ):400円/月

かかってきた相手の電話番号を電話機の画面に表示する事です。

 

③着信転送:500円/月

自宅の電話に着信があり自宅に不在だった場合などに、その電話を設定した他の電話に転送する事です。

 

④割込番号表示:100円/月

通話中に別の相手から電話がきた時に後からかかってきた相手の電話番号を電話機の画面に表示する事です。

 

⑤番号通知リクエスト:200円/月

電話番号を通知なく(184)かけてきた相手に「番号の前に186をつけておかけ直しください」と音声ガイダンスを流す事です。

 

電話オプションパック

これらのオプションを全て加入すると月額料金が1,500円かかります。しかし、「電話オプションパック」に加入することで、月1,500円かかる所を月1,000円で利用することが可能になります。

「パックだから…」と全て必ず加入と言う訳ではなく、例えば①割込通話②発信者番号通知③着信転送の3つのみ加入と自身でカスタマイズする事が可能。

留守番電話がついてない電話機をご利用の場合は、固定電話に来た電話をauケータイにCメールまたは着信履歴に通知も出来ます。Cメールでの通知、または着信履歴での通知はauケータイの機種によって異なります。

他にも色々なオプションがありますので、用途に合わせ申込みをしましょう。

 

 

ここまで、基本料金・通話料・オプション料金について紹介してきました。

では次に注意事項について掲載していきます。

 

auひかり電話の使用上の注意|電話番号が変わるかどうか

大半の人は、「電話料金が安くなるなら変えたいけど電話番号が変わるのは困る」とお悩みの方もいると思います。

確かに電話番号が変更になると親族や知人に知らせる・契約の際固定電話の電話番号で登録しているので番号変更の手続きをしなきゃいけないなどと手間が増えるので面倒だと思います。

しかし、必ずしも電話番号が変更になる訳ではありません。

現在利用している電話番号がNTT加入電話契約時に発番された電話番号であれば、auひかり電話に変更しても電話番号が変わらずそのままで利用出来ます。

もう少し詳しく紹介します。

  • NTT加入電話を使用中・・・電話番号変更なし
  • フレッツ光やソフトバンク光を利用中の方で契約時に電話番号が発番された・・・電話番号変更あり
  • KDDIのメタルプラス電話を使用中・・・電話番号変更なし

また、auひかり電話から他社の固定電話に変更希望の場合ですが、auひかり電話契約時に発番された電話番号であれば電話番号をそのまま変更する事はできませんのでご注意ください。

 

また、固定電話のみ利用をしたい方も中にはいるかと思います。

ここからはauひかり電話のみ契約希望の場合について紹介します。

 

auひかり電話のみ契約は可能かどうか

auひかり電話のみの契約についてですが、現在お住まいの状況によっても違いますが、戸建てにお住まいの方については残念ながらauひかり電話のみの契約は出来ません。auひかり電話を利用したい場合はインターネットの申込みも必要です。

マンションにお住まいの方ですが、auひかり電話のみ契約が可能です。しかし条件があり必ず申込み可能な訳ではありません。マンションタイプですが、プランが4つあり、

  • Vタイプ
  • Eタイプ
  • ギガ
  • ミニ

とありまして、ギガ・ミニについては速度が高速となり料金もその分高めのプランで、auひかり電話を利用したい方は戸建て同様にインターネットの契約も必要です。

と言う事で、auひかり電話のみで契約出来るのはVタイプとEタイプの2つのみです。

  • Vタイプ:最も導入物件が多い
  • Eタイプ:導入物件が少ない

また、auひかりマンションについても8契約以上・16契約以上とインターネット料金は異なります。

これからマンションに転居される方・現在マンションにお住まいの方はauひかり電話のみ利用可能か確認してみて下さい。

 

まとめ

auひかり電話について紹介してきましたが、auひかり電話には沢山のメリットがあり、リーズナブルな料金で利用出来ます。通信料金を安く抑えるには、携帯電話・インターネット・固定電話の利用会社を同じ会社にする事です。

しかし、さらにauにはauスマートバリューという非常にお得な割引がありますので、それを利用しない手はありません。auスマホ・auひかりを利用しているのであれば、auひかりの固定電話にも加入して、通信費を節約していきましょう。

>>auひかりのお得な代理店(キャッシュバック5万円)

 

【2017年版ランキング】auひかり代理店のキャンペーンを人気上位6社で比較!

auひかりは光回線のサービスになりますが、最大1Gbpsの高速通信を実現している点が優れています。インターネットで動画を楽しんだり、アプリケーションソフトや各種ファイルなどのダウンロードやアップロードがスムーズに行えるため、快適なインターネット生活を送れるようになります。

auひかりの料金はプロバイダ利用料込みで請求してくれますから、支払いがすっきりして管理がとても楽になります。ソフトバンク光やドコモ光などの他社回線の場合、該当する携帯キャリアのユーザーでなければメリットがありませんが、auひかりなら関連する携帯キャリアを持っていれば、セット価格で安く利用できるようになりますし、しかもauユーザーでなくても利用できます。

auひかりは代理店を通して申込むのがベストです。代理店は他社代理店や公式サイトと競争しているのでキャンペーンを頑張っていますからね。多くの代理店が存在するものの、2017年における人気代理店トップ6社から選ぶのがおすすめです。上位に君臨するほどキャンペーン内容が充実していたり、顧客満足度が高かったりするからです。特にキャッシュバックキャンペーンへの評価が高いのが特徴です。

また、オペレーターの対応の良さなども上位6社に対する評価が高く、初心者であっても安心して申し込み手続きができる満足度の高さを持っています。それではランキングを確認していきましょう!どこの代理店で申込めばお得なのか迷っている人にとっては、非常に有意義な情報が満載です!

【第1位】NNコミュニケーションズ

auひかり代理店ランキング1位を獲得したのはNNコミュニケーションズです。もはや、常識となりつつある「auひかり=NNコミュニケーションズ」という図式ですが、この機会に一度詳しく見ていくことにしましょう。キャッシュバックキャンペーンだけでなく、丁寧な対応や振込時期の早さなど高評価なポイントは多いです♪

代理店サイトを通じてネット申し込みだけでも受け付けてくれますが、ネットのみだと3万3000円のキャッシュバックが受けられます。該当するプロバイダの選択によってキャッシュバックの金額が変わってくる部分に注意してください。とは言っても、一番人気二番人気のSo-netもしくはBIGLOBEのどちらかを選べばいいので、下手なプロバイダを選ばされるといったことではありません。

ネットに加えて、ひかり電話の申し込みをすれば、4万円のキャッシュバックを受け取ることができます。web申込み後に代理店から確認の電話がかかってきます。その電話の中でオペレーターからキャッシュバックの振込口座などが聞かれますので対応しましょう。他社では面倒くさいキャッシュバックの手続きですが、NNコミュニケーションズでは「口頭で伝えるだけ」。ですので、申請の手続きを忘れたり、キャンペーンの条件を満たせずに手続きをするリスクが無くなるのがメリットです。

また、最短1ヶ月で指定口座に現金を振り込んでくれます。多くのキャッシュバックキャンペーンが長いところだと12ヶ月後になる状態を考えると、非常に早い対応だといえます(下記で説明しています)。

代理店のものだけでなく、auひかりの公式キャンペーンで行われている乗り換えで最大3万円還元、初期工事費最大3万7500円の割引のキャンペーンと、プロバイダー独自のキャッシュバックも適用される仕組みになっています。

改めて言うほどでもありませんが、ほぼ全ての人がNNコミュニケーションから申込んで間違いないでしょう。それほど、実績や顧客満足度が高い代理店なのです。

>>NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトはこちら

 

【第2位】アウンカンパニー

続いて、auひかり代理店ランキング第2位のアウンカンパニーについて紹介していきます。今回のランキングでは惜しくも2位といった結果になってしまいましたが、実はアウンカンパニーという代理店は1位になれるポテンシャルがある代理店なのです。

キャッシュバックキャンペーンは「ネットのみで3万円」「ネット+ひかり電話で3万7千円」です。ランキング1位のNNコミュニケーションズよりは少し安くなってしまいますが、この代理店から申込むと無線LANルーターが無料で貰うことができます!しかも、このルーターは高速通信に対応している最新版(11ac対応)のもので最大867Mbpsまで出ます。auひかりの1Gbpsに対応している高性能のルーターということになります。

したがって、キャッシュバック金額は少し少ないものの、無線LANルーターを持っていない人はランキング1位の代理店よりも、このアウンカンパニーのほうがお得だということができるのです。

手続きや振込時期・条件などはNNコミュニケーションズ」と同じです。web申込み後に、あちらから確認の電話がくるので、その電話でオペレーターに口頭で伝えるだけでOK。オプションに加入などの条件は一切ありませんし、振込も最短1か月後(最長2か月後)です。

>>アウンカンパニーのキャンペーンサイトはこちら

 

【第3位】NEXT

auひかり代理店ランキング第3位は株式会社NEXT。この代理店はランキング1位のNNコミュニケーションズをかなり意識しています。というのも、キャッシュバック金額・条件・振込み時期etc、ほとんど同じように設定されています。

ちなみに、NEXTのキャッシュバックキャンペーンですが、auひかりに関して「ネットのみでは33,000円」「ネット+ひかり電話では40,000円」「不要なオプションの加入は無し」「振込みは最短1か月後(長くて2か月後)」。ご覧のようにNNコミュニケーションズを丸っきりコピーしたような内容になっています。

では、「もしかしてNNコミュニケーションズとNEXTのどっちから申込んでも同じかも?」と思ってしまいそうですが、NEXTはこの体制になってから日が浅く、実績が出ていません。また、社会的な評価もランキング1位2位と比較すると、まだまだです。

したがって、特にNEXTから申込むメリットはないといったところが本音です。全く条件が同じなので、それであればNNコミュニケーションズが良いでしょう(もしくはアウンカンパニー)。

>>NEXTのキャンペーンサイトはこちら

 

ここまで「auひかり代理店ランキング」の1位から3位までを発表してきました。次項では4位から6位の代理店を掲載していきますが、実はこれから先の代理店に申込むことは無いと思ってもらって結構です。

売上が少ないとかキャッシュバックが安いといったことが原因ではありません。キャンペーンの条件が厳しいもしくはキャッシュバックが受け取れないことが原因なのです。例えば、これから説明する代理店のキャッシュバックは7万円です。ランキング上位3社よりも高額ですよね。しかし、このキャッシュバックを貰えない可能性が非常に高いのです。

貰える条件としては「自分以外にauひかりに申込む人を3人紹介すること」「有料オプションに5つ加入すること」「手続きできるのはauひかりが開通してから12か月後」などなど、「お客さんが手続きすることを忘れさせようとしているのかな…」と怪しく思ってもしょうがないほどの悪条件を提示しているからです。さて、長くなってしまったので、結論ですが、これから以下の4位~6位の代理店は「へ~、こんな代理店もいるんだなぁ」という軽い気持ちでご覧頂ければと思います。

 

 

【第4位】25

変わった社名の代理店ですが、福井県に本社を構える実在の株式会社です。インターネット接続サービスやインターネットに関連する事業を行っています。

この代理店から申し込むと、最大7万円のキャッシュバックを受けられます。内訳は他社の回線からauひかりに乗り換えることで、その際に発生する解約金を最大3万円還元してくれます(au公式キャンペーン)。さらに、この代理店を通じて乗り換えの契約を完了させた場合に、最大で4万円のキャッシュバックが実現するようになります。

最大7万円が適用されるのは戸建てタイプを選んだ場合です。マンションタイプだとまた違った金額に変化します。手続方法は公式サイトから24時間専用フォームで受け付けていますので、それを利用します。名前や郵便番号に住所、電話番号と住居タイプを選んでエリア確認を最初に行うと、コンサルタントが電話で最適なプランを教えてくれます。

キャッシュバックの振込時期は申し込みから10か月後。なかなか簡単に受け取ることはできません。この代理店はau公式キャンペーンである「auひかり スタートサポート」の違約負担金をキャッシュバック金額に含めて「7万円」と表記してしまっています。そもそも、このキャンペーンは乗り換え以外の人(つまり新規申込みの人)にとっては全く無関係のキャンペーンですので、1円も入ってきませんし、どの代理店から申込んでも「auひかり スタートサポート」は適用できるのでわざわざ盛り込む必要はありません。

普通に考えればランキング1位や2位の代理店から申込んだほうがいいんですが、光回線について詳しくない人や「7万円もらえる」と即決してしまう人が多数いるので申込者数は多いのが実情。しかし、実際にはキャッシュバックを受け取っているのは少数ですので気を付けたほうが良いでしょう。

>>25のキャンペーン記事はこちら

 

【第5位】ジェイ・コミュニケーション

キャッシュバック内容は、最大7万円です。期限内に代理店サイトから申し込みを済ませることで、条件によって定められた現金を受け取ることができます。が、これまた注意すべきポイントが満載の代理店です。振込の具体的なタイミングについては10か月以上先になります。

適用条件として、フリーダイヤルもしくは代理店サイトの専用フォームからauひかりに新規で申し込む人が対象となります。指定プロバイダを通じて申し込みから90日以内にインターネットを開通して、振込まで解約せずに継続利用する必要があります。開通後には現金受取の申請手続きをしなければなりません。

申し込むのは2年以上の継続した契約を約束するプランです。申し込んだ月を含んで、10ヶ月目の1日から末日までに手続きを行った人が対象になります。

7万円を受け取れるのは、戸建てタイプの2年契約以上のものです。また、光電話と代理店指定のプロバイダとの契約、即日申し込み(下記で説明しています)を完了させて、auひかりのスタートサポートによる3万円還元キャンペーンを適用させた場合に限ります。満たす条件が減るごとに受け取れる金額が減っていくシステムです。

マンションタイプだと最大で5万円になります。これも戸建てタイプと似たような構成になっていますので、多くの現金を受け取りたいなら、契約内容を十分にチェックしてください。

また、指定されたオプションにも加入しなければなりません。しかし、月額いくらのオプションにいくつ加入しなければいけないのか表記していません。それならば、「電話で確認してみようっと」と思いましたか?しかし、一度電話をかけてしまったら、その電話で申込むかどうか決めなければなりません。

それが「即日申し込み」という制度です。一度、問い合わせの電話をしてしまうと、その電話で申込むか否かを決めなければなりません。他の代理店と比較されるのを防ぐためです。申込む側からすると、非常に厳しい制度です。この制度の裏側には「他社と比較されたた間違いなくウチで申込まれない!」という不安があるのでしょう。弱い代理店の証明のようなものです。

>>ジェイ・コミュニケーションのキャンペーン記事はこちら

 

【第6位】レジェンド

最後の6つ目として紹介する代理店です。ここでも最大7万円の現金還元キャンペーンが開催されています。他との違いは、キャッシュバック以外に、家電などの豪華賞品のプレゼントが選択できる部分です。欲しい賞品が存在するなら、現金ではなくそちらを選択してみてもよいでしょう。

期限内に指定サイト、もしくは指定のフリーダイヤルから申し込むことが第一条件です。期間中にauひかりに新規で申し込み、契約する人が対象になります。戸建てタイプであれば申し込みから90日以内、マンションタイプならば60日以内に開通を完了させる必要があります。キャンペーンコードが存在しますので、そのコードをきちんと伝えてください。エントリー手続きを完了させて、代理店から送られてくるアンケートに答えて期間内に返送するようにしましょう。

戸建てタイプで最大7万円、マンションタイプだと最大5万円です。7万円の還元なら、3年の契約を約束するプランへの加入が必須です。光電話と代理店が指定するプロバイダとオプションに加入も必須。マンションタイプも似たような仕組みです。

キャンペーンを適用させるには、8ヶ月間の継続利用が必須です。これは全てのサービスが対象になります。アンケートの回答が必須条件になっていますが、返送する際の送料に関しては利用者が負担しなければなりません。乗り換えによるキャンペーンの適用時には、以前の会社が定める違約金の金額によって還元される金額が異なることを覚えておきましょう。

振込時期については、全ての条件を満たしたことを確認した後になりますので12か月間くらい待たなければなりません。

>>レジェンドのキャンペーン記事はこちら

 

【結論】auひかり代理店ランキングまとめ

auひかり代理店ランキングをご覧抱きました。いかがでしたでしょうか。最大7万円というキャッシュバックキャンペーンは気になりますが、実際には7万円は貰えないことがお分かり頂けたかと思います。有料オプションや友達紹介などの条件がかなり厳しくなってきますので、その部分をどう評価するかは個人の判断で変わってくるかもしれませんが、圧倒的に顧客満足度が高いのはランキング1位のNNコミュニケーションズです。

インターネットの広告やFacebook・Twitterの広告で「キャッシュバック最大〇〇万円!」と見かけることが多くなってきましたが、金額に惑わされ無いことが大切です。イチかバチかで申込むよりも、確実に4万円が貰える代理店のほうがオススメです。